白河駅

日本の福島県白河市にある東日本旅客鉄道の駅

白河駅(しらかわえき)は、福島県白河市郭内にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である[1]

白河駅
JR Tohoku Line Shirakawa Station building.jpg
駅舎(2021年10月)
しらかわ
Shirakawa
新白河 (2.8 km)
(4.7 km) 久田野
所在地 福島県白河市郭内222[1]
北緯37度7分47.63秒 東経140度12分49.34秒 / 北緯37.1298972度 東経140.2137056度 / 37.1298972; 140.2137056座標: 北緯37度7分47.63秒 東経140度12分49.34秒 / 北緯37.1298972度 東経140.2137056度 / 37.1298972; 140.2137056
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線
キロ程 188.2 km(東京起点)
電報略号 ラカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
485人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1887年明治20年)7月16日[1][2]
備考 業務委託駅[3]
みどりの窓口
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。当駅は仙台支社に所属している。

JR東日本東北総合サービスが駅業務を受託する業務委託駅[3]みどりの窓口が設置されている。

事務管コードは▲411027[7]を使用している。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 東北本線 上り 新白河黒磯宇都宮方面
2 下り 郡山福島仙台方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況編集

JR東日本によると、2021年度(令和3年度)の1日平均乗車人員は485人である[利用客数 1]

2000年度(平成12年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 942 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 911 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 880 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 878 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 867 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 850 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 811 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 787 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 743 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 686 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 643 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 579 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 677 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 706 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 679 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 687 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 665 [2][利用客数 18]
2017年(平成29年) 628 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 624 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 615 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 440 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 485 [利用客数 1]

駅周辺編集

 
駅前ロータリー(2013年3月)

駅周辺は城下町として栄えた白河市の中心部であり、古い建物が多く残っている。新白河駅周辺と並んで白河ラーメンの店舗が多く立地している。

バス路線編集

白河駅編集

ジェイアールバス関東白河支店が運行する路線バスが発着する。

白河駅前編集

白河市循環バス(運行はジェイアールバス関東白河支店と福島交通が受託)や福島交通白河営業所が運行する路線バスが発着する。

1番のりば
  • 白河市循環バス
    • <中循環1コース>・<中循環2コース>・<南循環1コース>・<南循環2コース> 白河駅前行[注釈 1]
    • <西循環左回り>・<西循環右回り> 白河駅前行[注釈 2]
  • 福島交通
2番のりば(福島交通)

その他編集

  • 日本国有鉄道(国鉄)時代、管轄の鉄道管理局は仙台・高崎・東京北の順に変わった。かつては、駅本体だけで職員が千人を越え白河機関区をはじめとする主要な設備や施設が併設されていた[1][2]。当駅を始発とする急行列車も設定されていた主要な駅であったが、新幹線開業後は閑散としたローカル駅である[2]。ただし、当駅始発の通勤通学用短距離列車が設定されていることなどにより、駅員は常駐している(駅長は配置していない)[2]
  • 「ステンドグラスのある赤瓦の屋根の大正ロマン漂う駅舎」として、東北の駅百選に選定された。
  • 2009年(平成21年)9月19日、待合室の場所に「えきかふぇSHIRAKAWA」がオープンした[1][2]。このカフェは、国の認定を福島県内で初めて受けた白河市中心市街地活性化基本計画の白河駅舎活用事業である。かつてこのカフェの場所は、伯養軒の構内食堂であった[1]。駅近くには伯養軒白河営業所もあり、駅弁製造を手掛け当駅でも発売していた。定番の幕の内弁当のほか、当地名物のだるまにちなんだ「だるま弁当」などもあった。営業所末期の駅弁は新白河駅のみの発売だった。
  • 団体改札とされる改札口は、かつての白棚高速線専用乗継改札口の跡である。鉄道代替路線であることから、普通のバス路線とは別格扱いだった。
  • 駅周辺にあった宝酒造白河工場は2003年(平成15年)に廃止され更地になっていたが[10]、東日本大震災後は福島第一原子力発電所事故により双葉郡双葉町から避難した町民の敦内応急仮設住宅団地となっている。
  • 2020年11月から放送開始されたダイハツ・ムーヴキャンバスのテレビCM「COLORING LIFE 駅」篇では、当駅がロケ地として使用された[11]

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
東北本線
新白河駅 - 白河駅 - 久田野駅

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ 休日運休。
  2. ^ 2021年12月28日までの試験運行。土曜・休日運休。
  3. ^ a b c d e 土休日運休。
  4. ^ 4 - 11月運行の土休日運行(会津バスと共同運行)。
  5. ^ 冬期は新甲子止まり。
  6. ^ a b 平日1本のみ運行。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 白河駅(東北本線)みちのくの玄関にふさわしい風格漂う洋館駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第2回】”. サライ.jp (2016年9月14日). 2022年1月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j “【東北駅物語】(6) 白河市・白河駅 人影まばら かつての要衝”. 産経ニュース. (2017年9月1日). https://www.sankei.com/article/20170901-OCPSXCIHKVIDRDAEOIKPJZOUVA/ 2022年1月22日閲覧。 
  3. ^ a b JR東日本東北総合サービス株式会社が運営する受託駅一覧 - JR東日本東北総合サービス.2022年1月2日閲覧
  4. ^ 112年前の白河日食 2009 「白河皆既日蝕の碑」建設委員会
  5. ^ “白河駅舎100年の歴史紹介、停車場平面図や絵はがき25点展示”. 福島民友新聞. (2021年6月29日). オリジナルの2021年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210711151002/https://www.minyu-net.com/news/news/FM20210629-630998.php 2021年7月11日閲覧。 
  6. ^ 時刻表(日本交通公社版)1968年9月号東北本線のページ、及び10月号東北本線のページ(p.216)より。
  7. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  8. ^ “【桜紀行】歴史の街に彩り 小峰城・城山公園(白河市) ※動画あり”. 福島民報. (2021年4月4日). https://www.minpo.jp/news/moredetail/2021040485220 2022年1月22日閲覧。 
  9. ^ 宮武和多哉 (2021年12月29日). “あのテレビ番組でも辿った?路線バス“徒歩・県境乗り継ぎ“ルート をゆく!(福島→栃木・群馬→新潟編)”. Yahoo!ニュース. 2022年1月22日閲覧。
  10. ^ 生産拠点の再編計画について”. 宝ホールディングス (2002年2月4日). 2008年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年1月22日閲覧。
  11. ^ “ひそかに話題! 全国放送の軽乗用車「CM」JR白河駅が登場”. 福島民友新聞. (2020年11月8日). オリジナルの2020年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201108024100/https://www.minyu-net.com/news/news/FM20201108-555509.php 2020年11月8日閲覧。 

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月5日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月9日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月10日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集