白岡市

埼玉県の市

白岡市(しらおかし)は、埼玉県の中東部に位置する

しらおかし ウィキデータを編集
白岡市
Shiraoka-hachimangu.jpg
Flag of Shiraoka Saitama.svg 埼玉県白岡町町章.svg
白岡市旗 白岡市章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
市町村コード 11246-1
法人番号 8000020112461 ウィキデータを編集
面積 24.92km2
総人口 52,582[編集]
推計人口、2022年9月1日)
人口密度 2,110人/km2
隣接自治体 さいたま市
春日部市
久喜市
蓮田市
南埼玉郡宮代町
市の木 マツ
市の花 ナシ
白岡市役所
市長 藤井栄一郎
所在地 349-0215
埼玉県白岡市千駄野432番地
北緯36度01分09秒 東経139度40分37秒 / 北緯36.01906度 東経139.67694度 / 36.01906; 139.67694座標: 北緯36度01分09秒 東経139度40分37秒 / 北緯36.01906度 東経139.67694度 / 36.01906; 139.67694
Shiraoka town hall 2.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

白岡市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 市外局番:0480[1](市内全域・久喜MA)
 表示 ウィキプロジェクト

人口は約5万2千人。旧南埼玉郡

概要編集

農地が広がる一方、東京都心から約40 kmに位置することからベッドタウンとしての特徴も有しており、1960年代から1990年代にかけて人口が急増した。

1980年代以降新白岡駅周辺において白岡ニュータウンが整備され、前身である白岡町(しらおかまち)の人口は一貫して緩やかな増加を続け、2010年平成22年)に行われた国勢調査において市制施行条件の一つである人口5万人を突破した。2011年(平成23年)4月1日に市制施行準備室が設置され、2012年(平成24年)10月1日に町単独で市制を施行した。

市内には田畑果樹園森林など多くの緑が残されている。

交通は東京からの放射線と首都圏の環状線が軸となっている。

鉄道は、JR東北本線(宇都宮線)白岡駅および同線新白岡駅がある。高速道路は首都圏中央連絡自動車道(圏央道)白岡菖蒲ICがあり、付近に東北自動車道久喜ICがある。

商業地域は、主に白岡駅・新白岡駅の周辺および県道さいたま栗橋線周辺を中心に発達している。

地理編集

関東平野の中央からやや南寄りに位置し、ほぼ平坦な地形である。一方、台地低地が入り組んでおり、市内最高点は白岡地区の16mである。蓮田市との市境を元荒川が流れており、小河川が複数縦断する。東部には大宮台地の支台である白岡台地・慈恩寺台地が存在する。

隣接している自治体・行政区編集

河川・湖沼編集

河川
用水路
湖沼

地域編集

市名の由来編集

1954年(昭和29年)に3村が合併した際、白岡駅にちなんで「白岡町」と名付けられ、2012年の市制移行の際にもそのまま「白岡」の名前が引き継がれた。「白岡」という地名自体の由来には諸説ある。

  1. 正福院貝塚の貝殻が元荒川方向から見ると、太陽の光で光輝いて見える岡という説。
  2. 平安時代の嘉祥2年(849年)に慈覚大師が白岡八幡宮を訪れた際、大師の前に三羽の白い鳩が舞い遊んだ。その様子を見た大師が「白鳩の住める白い岡」により、白岡と命名した説(白岡八幡宮縁起)。
  3.  蓮田市大字貝塚からほど近い場所に位置する白岡。古代この場所が海岸だったため、打ち寄せる波しぶきと泡がこの辺りを覆っていた。丘に白く光る泡をみて白岡と称されたとの言い伝えがある。

人口編集

最新の国勢調査(2015年)確定値は、2010年(平成22年)調査比+2.51%となり、一貫して緩やかな増加が続いている。

 
白岡市と全国の年齢別人口分布(2005年) 白岡市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 白岡市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

白岡市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


都市情報編集

白岡市民憲章編集

  • 豊かな緑を愛し、自然環境を守ります。
  • きまりを守り、互いの人権を尊重します。
  • 教養と文化を高め、スポーツに親しみます。
  • 思いやりと善意の心で、奉仕します。
  • 仕事に誇りをもち、明るい家庭を築きます。

友好都市編集

2020年令和2年)8月5日千葉県君津市と友好都市協定を締結[2]。両市ゆかりの人物である新井白石をきっかけとして、市民同士の交流を重ねてきていた[2]

歴史編集

行政編集

歴代市長編集

氏名 就任 退任 備考
1 小島卓 2012年(平成24年)11月18日 2020年(令和2年)11月25日 元白岡町長
2 藤井栄一郎 2020年(令和2年)11月26日 現職

予算編集

平成30年度(2018年度)予算

  • 一般会計 144億円
    • 市税収入見込額 70億円
    • 市債 11億円
  • 地方交付税 108億円

行政サービス編集

  • 白岡市安心安全メールサービス(無料) - 防災行政無線で放送した防災情報等をメールで通知。

広域行政編集

一部事務組合
  • 埼葛斎場組合 - 春日部市、蓮田市、北葛飾郡杉戸町とともに斎場運営を行っている。
  • 蓮田白岡衛生組合 - 蓮田市とともにごみ処理およびし尿処理を行っている。
  • 埼玉東部消防組合 - 加須市、久喜市、幸手市、杉戸町、宮代町とともに消防の運営を行っている。
協議会

議会編集

白岡市議会編集

衆議院編集

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
土屋品子 69 自由民主党 101,149票
三角創太 33 立憲民主党 86,923票
赤岸雅治 60 日本共産党 16,622票

経済編集

平均所得編集

354万1,164円(平成29年総務省調査)

埼玉県63市町村中、さいたま市和光市戸田市朝霞市志木市に次ぎ第6位である。

産業編集

  • (埼玉県内一の生産量)

本社を置く主な企業編集

主な事業所編集

金融機関編集

地域編集

健康編集

  • 平均年齢:47.1歳(男46.0歳、女48.1歳、2021年〈令和3年〉1月1日時点[4]
    埼玉県63市町村の中で、若い順で19位である。
  • 合計特殊出生率:1.32(2019年〈令和元年〉[5]
    埼玉県の市の中で、滑川町 (1.54) ・横瀬町 (1.50) ・志木市 (1.39) ・朝霞市 (1.37) ・吉川市 (1.33) に次ぎ、宮代町と並んで6番目の高さであり、県平均の1.27を上回っている。

医療機関編集

二次医療圏としては埼玉県利根医療圏に属する。

教育編集

幼稚園
  • 興善寺幼稚園
  • 白岡天使幼稚園
  • 杉の子幼稚園
  • 菁莪幼稚園
保育所
小学校
  • 白岡市立大山小学校
  • 白岡市立篠津小学校
  • 白岡市立白岡東小学校
  • 白岡市立菁莪小学校
  • 白岡市立西小学校
  • 白岡市立南小学校
中学校
高等学校

公共施設編集

公園編集

警察編集

  • 久喜警察署(久喜市)
    • 白岡駅前交番
    • 新白岡駅前交番
    • 下野田駐在所

消防編集

電話番号編集

市外局番は、市内全域が「0480」。同一市外局番の地域との通話は市内通話料金で利用可能(久喜MA)。収容局は白岡局、白岡大山局。

郵政編集

郵便番号は、市内全域が「349-02xx」(久喜郵便局が集配を担当)である。

  • 白岡郵便局
    • 白岡岡泉郵便局
    • 新白岡駅前郵便局
    • 西白岡郵便局
    • 大山郵便局

交通編集

鉄道編集

バス編集

  • 朝日自動車
    • 蓮田駅東口 - 西新宿 - 菖蒲仲橋線
    • 蓮田駅東口 - 西新宿 - 下大崎線
    • 蓮田駅西口 - 柴山 - 菖蒲車庫線
    • 蓮田駅西口 - 柴山 - 丸谷線
    • 白岡駅 - 除堀 - 菖蒲仲橋線

1999年にコミュニティバス白岡町内循環バス」を運行開始したが、2007年3月末をもって廃止された。2014年よりデマンド交通サービス「白岡市のりあい交通」を導入している。白岡市のりあい交通の利用には事前の利用者登録が必要。

道路編集

高速自動車国道
国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路)
一般国道
県道
その他の道路

名所・旧跡・観光スポット編集

 
下野田一里塚
 
旧・柴山伏越の欄干

マスコットキャラクター編集

著名人編集

出身者編集

ゆかりのある人物編集

白岡市が舞台となっている作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 固定電話 市外局番「0480」の市内局番一覧 1ページ目 - 電話番号検索は「電話番号サーチ」” (日本語). tel-search.net. 2021年10月31日閲覧。
  2. ^ a b 千葉県君津市と友好都市協定を締結しました/白岡市”. www.city.shiraoka.lg.jp. 2021年8月10日閲覧。
  3. ^ 消滅した浦和市大宮市与野市岩槻市上福岡市鳩ヶ谷市を含む
  4. ^ 表 市区町村別平均年齢”. 埼玉県 (2015年3月27日). 2021年8月10日閲覧。  (Microsoft Excelの.xls)
  5. ^ 埼玉県. “埼玉県の合計特殊出生率” (日本語). 埼玉県. 2021年8月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集