メインメニューを開く

白井 健三郎(しらい けんざぶろう、1917年12月12日 - 1998年2月13日)は、日本の文芸評論家フランス文学者

略歴編集

東京市神田区(現千代田区神田)出身。1943年東京帝国大学文学部仏文科卒業。1948年慶應義塾大学講師、1952年経済学部助教授、1954年学習院大学文学部フランス文学科助教授、1961年教授。1988年定年退任、名誉教授。1995年勲三等瑞宝章を受章。1998年逝去。享年80[1]

概略編集

戦時中に、福永武彦中村真一郎たちが中心となったマチネ・ポエティクに参加し、数編の日本語による定型押韻詩や小説を遺した。その後のアルベール・カミュジャン=ポール・サルトルの著書の翻訳紹介で知られる。晩年はジャック・デリダを中心とするフランス現代思想の研究に軸足を移した。

全共闘運動では学生を支援したことで知られる。また、澁澤龍彦が訳したマルキ・ド・サドの『悪徳の栄え』の猥褻性をめぐる「サド裁判」では埴谷雄高遠藤周作とともに特別弁護人を務めた。

妻はシャンソン歌手の小海智子(白井とも子)。日本初のバイオリズム研究家、白井勇治郎は兄。慶應義塾大学名誉教授の白井浩司とは苗字と生年が同じで、ともにサルトル紹介者として有名だが、親戚関係はない。

著書編集

  • 『体験 小品集』河出書房(方舟叢書)1949年
  • 『現代フランス文学研究』未來社 1954年
  • 『実存主義と革命』現代思潮社 1960年
  • 『14人の革命家像 レーニンからゲバラまで』(編著)綜合評論社 1972年
  • 『異常が正常をあばくとき』朝日出版社 1972年
  • 『実存と虚無』朝日出版社 1972年
  • 『知と権力』三一書房 1981年
  • ルー・ザロメ ニーチェ・リルケ・フロイトを生きた女』風信社 1985年

翻訳編集

記念論文集
  • 『彷徨の祝祭』白井健三郎古稀記念論文集編集委員会 朝日出版社 1986年

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年