メインメニューを開く

白川 正芳(しらかわ まさよし、1937年1月2日 - )は、日本の文芸評論家。

福岡県大川市生まれ。慶應義塾大学中退。特選塾員。國學院大學非常勤講師、東京経済大学非常勤講師。埴谷雄高を中心に文芸評論を書き、第22回日本文芸大賞受賞。また文壇屈指の碁打ちとしても知られる。34期、36期、38期、39期文壇本因坊

著書編集

  • 『埴谷雄高論 評論集』書肆深夜叢書 1967 のち冬樹社
  • 吉本隆明論』永井出版企画 1972
  • 『現代文学の思想』冬樹社 1974
  • 『不可視の文学』潮出版社 1974
  • 稲垣足穂』冬樹社 1976
  • 立原正秋』竜門出版社 1981
  • 『黙示の時代 埴谷雄高と現代の文学』河出書房新社 1983
  • 『超時間文学論 鴎外から大江まで27人の作家たち』洋泉社 1985
  • 『碁は断にあり 碁と人生』三一書房 1985
  • 『碁に勝てなければ他のことにも勝てない』三一書房 1987
  • 『星のきらめく夜は私の星座 現代文学の行方 評論集』三一書房 1988
  • 『囲碁の実戦的研究』三一書房 1990
  • ドストエフスキイへの旅』武蔵野書房 1991
  • 『埴谷雄高論全集成』武蔵野書房 1996
  • 『始まりにして終わり 埴谷雄高との対話』文藝春秋 1997
  • 『囲碁の源流を訪ねて』日本棋院 1999
  • 『埴谷雄高の肖像』慶應義塾大学出版会 2004
  • 『埴谷雄高との対話』慶應義塾大学出版会 2006

編著編集

  • 『現代作家論』(編)第三文明社〈レグルス文庫〉 1972
  • 三島由紀夫 批評と研究』(編)芳賀書店 1974
  • 『昭和文学を語る』(編)第三文明社 1978
  • 『「死霊」論 頭蓋のシムフォニイ 思索的想像力=あっは・ぷふい』(編)洋泉社 1985
  • 『立原正秋 追悼』(編)創林社 1985
  • 『埴谷雄高独白「死霊」の世界』NHK編 責任編集 日本放送出版協会 1997