白島キューガーデン

白島キューガーデン(はくしまキューガーデン)は、広島県広島市中区東白島町白島地区)にある複合商業施設。ビルの正式名称およびオフィスビルとしての名称は『NTTクレド白島ビル』で、白島キューガーデンは、その1階に設置されている。

NTTクレド白島ビル
(白島キューガーデン)
Hakushima Q-GARDEN 20111112-1.JPG
情報
旧名称 NTT-CRED白島ビル
用途 オフィス・商業施設
建築主 NTT中国不動産
事業主体 NTT中国不動産 →
NTTクレド(社名変更) →
NTT都市開発(会社合併)
管理運営 NTT中国不動産 →
NTTクレド(社名変更) →
NTT都市開発(会社合併)
敷地面積 7,061.32m2
延床面積 約26,0002(オフィス棟)
39,807.51m2(総面積) m²
階数 地上14階地下1階(オフィス棟)
地上8階地下1階(駐車場棟)
着工 1990年9月
竣工 1992年4月
所在地 730-0004
広島県広島市中区東白島町14-15
座標 北緯34度24分18.37秒 東経132度27分52.1秒 / 北緯34.4051028度 東経132.464472度 / 34.4051028; 132.464472座標: 北緯34度24分18.37秒 東経132度27分52.1秒 / 北緯34.4051028度 東経132.464472度 / 34.4051028; 132.464472
テンプレートを表示

概要編集

当時のNTTの遊休地を活用するために設立されたデベロッパー『NTT中国不動産』(後の『NTTクレド』)が初めて設置した建物である。地上14階地下1階のメイン棟と駐車場棟で構成されている。1992年平成4年)4月17日に開業した。

当地には、1875年明治8年)から1948年昭和23年)まで現在の『広島市立白島小学校』があり、その後『NTT広島支社』が。そして『NTT中国資材センター』が設置されていた[1]

『NTT中国不動産』設立時に、当初計画施設の1つとされ[2]1990年(平成2年)9月に着工された[1]

計画案ではオフィスビルを建築し、当時7ヶ所に分散していたNTTの技術開発部門を集約し、LAN光ケーブルを整備。また、『駐車場・店舗・サービス施設を備えた複合ビル』とした。オフィス棟は地上14階地下1階。駐車場棟は地上8階地下1階を予定し、総工費は約80億円とした[1]

1992年(平成4年)4月17日に『NTT-CRED白島ビル』として開業。開業当初は、2階から7階はオフィス用フロア。8階から10階はNTT関連会社。それ以上はNTT本体が使用するとした[3]。また、開業時に銀行(広島銀行白島支店)が移転した。また、1992年(平成4年)から1994年(平成6年)まで施主である『NTT中国不動産』の本社も置かれている[4]

1階部分はレストラン街及び商業施設になっている。開設時点で、レストランや喫茶店が7店。食材の店が1店入店した。南ヨーロッパのようなイメージで商業スペースは作られ、施設内は石畳に人工の水場、またシンボルとなる時計台も作られた[5]

現在の英字表記は『Hakushima Q-GARDEN』になっているが、開設当時は『Hakushima CUE-GARDEN』と表記していた。『CUE』は『白島をより快適な街にするきっかけ』の意味で付けられた。また開設当時は、『NTT中国不動産』唯一の建物だったので『NTT-CREDビル』と呼ばれていた[5]

1993年(平成5年)には、『広島市優秀緑化施設表彰』を受賞している。

アクセス編集

参照 編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 中国新聞 1990年5月23日 6ページ『オフィスビル 広島市で建築 NTT中国不動産』
  2. ^ 中国新聞 1989年7月12日 6ページ『NTT中国 不動産事業の新会社を設立』
  3. ^ a b 中国新聞 1992年4月15日 6ページ『NTT白島ビル完成 17日にオープン』
  4. ^ 『広島会社手帳 平成4年版』440ページ及び『広島会社手帳 平成5年版』438ページ。『1992 広島企業年鑑』440ページ及び『1993 広島企業年鑑』438ページ。表記の違いで、移動したことは確認出来るが具体的な移動時期の記載はない
  5. ^ a b 中国新聞 1992年4月24日 夕刊 4ページ『グルメビル続々誕生 遊び感覚受けています 広島市中区』

参考書籍編集

  • 『広島会社手帳』(広島経済リポート編、株式会社広島経済研究所) 各バックナンバー
  • 『広島企業年鑑』(株式会社経済リポート)各バックナンバー
  • 中国新聞』(中国新聞社)各バックナンバー

外部リンク編集