メインメニューを開く

白人アーリア抵抗 (スウェーデン語: Vitt Ariskt Motstånd, VAM) とは、1991年から1993年の間に存在したスウェーデンネオナチのネットワーク組織。組織名は米国白人至上主義組織 White Aryan Resistance (WAS) の直訳に由来するが、スウェーデン語表記では頭字語WAS から VAM へと変わっている。

反人種差別主義者のスティーグ・ラーソンによると、VAM は当時既に壊滅していたロバート・ジェイ・マシューズ英語版率いる米国白人至上主義組織 The Order の後継組織として結成されたという。

VAM は組織雑誌 Storm の編集者 Klas Lund によって設立され、他の統率者として Torulf Magnusson と Peter Melander が居た。組織シンボルにはナチスのシンボルの一つであった Wolfsangel (ドイツ語で「狼の鉤」の意)を用いた。また、VAM はスウェーデンで起きた重大な事件に関与しており、そこには悪名高い Malexander の殺人警官事件や政治ジャーナリストの車の爆破、敵対者と認識した人物の殺害などが含まれている。

1999年11月30日、スウェーデン四大新聞ダーゲンス・ニュヘテルスヴェンスカ・ダーグブラーデットアフトンブラーデット英語版エクスプレッセン英語版が実施し、公表した共同調査結果によると 、VAM の元メンバーの多くが今日でも他のネオナチ組織のメンバーであると伝えた。[1]

VAM の後、Klas Lund はスウェーデン抵抗運動 (: Svenska Motståndsrörelsen, SRW) を組織した。また、1994年のカールスクルーナで VAM の支持者による派生組織、スウェーデン国家社会主義前線 (: Nationalsocialistisk Front, NSF) が設立された。

参考編集