メインメニューを開く
白井城址

白井藩(しろいはん)は、上野国に存在した。藩庁は白井城(現在の群馬県渋川市白井)にあった。

目次

概要編集

戦国時代、白井は関東管領山内上杉氏の支配下にあり、関東管領の居城として関東支配の拠点となった時期もある。天文20年(1551年)、時の関東管領上杉憲政北条氏康に敗れて上杉謙信のもとへ逃亡した後、白井は長尾氏(上杉謙信の一族とは別族)の支配下に入り、長尾氏は北条氏の家臣となった。天正18年(1590年)の小田原征伐白井城前田利家上杉景勝の攻撃の前に落城し、長尾氏は没落した。その後、関東に入部した徳川家康は、白井に本多康重を2万石で入れた。これが白井藩の立藩である。康重は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い徳川秀忠軍に属して上田城真田昌幸と戦い、殿軍を務めた武功を賞されて翌年、三河国岡崎藩に5万石で加増移封された。ちなみに康重は、藩政においては城下町の整備に尽力し、藩の基礎を固めた。

康重に代わり、慶長6年(1601年)に松平康長が2万石で入るが、翌慶長7年(1602年)にすぐ下総国古河藩へ移封となった。代わって徳川四天王で有名な井伊直政の次男・井伊直孝が1万石で入った。直孝の長兄・井伊直勝は父の後を継いで彦根藩主となっていたが、何事においても直勝は病弱で、大坂の陣においても直勝に代わって直孝が出陣して武功を挙げたこと、直勝よりも直孝のほうが直政の才能を受け継いでいたことなどを評価されて、元和2年(1616年)、家康の命により直勝は廃されて直孝が新たに彦根藩主となった。

代わって白井には西尾忠永が2万石で入る。だが、元和4年(1618年)に常陸国土浦藩へ移封となった。その後を受けて本多康重の次男本多紀貞が1万石で入る。しかし元和9年(1623年)、紀貞は嗣子なくして死去したため、白井藩は廃藩となり、白井城は破却、その所領は旗本領として分割されたのである。

歴代藩主編集

本多家編集

譜代 2万石

  1. 本多康重(やすしげ)

松平〔戸田〕家編集

譜代 2万石

  1. 松平康長(やすなが)

井伊家編集

譜代 1万石

  1. 井伊直孝(なおたか)

西尾家編集

譜代 2万石

  1. 西尾忠永(ただなが)

本多家編集

譜代 1万石

  1. 本多紀貞(のりさだ)