白井恭弘

、日本の言語学者

白井 恭弘(しらい やすひろ)は、日本言語学者ケース・ウェスタン・リザーブ大学教授。専門分野は、第一・第二言語習得論(テンス・アスペクト)、言語教育

白井 恭弘
(しらい やすひろ)
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 言語学
出身校 上智大学外国語学部卒業
カリフォルニア大学ロサンゼルス校博士課程修了
主な業績 第一・第二言語学習者テンスアスペクト習得
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

人物編集

東京で生まれる。上智大学外国語学部英語学科卒業後、浦和市立高校教諭(在職中に早稲田大学専攻科英語英文学専攻修了)を経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にて修士課程(英語教授法専攻)、博士課程(応用言語学専攻)修了、Ph.D.(応用言語学)。


大東文化大学外国語学部英語学科助教授、カーネギーメロン大学現代語学科客員准教授、コーネル大学現代語学科助教授、同アジア研究学科准教授(tenured)、香港中文大学日本語研究学科客員教授・教授、ピッツバーグ大学教授・言語学科長などを経て、現職。言語科学会(JSLS)第3代会長。

現在は学術誌First Language の共同編集者、 International Review of Applied Linguistics in Language Teaching, Journal of Cognitive Science などの編集委員。   


専攻は言語学(テンスアスペクト)、言語習得論[1]特に、生成文法による説明が主だったテンス・アスペクトの習得に対して、認知言語学的な説明を与え、いくつかの関連する仮説を提唱した。[2]

主張編集

  • 誤った信念、差別、偏見などを解決するために、科学の成果を生かして「証拠に基づいた社会」(evidence-based society)を目指す必要があると主張している。[3]
  • 言語習得に必要な最低条件を、「インプット+アウトプットの必要性」としており、それらさえあれば頭の中のリハーサルによって言語習得が行われるとしている。[4]
  • 生成文法による言語習得理論に異を唱え、いくつかの代替する仮説を提唱している。

著作編集

単著編集

  • 『外国語学習に成功する人、しない人 第二言語習得論への招待』(岩波科学ライブラリー) 2004年
  • 『外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か』岩波新書 2008
  • 『耳からマスター!しゃべる英文法』監修・著 (コスモピア) 2009年
  • 『英語教師のための第二言語習得論入門』大修館書店 2012
  • 『英語はもっと科学的に学習しよう』中経出版 2013
  • 『ことばの力学 応用言語学への招待』岩波新書 2013
  • Connectionism and second language acquisition (Routledge)  2019年 など多数

共著編集

  • The acquisition of lexical and grammatical aspect (Mouton de Gruyter) 共著 2000年
  • Handbook of East Asian Psycholinguistics: Japanese (Cambridge University Press) 共編著 2006年 など多数

脚注編集

  1. ^ 『外国語学習の科学』2009年、岩波新書
  2. ^ 『心の生得性』2000年、共立出版
  3. ^ 『ことばの力学―応用言語学への招待』p.iii
  4. ^ 『外国語学習の科学』pp.102-103

外部リンク編集