日本 > 埼玉県 > 和光市 > 白子 (和光市)

白子(しらこ)は、埼玉県和光市町名。現行行政地名は白子一丁目から四丁目。郵便番号は351-0101[2]

白子
白子の位置(埼玉県内)
白子
白子
白子の位置
北緯35度46分31.34秒 東経139度37分20.6秒 / 北緯35.7753722度 東経139.622389度 / 35.7753722; 139.622389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Wako Saitama.JPG 和光市
面積
 • 合計 1.441km2
人口
2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 • 合計 21,719人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
351-0101[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 所沢

地理編集

和光市の東部に位置する。東京都練馬区および板橋区成増と隣接し、白子川が流れる。かつては二丁目に白子宿があった。 東京都との県境は白子川の旧流路などの経路が採用されているため、白子川を越えて成増側に食い込んでいる地域や、白子側に成増が食い込んでいる地域もある。

歴史編集

かつては白子村であった。

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行によって白子村と下新倉村が合併し新座郡白子村が成立。
  • 1896年(明治29年)3月29日 - 新座郡の北足立郡への編入に伴い、所属郡が北足立郡となる。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 新倉村と白子村が合併し、大和町が成立。大和町の大字となる。
  • 1969年(昭和44年) - 大字白子の一部から白子一・二丁目が成立。
  • 1970年(昭和45年)10月31日 - 大和町が市制施行に伴い名称変更、和光市となる。大字白子と大字下新倉の各一部から白子三丁目が成立。
  • 2004年(平成16年)11月1日 - 大字下新倉の一部から白子四丁目が成立。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
白子一丁目 2,603世帯 5,651人
白子二丁目 3,787世帯 7,673人
白子三丁目 4,029世帯 8,151人
白子四丁目 110世帯 244人
10,529世帯 21,719人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
白子一丁目 15~20番 和光市立第四小学校 和光市立第三中学校
その他 和光市立第五小学校
白子二丁目 1~14番
23〜28番
和光市立第四小学校
その他 和光市立白子小学校
白子三丁目 12~21番
22番(市道400号線以北の区域)
和光市立下新倉小学校 和光市立大和中学校
その他 和光市立白子小学校
白子四丁目 全域 和光市立下新倉小学校

交通編集

道路編集

施設編集

出身人物編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ミニ統計”. 和光市 (2017年10月3日). 2017年10月30日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 小・中学校通学区域”. 和光市 (2017年10月26日). 2017年10月30日閲覧。

参考文献編集