白杖(はくじょう、英語: white cane)とは視覚障害者全盲およびロービジョン)等の、道路の通行に著しい支障がある障害者が、歩行の際に前方の路面を触擦する等に使用する白いである[1]。大きさは直径2センチメートル程度、長さ1メートルから1.4メートル程度のものが一般的である。

白杖を使う女性(右)

白杖の主な役割は、安全の確保(前方の障害物や危険の防御)、歩行に必要な情報(段差や歩道の切れ目等のランドマーク)の収集、ドライバーや他の歩行者・警察官などへの注意喚起の3つである。

身体障害者福祉法や福祉用具の分類での名称は盲人安全つえである。また、白杖の使用については道路交通法およびその施行令に規定があり、視覚障害のみならず肢体不自由聴覚障害平衡機能障害でも使用が認められている(後述)。

白杖の歴史編集

昔から盲人にとって杖は歩くためには欠かせない道具であったが、現在のように白くて光沢のある塗装を施した杖が考え出されたのは、第一次世界大戦以後のことである。

イギリスのブリストルの写真家James Biggsは、事故により失明した。増加する交通量に家の周りを歩行することにも不便を感じていた彼は、杖を白く塗って周りからも見えやすくした。

フランスのある警察官の夫人だったGuilly d'Herbemontは、1931年頃、自動車の増加に伴って、視覚障害者が交通の危険にさらされているのを見て、夫の使っていた警棒からヒントを得て、現在の形の物を考えつくとともに、視覚障害者以外の人が白い杖を携行することを禁止させたという。

構造編集

 
白杖

上部のグリップ(握り)、主軸のシャフト(柄)、先端のチップ(石突)の3つの部分からなる。

中世で視覚障害者が歩行の際に使用していたと思われる細い竹の棒に代わるものとして使われている。英語ではケーンcane【意味:葦(あし)・さとうきび、のような中が中空になっている植物】)と言うがこれは杖の形態を表したものといえる。これらは中空となっていて軽く、また適度に固いために地面を叩いた時と石を叩いた時で明らかに音が違う。今日の白杖も、同様に使用者に通路の様々な情報を、音によって与えている。

材料編集

グリップはゴルフクラブの物を流用したものが多く見られる。

シャフトは軽金属等の各種素材で作られるが、近年ではグラスファイバーカーボンファイバー等を用いた丈夫で軽量な繊維強化プラスチック製など、非金属製のものが多い。

チップは硬質の素材(金属やプラスチック等)で作られている。白杖が路面等の物を叩く音も歩行に必要な情報となるため、滑り止めのゴム等を使用していないのが一般的な歩行補助具のと異なる点である[2]。また、スライドテクニック(後述)がしやすいように、小型のローラーを用いたものもある。

編集

シャフトの色は白と黄色がある。

白い杖で地面側20センチメートルくらいが赤色に塗装されている物は、路面の白い塗装(横断歩道や路側帯)や雪道に対応していると言われている。

白・黄色・白/赤はいずれも注意喚起がしやすい色であり、結果的に周囲の援助が自然に受け入れられることにも大きな意味がある。

夜間に車両から視認しやすいよう、反射材を巻き付けてある物も多い。

形状編集

 
折り畳みの白杖

身体障害者福祉法や福祉用具の分類によれば、普通型(ストレート式・直杖)、携帯型(折りたたみ式、スライド式)に分けられる。近年では、超音波センサーや、TRONを使用したICタグ読み込み装置などを組み込んだ高機能化された物や、視覚障害者の自立を目指して様々な研究が行われている。

直杖はジョイント部(継ぎ目)がないため、伝達性にすぐれており、視覚障害者の単独歩行に適している。

折りたたみ式とスライド式はジョイント部を伴うため伝達性は直杖に劣るが、携帯性にすぐれているため、交通機関の利用や着座時等、収納性が求められる場面に適している。

直杖は少々無理な力が掛かっても破損し難いように作られてはいるが、アルミパイプ等で作られた折りたたみ式やスライド式の場合は、雑踏の中で人と衝突したり路面の隙間に突っ込んでしまったりすると簡単に曲がってしまうケースも見られる。周囲の無理解が杖破損に繋がることもあるので注意が必要である。

折りたたみ式の特許は、静岡県浜松市の斯波千秋が保有していたが、現在は特許権が切れている。

電子白杖編集

日本では2011年5月、秋田精工と秋田県立大学の共同開発で電子白杖が商品化された[3][4]。これは、超音波センサーによって感知された障害物を振動で伝えるというものである[5]

適した長さ編集

通常の歩行用として使用する場合は白杖を垂直に立ててみぞおちの少し上~わきの下に挟まる程度、障害者であることを周囲に知らせるシンボル(シンボルケーン)として使用する場合はやや短め(肘を約90度に曲げた程度)が目安とされている[6]

使い方編集

通常の歩行での基本操作には、地面にスライドさせる「コンスタントコンタクトテクニック(スライドテクニック)」と、離れた2点をタッチしながら歩く「タッチテクニック」とがある。コンスタントコンタクトでは地面の凹凸に敏感に対応できる効果が、また、タッチテクニックでは音で周囲に自分の存在を知らせる効果が高い。それぞれの方法は場面に応じて使い分けられ、また、それぞれの方法を組み合わせた「タッチ・アンド・スライド(タッチ・アンド・ドラッグ)」もある。

その他、ガイド(誘導者)を同伴しての歩行や、視覚障害者であることを周囲に知らせることを主な目的とする際には、グリップを腰の高さで持ち、杖の先を少し浮かせて左右に振らず対角線(グリップと反対側の肩の前方)に出す「IDテクニック」を用いてシンボルとしての使い方ができる。

白杖の持ち方は、人差し指を石突側に伸ばして(グリップに平らな面があればそこに当て)四指(もしくは伸ばした親指を人差し指に添わせ、三指)で握り込む方法が基本であるが、その他、親指を石突側に伸ばして他の四指を握り込む方法、小指側を石突側に向けペンを握る時のようにする方法があり、主に歩行環境(階段や人混み・狭い場所等)に合わせてその都度使い分ける。

法律編集

道路交通法に規定があり、第14条(盲人及び児童等の保護)によれば、以下のとおりである。

  1. 目が見えない者(目が見えない者に準ずる者を含む。以下同じ。)は、道路を通行するときは、政令で定めるつえを携え、又は政令で定める盲導犬を連れていなければならない。
  2. 目が見えない者以外の者(耳が聞こえない者及び政令で定める程度の身体の障害のある者を除く。)は、政令で定めるつえを携え、又は政令で定める用具を付けた犬を連れて道路を通行してはならない。
  3. (省略)
  4. (省略)
  5. 高齢の歩行者、身体の障害のある歩行者その他の歩行者でその通行に支障のあるものが道路を横断し、又は横断しようとしている場合において、当該歩行者から申出があつたときその他必要があると認められるときは、警察官等その他その場所に居合わせた者は、誘導、合図その他適当な措置をとることにより、当該歩行者が安全に道路を横断することができるように努めなければならない。

つまり白杖を持つ者は視覚障害者とみなされ、最優先で保護されるべき対象となる。また、同法に定められた要件を満たしていない者は、「政令で定めるつえを携え、又は政令で定める用具を付けた犬を連れて道路を通行してはならない。」とされ、所持や携行は認められていない。

ただし、道路交通法施行令第8条(目が見えない者等の保護)によれば、

第8条 法第14条第1項及び第2項の政令で定めるつえは、白色又は黄色のつえとする。

2.(省略)
3.(省略)
4. 法第14条第2項の政令で定める程度の身体の障害は、道路の通行に著しい支障がある程度の肢体不自由、視覚障害、聴覚障害及び平衡機能障害とする。
5.法第14条第2項の政令で定める用具は、第2項に規定する用具又は形状及び色彩がこれに類似する用具とする。

とあり、白杖の色は白色又は黄色と定められており、視覚障害以外の障害を持つ人も白杖を携行することが認められている(条文のとおりであれば、視覚障害以外の障害を持つ人の場合も、単一の障害(視覚障害を併せ持っていない)で良い)。

また、杖の形状・材質についての規定はないため、盲人安全つえ以外の物でも白か黄色の杖であれば法的援護の対象となる。そのため、肢体不自由者向けの、身体を支えることができる白杖(サポートケーン)もある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ デジタル大辞泉. “白杖”. コトバンク. 2019年5月18日閲覧。
  2. ^ 雪道等不安定な路面に対応したゴムチップもある。
  3. ^ 低コストで軽量な視覚障害者用の「スマート電子白杖」の製品化に成功:科学技術振興機構2011年5月30日
  4. ^ 低価格で軽量!センサー付き電子白杖が製品化:障がい者の働く場ニュース2011年6月24日
  5. ^ 電子白杖取扱説明書 (PDF)
  6. ^ ジオム社「盲人安全杖の長さについて」

関連項目編集

白杖について編集

白杖(盲人安全つえ)

1 白杖の機能

白杖は身体障害者福祉法では『盲人安全つえ』と記されていますが、一般的には白杖(はくじょう)と呼ばれています。白杖の携行については道路交通法第十四条に

『目が見えない者(目が見えない者に準ずる者を含む。以下同じ)は、道路を通行するときは、 政令で定めるつえを携え、又は政令で定める盲導犬を連れていなければならない。』

と定められています。車両の運転者は障害を持つ人に対し特に安全を配慮する義務を持ち、その対象であることが分かるように白杖の携行を義務付けているわけです。このように、一般通行人や車両運転者に対して視覚障害を持つことを知らせる働きは、白杖の果たす機能の一つであるといえます。また、この機能を含め、白杖には以下の3つの機能があります。

(1) 視覚障害を持つことを周囲に知らせる

(2) 触覚を通じて路面の情報を収集する

(3) 路面上にある障害物を検知する

1-1 視覚障害を周囲に知らせる機能

白杖は現在世界中で使用されおり、世界中の多くの人が、白杖を使う人が視覚障害者であることを知っています。このことから、白杖を持つ人は周囲の車両や人から衝突等の危険が生じないように配慮を受け、困っている時には援助の手が差し伸べられやすくなっています。

1-2 触覚を通じて路面の情報を収集する機能

見えない、見えにくい状態で知らない場所を歩く時に生じる怖さの一つは、「そこに道(床)があるか?」ということではないでしょうか。駅のホーム、下り階段、側溝、蓋の空いたマンホール等、落ちたらケガをしたり、命を落とす危険があるかもしれません。白杖は、次に足を運ぶ場所に触れて、路面があることを確認する道具として使うことができます。

1-3 障害物に対する防御の機能

見えない、見えにくい状態で歩く際のもう一つの恐さは、何かにぶつかることでしょう。硬いものにぶつかれば大けがをする可能性があります。白杖を身体の前で斜めに構えるか、身体の正面前方で肩幅よりも少しだけ広めに低く振りながら歩けば、路面から垂直に出ている障害物や段差を事前に発見できることができ、身体をぶつけたりつまずく危険性を低くすることができます。

2 白杖の形式

白杖はつなぎ目のない直杖(rigid canes)、つなぎ目のある折り畳み式杖(folding canes)、アンテナの様な伸縮式の3種類があります。折り畳み式杖は一般的に5cm刻みの寸法で売られています。また、白杖には使用目的の異なるものがあります。白杖のみで歩くためには2歩先を探る長さが必要なため、その目的で使う杖をロングケーン(long cane)と言います。白杖の3つの機能を使うのではなく、主に周囲に視覚障害を知らせる目的で使う短めの杖をIDケーンと言います。(英国ではロービジョンの人が対角線技術で使うための白杖をガイドケーンとよんでいます。)また、IDケーンの特徴と整形外科等で使う身体を支えるための杖の特徴を併せた身体支持杖(サポートケーン)があります。

3 白杖に必要な仕様

機能的な白杖であるためには、以下のような性質をもっていることが望ましいと言えます。

(1) 触覚情報の伝導性が良く、温度や電気の伝導性が低いこと。

(2) 適度な軽さであること。

(3) 重心がグリップ寄りにあり、操作時に重さを感じないこと。

(4) 強さ、耐久性、剛性、形態安定性を備えること。

(5) 昼夜共に視認性が高いこと。

(6) 握りやすく、操作性が良いこと。

直杖と折畳杖を比較した場合、(1)、(2)、(4)については直杖の方が優れています。折畳式の白杖は歩かない時に小さくたためることが長所です。(1)については例えば折畳式杖が極端にものに触れた時の感覚が鈍いかというと、実際はそれほどその差は大きくはありません。比較すれば直杖の方が良いという感じです。ただし感覚は個人差があるので、実際の違いは確かめていただくのが一番良いでしょう。(4)については、つなぎ部分があると、その部分がどうしても破損しやすくなります。しかし、白杖が破損した場合、折畳式白杖は破損した部品のみの交換が可能ですが、直杖はシャフトを丸ごと交換する必要があります。

4 白杖の材質と特徴

現在市販されている白杖の主な材質はアルミニウム合金、グラスファイバー、炭素(グラファイト、カーボン)繊維、アラミド繊維の四種類です。素材の比重(水を1とした場合の重さの比)だけを比較すると、アルミニウム合金2.7、ガラス繊維2.6、炭素繊維1.6、アラミド繊維1.3で、アルミニウム合金が最も重く、アラミド繊維が最も軽いのですが、比重は杖の重さに関係しても、強度には必ずしも関係はしていません。アルミニウム合金とガラス繊維を比較した場合、アルミニウム合金は強度が高くガラス繊維は低いため、強度を高めようとするとガラス繊維の杖は重くなります。炭素繊維とアラミド繊維を比較すると炭素繊維の方が強度は高いため、同程度の強度の白杖であれば重さは大差ありません。アルミニウム合金は摩耗性がもっとも低く丈夫な素材ですが、弾性に欠けるため、変形しやすいことが難点だと言えます。

5 白杖の構成

白杖は4つないし3つの主要部分から構成されています。クルック(crook)、グリップ(rubber grip)、シャフト(shaft)、石突き(cane tip)です。

5-1 クルック

クルックとは傘の柄のように、丸くまるまった部分をさし、機能として次のことが上げられます。

(1) 使わないときにフックなどに掛けておく。

(2) 白杖を構えたときにクルックは自然と下を向き、構える位置を容易に判別できる。

(3) 対角線技術で白杖を使うときに手首を保護する。

(4) 傾斜路で白杖を落としたときに、白杖が転がらない。

5-2  グリップ

グリップは白杖を握りやすくするために付けられており、材質はゴム製のものが多いです。ゴルフのパターグリップを流用したのが始まりだといわれています。多くのグリップは一側面が平らになっており、ここに人差し指又は親指の腹の部分を当てます。クルックの付いた白杖の場合、クルックを下に向けて白杖を握るので、クルックのある白杖は右利き、左利きそれぞれ専用になります。

ゴムグリップは滑りにくく、熱の伝導性が低いことから白杖が熱い、あるいは冷たいときでもグリップは適度な温度を保ってくれます。なお、ゴム以外にもプラスティック、皮革あるいは皮革製テープを巻いたもの、金属製などのグリップもある。デザインケーン以外のグリップの上の部分には、ゴムひもが付いていることが多いです。利用者の中には白杖を落とさないように、このゴムの輪に手首を通す人がいますが、自動車等に白杖を巻き込まれると身体を引き込まれる危険性があるので、腕を通して使うことは好ましくありません。これはフック等に白杖をかけるためのものです。

5-3 シャフト

シャフトは白杖の本体部分を指します。材質やその特性は前述の通りです。販売されている多くのものは反射テープが巻いてあるため、夜間の視認性が高いことも前述の通りです。

5-4 石突き(チップ)

石突きは1)路面との接触によるシャフトの磨耗を防ぐ、2)白杖が路面に接触する際の引っ掛かりを和らげるという2つの機能を果たしながら、路面からの触覚情報をより多くシャフトに伝える役割を果たしています。使い勝手、機能性を考えると後者の機能はとても重要です。通常購入時に付属している石突はノーマルチップと呼ばれるもので、シャフトよりも一回り太い円柱形の石突であることが殆んどです。路面との接触面積が小さいことと、未使用時は円柱形の形状をした石突の角部分で路面に触れるために路面の凹凸に引っ掛かり易いのですが、使用するまえに路面に当たる角度で石突を削っておけば、引っ掛かりを少なくすることができます。石突の素材は適度に摩耗するナイロン製のものが多く見られます。

現在日本で手に入る石突きはほとんどがシャフトの上から被せるタイプです。石突きは機能面で分類すると以下の3つの群に分けられます。

1) シャフトに固定された状態で使用する形式

シャフトの直径よりやや太いノーマルチップ、太く短くして接地面積を増やしたマシュマロチップ、マシュマロチップを背接地面の形状は同じで、しずくが落ちる形をしたティアドロップチップ、直径が55mm程の球形をしたボールチップ(米国製)、直径20mm程度の半球状をしたセラミックチップ(米国製)等がある。

2) 本体が回転する形式の石突

形状がマシュマロチップと同形のローラーチップ、直径65mm、厚さが25mmのディスク状をしたジャンボローラーチップ(米国製)、ボールチップを同じ形状のローリングボールチップ(米国製)等があります。

3) 軸と石突の間にゴムをマウントして石突本体が動く形式のもの

国産のパームチップ、米国製のフレックスチップがあります。

上記以外の特殊な石突として雪道用のスノーチップ(ノーマルチップにかぶせて使用)、同じくダコタディスクチップ(米国製)、直径76mmの大きな車輪がついたローバー・フリー・ホイーリングチップ(荒れた道用・米国製)等があります。米国製の一部は国内でも入手可能ですが、取り扱いのないものについてはAmbutechのホームページから購入が可能です( https://ambutech.com/shop-online/cane-tips )。

石突の種類がこれだけ多いのは、使用する環境、白杖の使い方に応じて石突を変えると歩きやすさ、使い勝手が大きく変わるからです。基本的には上述したように接地面積が大きいほど路面への引っかかりが少なくなり、ストレスは減少しますが、質量が大きければ重くなり長時間の操作で疲労しやすくなります。軽さ、触覚情報の伝導性を最優先するのであればノーマルチップ、メタルチップ、セラミックチップ等が選択肢として上げられ、伝導性を優先しつつ引っかかりを軽減したい場合はマシュマロチップ、ティアドロップチップが選択肢として上げられます。引っかかりの軽減と軽さを最優先したい場合はパームチップ、フレックスチップが選択肢として上げられます。ローラーチップ系はタッチテクニックの習得が難しい、あるいは好まない人の選択肢となり、チップの大小は重さに直結しますが、大きい方が路面の凸凹を拾いにくく、操作時のストレスは少なくなります。

引っかかりを避ける目的として、アメリカにはcurved tip といって、ノーマルチップを熱で100度の角度をつけて曲げたものがある。これは地面に対する引っ掛かりを軽減するために作られたものです(LaGrow, Kjeldstad & Lewandowski, 1988)。LaGrow et al.(1988)は15人の晴眼者を被験者に使い、アイマスクをかけてノーマルチップ、curved tip、マシュマロチップの3種類について引っ掛かり、縁石の発見、連続歩行の3点について実験を行った結果curved、マシュマロ、ノーマルの順に成績が良かったのだそうです。この知見からもわかるように、接地面積が大きくても縁石発見の成績が悪くなることはありません。ひっかかりを逃がすパームチップも縁石をとらえた時の触覚情報が大きく減衰することはありません。訓練士はそれぞれの石突の特性を十分理解し、訓練生の特性にあった石突が選択できるようにするべきでしょう。

なお石突きは磨耗する性質のものですから、シャフトが露出する前には交換しなければなりません。石突をシャフトから外すためには、石突の根元部分に熱湯をかければ素材が柔らかくなるので、簡単に引き抜くことができます。