白井聡

日本の思想史家、政治学者

白井 聡(しらい さとし、1977年9月5日 - )は、日本思想史家政治学者京都精華大学専任講師。専門は社会思想政治学

白井 聡
(しらい さとし)
生誕 (1977-09-05) 1977年9月5日(43歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
研究分野 社会思想政治学レーニン主義
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業[1]
一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了
一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学[1]
主な受賞歴 第4回いける本大賞
第35回石橋湛山賞
第12回角川財団学芸賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

人物・経歴編集

東京生まれ。父は第15代早稲田大学総長白井克彦浅野高等学校を経て、2001年早稲田大学政治経済学部政治学科卒。早大では1年後輩の栗林康とともに梅森直之ゼミに所属。2003年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。2006年同博士後期課程単位修得退学。2010年論文「レーニンの政治思想」で一橋大博士(社会学)。審査員加藤哲郎岩佐茂平子友長[2][3][4]

日本学術振興会特別研究員早稲田大学政治経済学術院非常勤講師、文化学園大学服装学部服装社会学科助教(民族文化論、哲学担当)等を経て、2015年京都精華大学人文学部総合人文学科社会専攻専任講師(社会思想、政治学)[5][6]

2013年『永続敗戦論――戦後日本の核心』で第4回いける本大賞、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞を受賞。それまでは主にロシア革命の指導者であるレーニンの政治思想をテーマとした研究を手掛けてきたが、近年は現代日本政治史の分野でも発言しており、共産党の政権取得による現状改革を主張している[7]

「永続敗戦レジーム」編集

白井は『永続敗戦論』において、戦後日本は対米従属的な政治体制により、日本人の歴史的意識から敗戦の事実を追いやり戦争責任を否定することが可能となり、それにより(対米従属的な)政治権力の正当性を保つことができたと主張している。この対米従属⇔敗戦の否認という相補関係により成り立つ日本の政治体制を「永続敗戦レジーム」と呼んでいる白井は、この永続敗戦レジームがもたらしながら同時に隠蔽してきた代表的な問題として挙げているのが領土問題と米軍基地問題であるとして、これらは第二次世界大戦後の敗戦処理と対米関係構築の双方の事情がきっかけとなっていると論じている[8]

評価編集

大澤聡は、白井が『永続敗戦論』において加藤典洋の『敗戦後論』(1997年)に近いロジックを再生していると指摘した上で、「そこ(引用者注:『永続敗戦論』)には加藤に存在した「屈折」はすっかり消失し、平板化されている。これは時代的な必然ですし、本人の戦略でもあったはずです。にもかかわらず、人々はこれを新しい議論として迎えた」と述べたことがある[9]

批判された発言編集

2020年8月29日に、歌手の松任谷由実が、安倍晋三内閣総理大臣の辞任に伴う会見について「泣いちゃった。切なくて」などとコメントしたことに対して、自身のFacebookに「荒井由実のまま夭折すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだほうがいい」と書き込み、非難を浴びた[10][11]

橋下徹Twitter上で「京都精華大学は、さすがにこんな教授を雇い続けるのはまずいだろ。」「発言を俺たちがやれば社会的に抹殺だよ。」と非難する[12]など炎上状態となった[13][注釈 1]

さらに白井は「私は、ユーミン、特に荒井由実時代の音楽はかなり好きです(あるいは、でした)。それだけに、要するにがっかりしたのですよ。偉大なアーティストは同時に偉大な知性であって欲しかった。そういうわけで、つい乱暴なことを口走ってしまいました。反省いたします」などと、松任谷由実の知性の問題とした上で投稿を削除した。

これに対して京都精華大学の広報グループは、「事実確認中で、対応を協議しています」とメディアの取材に答えた後[14]、9月1日に大学の公式サイトにおいて石田涼理事長名義で「人間の命を軽んじた内容であり、人間尊重の立場をとるべき本学教職員として不適切な行為であったため、厳重な注意を行いました。」として謝罪した[11][注釈 2]

また白井も、9月3日に自らのツイッターアカウントにおいて「自身の発言の不適切さに思い至りました。深く反省をしております。」とし、松任谷由実と自身の投稿を目にした不特定多数に向けて謝罪した[15][16]

9月5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」において松本人志は、「中途半端な謝りにもなってないような、最終的に完全に白旗上げたように出すっていうこの流れもすごく嫌だし、全然、“守ってあげたい”にはならない」と述べている[17]

著書編集

共著編集

訳書編集

テレビ出演編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ なお橋下も訂正しているように、実際にはこの発言の時点で京都精華大学専任講師であり、教授ではない。
  2. ^ ただし、厳重注意の対象となった教員の名前は書かれていない。

出典編集

  1. ^ a b 白井聡 『国体論』 集英社〈集英社新書〉、2018年6月、奥付。
  2. ^ 一橋大学大学院社会学研究科・社会学部”. 一橋大学大学院社会学研究科・社会学部. 2018年11月6日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 気分はもう、焼き打ち——栗原康×白井聡対談【前篇】]”. 株式会社ピースオブケイク. 2018年11月6日閲覧。
  5. ^ 白井聡|京都精華大学”. 京都精華大学. 2018年11月6日閲覧。
  6. ^ NHK|R1 [ラジオ第1]ジセダイの逸材”. NHK. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月6日閲覧。
  7. ^ 『安倍腐敗政治に終止符を 共産党躍進で政権追い詰めて』日曜版しんぶん赤旗、2017年7月3日号
  8. ^ 白井聡. “永続敗戦論からの展望”. Yahoo Japan. 2018年11月6日閲覧。
  9. ^ ゲンロン2. genron. (2016年4月1日) 
  10. ^ “大学講師、松任谷由実に「早く死んだ方がいい」発言で炎上 安倍首相へのコメントに批判”. リアルライブ. (2020年9月1日). https://npn.co.jp/article/detail/200007232 2020年9月1日閲覧。 
  11. ^ a b Chiba, Yuto. “松任谷由実さんに「早く死んだほうがいい」 政治学者に厳重注意、京都精華大学が謝罪” (日本語). BuzzFeed. 2020年9月2日閲覧。
  12. ^ hashimoto_loのツイート(1300571715978715136)
  13. ^ “橋下徹氏がユーミンに「早く死んだほうがいい」と投稿した大学講師を批判”. 東京スポーツ. (2020年9月1日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2133507/ 2020年9月1日閲覧。 
  14. ^ “松任谷由実さんに「早く死んだほうがいい」 政治学者・白井聡氏、物議の発言削除し「つい乱暴なことを口走ってしまいました」”. J-CASTニュース. (2020年9月1日). https://www.j-cast.com/2020/09/01393317.html?p=all 2020年9月1日閲覧。 
  15. ^ shirai_satoshiのツイート(1301309046956253185)
  16. ^ “ユーミン批判の白井聡氏が謝罪ツイート「自身の発言の不適切さに思い至りました」”. デイリースポーツ. (2020年9月3日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/09/03/0013660597.shtml 2020年9月3日閲覧。 
  17. ^ https://hochi.news/articles/20200906-OHT1T50057.html

外部リンク編集