メインメニューを開く

瘋癲老人日記』(ふうてんろうじんにっき)は、谷崎潤一郎の長編小説。息子の嫁に性欲を覚える不能老人の性倒錯脚フェティシズム)が身辺雑記の日記形式で綴られた作品[1]

瘋癲老人日記
Diary of a Mad Old Man
作者 谷崎潤一郎
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 雑誌掲載
初出中央公論1961年11月号-1962年5月号
刊行 中央公論社 1962年5月 NCID BN0933809X
装幀・挿絵:棟方志功
受賞 毎日芸術賞大賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

中央公論』1961年(昭和36年)11月から1962年(昭和37年)5月まで連載。1962年(昭和37年)5月に中央公論社から刊行され、毎日芸術賞大賞を受賞した、谷崎晩年の代表作。単行本は棟方志功の装幀。

目次

梗概編集

77歳の老人・卯木督助のかたかな書きの日記の体裁をとっており、歌舞伎の「助六」を観に行く場面から始まる。督助は息子の妻の颯子に性的魅力を感じているが、颯子は夫のいとこの春久と遊びまわっている。督助は颯子の足に踏まれたいというフット・フェティシズムマゾヒズムの欲望を抱いており、颯子に猫目石を買ってやり、その代償のように颯子の足に頬ずりし、その足の型で仏足石を作るが、血圧が高くなり入院する。最後は周囲の人々による手記でしめくくられる。

老人の日記は歴史的かなづかい、看護婦の手記は新かなづかいと、書き分けられている(文庫版ではいずれも新かなづかいにされている)。

老人の性を描いたものとして、『』、および川端康成眠れる美女』と併称される。のち、谷崎の最後の妻谷崎松子の連れ子である渡辺清治の妻・渡辺千萬子との往復書簡が公開され、千萬子が颯子のモデルであることがはっきりし、また当時の谷崎の生活をかなりそのまま用いており、看護婦の手記も実際にあったものであることが分かった。

刊本編集

翻訳編集

映画化編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「谷崎潤一郎作品案内」(夢ムック 2015, pp. 245-261)

参考文献編集

外部リンク編集