白昼の死角

日本の小説、メディアミックス作品

白昼の死角』(はくちゅうのしかく)は、高木彬光推理小説1959年5月1日から1960年4月22日まで『週刊スリラー』に連載された(連載中は『黄金の死角』)。1960年、カッパ・ノベルス光文社)刊行。

1979年に映画化、テレビドラマ化されて話題となった(テレビドラマは1963年版もある)。

概要編集

鶴岡七郎を主人公としたピカレスクロマン

小説前半の太陽クラブ立ち上げの部分は、実在の事件である光クラブ事件がベースとなっているが、後半の鶴岡の犯罪記録は実在の人物からの取材を基としたオリジナルの物語となっている。

作中、自作『幽霊西へ行く』を引き合いに出している箇所があるが、同作を枕にしている作品として、『読売新聞』1959年5月24日発表の短編『公使館の幽霊』がある。この作品は鶴岡が本作で行った詐欺事件のひとつの原型である(本作での公使館の事件が語られるのは『週刊スリラー』1960年2月19日号から)。

あらすじ編集

戦争帰りの東大法学部生らを中心とする学生金融会社「太陽クラブ」の残党である鶴岡は、法律の盲点(死角)を突き、手形詐欺などを働く。鶴岡の手法は、事前に十分な情報を収集し、「一滴の血も流さず」に行うもの(本人いわく、「イチかバチかの博打ではない」)。しかし、犯罪の成功によって、犠牲者も現れてくる(手形をパクられた被害者ばかりでなく、友人、妻、愛人も不幸になっていく)。残された鶴岡は…。

書誌情報編集

作品の評価編集

映画編集

白昼の死角
監督 村川透
脚本 神波史男
原作 高木彬光
製作 角川春樹
橋本新一(プロデューサー)
出演者 夏木勲[3]
竜崎勝
千葉真一
天知茂(特別出演)
音楽 宇崎竜童
主題歌 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「欲望の街」
撮影 仙元誠三
編集 祖田冨美夫
製作会社 東映東京
配給 東映
公開   1979年4月7日
上映時間 154分
製作国   日本
言語 日本語
配給収入 6億1000万円[4]
テンプレートを表示

1979年4月7日公開。上映時間154分。角川映画の一本に数えられているが、製作は東映が単独で務めており、角川春樹は招聘プロデューサーという立場に留まっている。

スタッフ編集

キャスト編集

太陽クラブのメンバー編集

鶴岡の女編集

鶴岡の協力者たち編集

騙される人々編集

利用される人々編集

裏社会の人々編集

国家権力側の人々編集

その他編集

ほか

備考編集

  • 原作者の高木彬光は、ニセ会社員の応募に応じる役で出演している。年配者なので課長役になるところだったが、「指を詰めている」ために不採用となる、という役どころである。
  • 原作では探偵小説家が鶴岡と知り合うところから始まるのに対し、探偵小説家の出番はカットされている。
  • 太陽クラブの後始末に関わる部分が飛ばされている。原作では「リンゴの唄」と共に自殺する隅田が「巴里の屋根の下」を口ずさみながらの焼身自殺という派手なオープニングを飾った。東大生グループとして始まる太陽クラブの面々が(当時としては)中年後期という雰囲気のいかつい俳優ぞろいという大胆なキャストも話題を呼んだ。
  • ビデオ化は過去にVHS版でリリースされている。併せてレンタルも存在した。初のDVD2012年3月東映より、セル / レンタル盤がリリースされた。

テレビドラマ編集

1963年編集

1963年5月1日から6月26日にフジテレビ系で放送された。放送時間は水曜22時15分 - 22時45分。

スタッフ編集

キャスト編集

ほか

フジテレビ 水曜22:15 - 22:45枠
前番組 番組名 次番組
大番
(ドラマ版)
白昼の死角

1979年編集

1979年8月4日から9月29日に毎日放送制作・TBS系で放送された(全9回)。  

スタッフ編集

キャスト編集

ほか

備考編集

  • 福永検事役の天知茂と川前工業・五十畑専務役の田崎潤は、映画と同じ配役となっている。
  • 主題歌も映画と同じものが使われている。
  • ラストは原作(映画)と違っている。
  • 太陽クラブ4人組は映画版より平均年齢が5つほど若く、ぎりぎり30代前半におさまっている。とはいえ、30歳で中年と呼ばれた時代であり、大学生には見えにくい。
TBS 土曜22時台(当時は毎日放送の制作枠。一部地域を除く。)
前番組 番組名 次番組
高木彬光シリーズ・検事霧島三郎
(第3部「密告者」)
高木彬光シリーズ・白昼の死角

脚注編集

  1. ^ 他の高木作品では、『刺青殺人事件』が10位、『人形はなぜ殺される』が32位、『成吉思汗の秘密』が46位に選出されている。
  2. ^ 他の高木作品では、『人形はなぜ殺される』が28位、『刺青殺人事件』が32位に選出されている。
  3. ^ a b 夏木勲は1978年から1984年の間に用いた芸名で、以降は本名の夏八木勲で活動した。
  4. ^ 中川右介「資料編 角川映画作品データ 1976 - 1993」『角川映画 1976 ‐ 1986 日本を変えた10年』角川マガジンズ、2014年、281頁。ISBN 4-047-31905-8

関連項目編集

外部リンク編集