メインメニューを開く

白水 宏典(しらみず こうすけ、1940年8月28日 - )は、日本技術者実業家トヨタ自動車取締役副社長や、ダイハツ工業代表取締役会長を務めた。

人物・経歴編集

1959年福岡県立明善高等学校卒業[1]。1963年九州大学工学部造船科卒業、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。田原工場第2製造部長を経て、1992年取締役に昇格。1997年常務取締役。2000年専務取締役。2001年取締役副社長[2]

2005年からダイハツ工業代表取締役会長を務め[3]、系列の解体や[4]軽自動車専用ラインの整備などを進めて、軽自動車販売台数で30年以上トップの座にあったスズキを抜き業界トップとした[5][6]。トヨタ自動車の意向でグループ定年の68歳を超えても続投していたが[7]、2011年相談役技監に退いた[8]

脚注編集