メインメニューを開く

白崎 秀雄(しらさき ひでお、1920年5月25日-1992年2月22日[1])は、作家美術評論家福井市出身。

法政大学修了[2]1966年「真贋」で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。伝記小説に新境地を開き、骨董書画、日本絵画、篆刻などの関連著作が多い。北大路魯山人を世に広めた人物としても知られる。魯山人の芸術性・技術的な特異性を鋭く評価した。

目次

著書編集

編纂など編集

  • 『新編校註橘曙覧歌集』編註 古今書院 1942
  • 『北大路魯山人作品図録』編著 徳間書店 1972
  • 『古美術必携 蒐集研究』編 徳間書店 1974
  • 『雲州蔵帳図鑑』編纂 歴史図書社 1975
  • 酒井抱一画集』組田昌平・中村渓男と編纂委員 国書刊行会 1976
  • 『北大路魯山人秀作図鑑』編 グラフィック社 1979

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『文藝年鑑』1978年

関連項目編集