メインメニューを開く

白い滑走路(しろいかっそうろ)は、1974年4月5日から9月27日までの26話連続で、TBS系列で放映されたテレビドラマ田宮二郎主演の「白いシリーズ」の第2作である。

目次

概説編集

本作は、田宮二郎が航空機操縦士役となった作品である。また日本航空の全面的な協力を得ていることが特徴である。オープニング映像はアメリカ、ワシントン州のモーゼスレイク・グラントカウンティ空港タッチアンドゴー訓練を行うボーイング747で、本編中にも実機やシミュレータを使用した映像が多く登場する。ボーイング747の緊急降下シーンも実機を使用した映像で、航空会社の協力なしでは撮影できないシーンも多い。客室乗務員のみならず、操縦教官や航空機関士の役においても日本航空の社員がエキストラとして参加している。

さらに、操縦室内でのやりとりについても、全て実際の航空用語を使用している。例えば、オープニングの「Flap two zero」(映画ハッピーフライトでは「Flap twenty」とコールされていた)「Gear down」というコールも、「フラップを20度まで下げよ」「降着装置を下げよ」という実際の航空用語である。これ以外にも、訓練中のチェックリストのコールや航空管制官とのやり取りなども、全て現実の運航に即したものになっている。

当時ボーイング747の2階席にあったラウンジや、日本航空が導入したボーイング747貨物機の製造シーンなど、1970年代の記録ともなる映像も盛り込まれている[1]。また、航空会社の操縦士になろうと思ったきっかけはこのドラマを見たから、という操縦士もいるという。

本作品をさらに魅力的なものとしていることは、上記の点に加えて海外ロケが大規模に行われ、そのシーンがふんだんに展開されていることである[2]

以上の諸点から、現在でも出色の航空ドラマと評することができる[要出典]

あらすじ編集

ボーイング747機種移行訓練のため、アメリカのモーゼスレイクで訓練を受けていた杉山。無事に試験に合格し、帰国すると、妻の綾子は失踪していた…。仕事の合間に妻の綾子を捜す一方で、折井薫は杉山に想いを寄せる。妻が失踪した杉山と夫が山で遭難した上条里子は破傷風の看病等で段々と接近するなか、困難を乗り越え、二人は結婚する。

登場人物・キャスト編集

  • 杉山重夫(田宮二郎)
    本作の主人公。DC-8の機長で、第1話で機種移行訓練を受け、ボーイング747の機長となる。指に怪我をした副操縦士に対しては「慎重さに欠ける乗務員」と判断して強引に交代させたり[3]、操縦室に、なみなみと注いだコーヒーを運んできた折井薫に怒鳴る[3]など、いわゆる「ワンマン機長」であり、若手の乗務員からは嫌われており、職務に対する徹底した完璧主義と機械の如き冷徹さから「ジャンボの部品」とも揶揄される。その一方で、100%安全に着陸できる自信がない場合は躊躇なくゴーアラウンドを決断するなど、厳格な安全哲学を有している[3]ことから、特に同僚の信頼は厚い[3]
  • 上条里子(山本陽子
    杉山の同僚である上条浩二の妻であり、杉山の上司でもある尾形機長の娘でもある。
  • 折井薫(松坂慶子
    最終回でアシスタントパーサーに昇格する。
  • 杉山綾子(浅丘ルリ子
    杉山の妻。ピアニスト。綾子のイメージテーマとしてほぼ全編にわたり流れている曲は、ショパン作曲のバラード第1番
  • 尾形雄吉(高松英郎
  • 尾形八重(風見章子
  • 折井文平(松村達雄
    薫の父親で、割烹の主人。杉山に向かって「おい!杉の字!」と叫ぶシーンあり。最終回では嫌いだった飛行機に乗り、先輩がパリでオープンした割烹の助っ人としてパリに飛び、杉山と再会、飛行機というものを見直すことに。
  • 折井とめ(浦辺粂子
    第20話では水着姿を披露している(杉山の計らいで、ハワイ旅行が実現する)。ハワイでおじいちゃんの位牌を忘れてくるハプニングもある。
  • 松本洋一(河原崎建三
    折井薫に恋心を寄せている。文平の割烹で脇板として働いている。
  • 深沢加奈(大塚道子
    杉山綾子の母。
  • 三浦郁夫(仲雅美) セカンドオフィサー
  • 深沢保(高峰圭二
  • 上条浩二(岩下浩
  • 上条勝(中村建介
  • 橘剛(石太郎
  • 吉野宏(団次郎
  • 太田実(神山繁
  • 森田邦彦(西田敏行
    医学部卒のハイジャック犯。機内で出産に立会うことになる。
  • チーフパーサー(滝田裕介
  • ヤン(江幡高志
  • 黒木勝宏(天田俊明
  • 黒木早苗(吉行和子
  • 坂田(中条静夫
  • 佐島稔(北村総一朗
  • 沢京子(小野ひずる)
  • 平田潔(高橋昌也
  • 松本ツネ(三崎千恵子

スタッフ編集

サブタイトル編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1974年4月5日 妻よ 小山内美江子ジェームス三木 番匠義彰
2 4月12日 手紙 ジェームス三木
3 4月19日 出発 小山内美江子
4 4月26日 捜索 ジェームス三木
5 5月3日 過去
6 5月10日 疼き 前田陽一
7 5月17日 傷あと ジェームス三木、今井詔二
8 5月24日 生と死 ジェームス三木 中村登
9 5月31日 追憶 成田孝雄 今井雄五郎
10 6月7日 面影 ジェームス三木、篠崎好木下裕子
11 6月14日 意地 ジェームス三木、中川信江 前田陽一
12 6月21日 拒絶 ジェームス三木、椋露地桂子
13 6月28日 誤解 山本邦彦、今井詔二 山本邦彦
14 7月5日 慕情 ジェームス三木 番匠義彰
15 7月12日 霧笛
16 7月19日 約束 成田孝雄 大槻義一
17 7月26日 決意 南部英夫
18 8月2日 夏の嵐 ジェームス三木、篠崎好 今井雄五郎
19 8月9日 別れの曲 ジェームス三木
20 8月16日 訪問者 ジェームス三木、中川信江、渡辺由自 番匠義彰
21 8月23日 運命 ジェームス三木
22 8月30日 疑惑 成田孝雄 前田陽一
23 9月6日 もつれ ジェームス三木 番匠義彰
24 9月13日 氷河
25 9月20日 旅路
26 9月27日 幸福 大槻義一

注記編集

  1. ^ 航空雑誌「月刊エアライン」2002年3月号では「ドラマを超えたドキュメンタリー」として扱われていた。
  2. ^ 就中、コロンビア大氷河を背景にした雄大な美しい映像は、当時では圧巻と言えよう。さらに、ハワイに浦辺粂子が一人で行く場面があったりする点は、これから隆盛を極めようとする海外旅行ブームのイントロダクションにもなっている。
  3. ^ a b c d 「月刊エアライン」2002年3月号 p115

参考文献編集

  • 月刊エアライン」2002年3月号「航空ドラマ『白い滑走路』の魅力」(イカロス出版
  • 白い滑走路 ジェームス三木編(ゆまにて出版)
  • 白い滑走路 DVD BOX 前編・後編

関連項目編集

  • GOOD LUCK!! - 後年同じくTBS系で放映された航空ものの連続ドラマ。
TBS 金曜21時台
前番組 番組名 次番組
白い滑走路