メインメニューを開く

白岩川(しらいわがわ)は、富山県を流れる二級河川。白岩川水系の本流である。

白岩川
白岩川 2007年10月21日撮影
中新川郡立山町下白岩 下白岩橋より上流
水系 二級水系 白岩川
種別 二級河川
延長 24.6 km
平均の流量 - m³/s
流域面積 - km²
水源 大辻山
水源の標高 - m
河口・合流先 富山湾
流域 富山県
テンプレートを表示

地理編集

富山県中新川郡立山町上市町との境界にある大辻山(標高1,361m)に源を発する。白岩川ダムを経て、下流の水橋地区に流れ、富山市水橋川原町と富山市水橋町の境界から日本海に注ぐ。

歴史編集

古くは、常願寺川が白岩川と河口を共有していた。常願寺川との合流後の名称は「水橋川」と称し、白岩川は、その支流であった。明治時代ヨハネス・デ・レーケによる改修で常願寺川が西側に付け替えられたことにより、水橋川は川幅を縮小し白岩川に含められた。

流域の自治体編集

富山県
中新川郡立山町上市町舟橋村富山市