メインメニューを開く

白いカラス』(原題: The Human Stain)は、ロバート・ベントン監督の2003年アメリカ映画

白いカラス
The Human Stain
監督 ロバート・ベントン
脚本 ニコラス・メイヤー
原作 フィリップ・ロス
『ヒューマン・ステイン』
製作 ゲイリー・ルチェッシ
トム・ローゼンバーグ
スコット・スタインドーフ
製作総指揮 ロナルド・M・ボズマン
アンドレ・ラマル
出演者 アンソニー・ホプキンス
ニコール・キッドマン
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 ジャン=イヴ・エスコフィエ
編集 クリストファー・テレフセン
製作会社 ミラマックス
レイクショア・エンターテインメント
ストーン・ヴィレッジ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年10月31日
日本の旗 2004年6月19日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $24,863,804[1]
テンプレートを表示

黒人差別をしたと訴えられて辞職に追い込まれた教授を通して、アメリカの人種問題の深刻さを伝えた作品。

原作はフィリップ・ロスの『ヒューマン・ステイン』。

DVDは、セクシーシーンを収録した全米公開バージョン(106分)と、監督の意向に沿った日本公開バージョン(108分)の2種セットでリリースされている。(レンタル版は別々)

ストーリー編集

西暦1998年アメリカ合衆国マサチューセッツ州。名門大学で学部長を務めていたコールマン教授は、ある日の講義で発した「スプーク」という単語が、黒人学生への差別発言だと波紋を呼んでしまい、その影響から大学を辞職に追い込まれてしまう。しかも、この出来事にショックを受けた妻は、間もなくこの世を去ってしまい、コールマンは絶望の淵に立つのだった。しばらくしてそんな彼の前に、若い掃除婦のフォーニアが現れる。フォーニアは夫レスターの暴力や辛い過去に悩まされながらも懸命に働く女性であった。そんな彼女とコールマンは、心に傷を持つ者同士、次第に惹かれあっていくのだった。だが、実はコールマンには、亡き妻にさえ隠していたある秘密があった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

脚注編集

  1. ^ a b The Human Stain (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月18日閲覧。

外部リンク編集