病院天幕(びょういんてんまく)は、陸上自衛隊の装備。主に衛生科が運用する。野外で医療行為を行う際に展開し、使用する。

病院天幕

1994年(平成6年)から調達開始。

諸元編集

  • 全長:5000mm(展開時)
  • 全高:2700mm(展開時)
  • 全幅:6000mm(展開時)
  • 軒高:1800mm(展開時)
  • 収容ベッド数:10床
  • 重量:224kg
  • 床面積:30m2

特徴編集

中央に支柱がなく、連結、分割、また、病院天幕どうし連結して運用することが可能である。

空調システムが無いため野外手術システムのような本格的な外科手術には向いていないが、天幕であるため軽量でコンパクトに収納できる。実際にはトリアージ、野外手術システムで治療を終えた者や軽傷者を看護する場所など、補助的な用途に使われる[1]

製作編集

脚注編集

関連項目編集