メインメニューを開く

白獅子仮面』(しろじしかめん)は、1973年4月4日から同年6月27日まで日本テレビ系で全13話が放送されたテレビ映画大和企画製作の特撮時代劇並びに作中に登場するヒーローの名称。

白獅子仮面
ジャンル 時代劇
出演者 三ツ木清隆
オープニング 「白獅子仮面の歌」
エンディング 「十手のマーチ」
時代設定 江戸時代
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年4月4日 - 6月27日
放送時間 水曜19:00 - 19:30
放送分 30分
回数 13
テンプレートを表示

目次

概要編集

江戸時代を舞台とした変身ヒーロー時代劇。制作には京都映画宝塚映画が協力しており、1970年代の特撮時代劇としては唯一京都で撮影された[1]

スポンサーがつかなかったため、制作後はお蔵入りとなっていた[2]。その後、日本テレビが宣弘社に対し本作品の枠の買い取りを条件に『スーパーロボット レッドバロン』の制作を持ちかけ、『レッドバロン』の前番組として放送されることとなった[3]

本番組エンディングに使われたイラストはテレビマガジンでのコミカライズを担当した古城武司の手によるものである。

ストーリー編集

舞台は享保年間の江戸。江戸の町では狼仮面が怪事件を起こしていた。狼仮面に対抗すべく、町奉行大岡越前は影与力・剣兵馬を長とする武装同心隊を結成。狼仮面との戦いで窮地に陥った兵馬の前に獅子面の神が現れる。兵馬は獅子面の神の力で正義の剣士白獅子仮面となり狼仮面を倒す。その後、次々と現れ怪奇事件をおこす火焔大魔王の率いる妖怪達を白獅子仮面が退治するという一話完結形式の特撮時代劇。

スタッフ編集

主な登場キャラクター編集

剣 兵馬(つるぎ ひょうま)
江戸南町奉行所で"影与力"という役職に就く若者で、武装同心隊の隊長を務める。常にウエスタンルックにパンタロンという江戸時代の武士と思えぬ服装で妖怪と戦う。ベルトのホルスターに収めている二丁の十手が主な武器。狼仮面の追跡中に瓦礫に閉じ込められた際に現れた獅子面の神によって、「獅子吼(ししく)」のかけ声と共に二丁十手を合わせることで変身する白獅子仮面の力を得る。
最終話で白獅子仮面として火焔大魔王を倒すも相討ちとなり、生死不明となる。
白獅子仮面(しろじしかめん)
兵馬が変身した正義の剣士。白馬を駆って現れ、鞭で妖怪を倒す。最終話で冥途の世界で火焔大魔王との一騎討ちの末、相討ちとなった。
大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)
江戸南町奉行。
大岡 縫(おおおか ぬい)
越前守の妹。小柄(こづか、手裏剣)投げが得意で、妖怪との戦いに首を突っ込みたがるので越前守を困らせている。
田所 源八(たどころ げんぱち)
江戸南町奉行所同心で、武装同心隊の一員。しかし妖怪を見ただけで目を回したり腰を抜かしたりと武装同心隊のメンバーとは思えぬほど臆病の、所謂ムードメーカー。
一平(いっぺい)
源八とコンビを組んでいる目明し。彼も妖怪に対しては源八と同様のリアクションが多い。
火焔大魔王(かえんだいまおう)
妖怪を率いて江戸を支配しようとする謎の怪人。顔は仁王像を彷彿とさせる面のよう。最終話で本拠地である冥途の世界に進撃してきた白獅子仮面との決戦に及び、相討ちとなる。

主題歌編集

主題歌シングルレコードには、ワーナー・パイオニア盤(L-1127P)と日本コロムビア盤(SCS-195)があり、前者にはカラーシールが付いていた。なお、児童合唱団の名義が前者は「音羽ゆりかご会」、後者は「コロムビアゆりかご会」となっていたが、同一の合唱団である。

オープニングテーマ「白獅子仮面の歌」
作詞:大和すすむ / 作曲・編曲:広瀬健次郎 / 歌:水木一郎、音羽ゆりかご会(コロムビアゆりかご会)
エンディングテーマ「十手のマーチ」
作詞:大和すすむ / 作曲・編曲:広瀬健次郎 / 歌:音羽ゆりかご会(コロムビアゆりかご会)

キャスト編集

放送リスト編集

話数 放映日 サブタイトル 登場妖怪 脚本 監督
1 1973年
4月4日
青い目と赤い目の狼
  • 狼仮面
浅間虹児 浅間虹児
2 4月11日 雨もないのにカラカサ小僧
3 4月18日 一ツ目の刺客がやって来た
4 4月25日 小判の好きな化け猫騒動
5 5月2日 顔なし男が顔を盗る
  • 顔なし男
石川孝人 小野登
6 5月9日 妖怪牝狐参上
  • 牝狐
7 5月16日 必殺コウモリ男
  • コウモリ男
8 5月23日 のっぺらぼうが火をふいた
  • のっぺらぼう
浅間虹児
9 5月30日 ワラのお化けが笑う時 石川孝人
10 6月6日 河童の皿の光るとき
  • 河童
浅間虹児
11 6月13日 三ツ目の一ツが飛んでくる 小谷正治
小池俊司
12 6月20日 怪人ヨロイ武者
  • ヨロイ武者
石川孝人
13 6月27日 輝け! 白獅子の星
  • 狼仮面
  • カラカサ小僧
  • 一ツ目小僧
  • コウモリ男
  • 河童
  • 火焔大魔王
八束基

放送局編集

地上波編集

BS・CS編集

2018年7月より、全13話をHDリマスター版で放送。

映像ソフト化編集

漫画版編集

備考編集

  • 前述の通り、本作は2008年と2018年の2度に渡り、時代劇専門チャンネルで放送されているが、2008年に同チャンネル(以下、時専)でチャンネル初放送が為された当時、時専では本作のオープニング主題歌を歌う水木一郎を起用した番宣スポットCMが放送されていた。その内容は、本作のオープニング映像が流れる中、その合間に本作のオープニングタイトルの静止画像がモニターで表示されているのをバックに、ヘッドホンの左耳部分を当てた状態の水木が、主題歌の1フレーズを意味不明のフレーズを交えて熱唱・絶叫すると言うものだった[14]。なお、この番宣スポットCMは、前回放送当時の復刻版と言う形で、主に深夜帯の放送作品の前後ならびに時専の公式Twitterアカウントで見る事が出来る[15](ナレーション等、一部表示されていない箇所あり)。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 名称は、『全怪獣怪人 下巻』ではから傘小僧[4]、『’70年代特撮ヒーロー全集』ではカラカサ小僧[5]とそれぞれ記載している。
  2. ^ 名称は、『全怪獣怪人 下巻』では一つ目[4]、『’70年代特撮ヒーロー全集』では一ツ目小僧[5]とそれぞれ記載している。
  3. ^ 名称は、『全怪獣怪人 下巻』では姫猫[4]、『’70年代特撮ヒーロー全集』では姫ねこ[5]とそれぞれ記載している。
  4. ^ 名称は、『全怪獣怪人 下巻』ではわらおばけ[6]、『’70年代特撮ヒーロー全集』ではワラのお化け[5]とそれぞれ記載している。
  5. ^ 名称は、『全怪獣怪人 下巻』では三つ目入道[6]、『’70年代特撮ヒーロー全集』では三ツ目入道[5]とそれぞれ記載している。

出典編集

  1. ^ 宇宙船SPECIAL 1998, p. 105.
  2. ^ レッドバロンフォトニクル 2014, p. 76, 「前番組『白獅子仮面』」
  3. ^ レッドバロンフォトニクル 2014, pp. 46、76.
  4. ^ a b c 全怪獣怪人 下 1990, p. 324
  5. ^ a b c d e 宇宙船SPECIAL 1998, p. 138
  6. ^ a b 全怪獣怪人 下 1990, p. 325
  7. ^ 『河北新報』1973年4月29日 - 7月22日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ a b 『河北新報』1973年4月4日 - 6月27日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『河北新報』1973年4月12日 - 7月5日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『河北新報』1973年10月22日 - 11月12日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 『福島民報』1974年8月19日 - 11月11日付朝刊、テレビ欄。
  12. ^ 「DVD & VIDEO Selection」『宇宙船』Vol.106(2003年5月号)、朝日ソノラマ、2003年5月1日、 52頁、 雑誌コード:01843-05。
  13. ^ a b 宇宙船SPECIAL 1998, pp. 146-147, 平井幸夫「70年代スーパーヒーローコミックリスト」
  14. ^ しかもそのフレーズは、水木が過去に携わっていたアニメ・特撮番組(『マジンガーZ』や『超人バロム・1』等)の主題歌の1フレーズばかりであった。
  15. ^ 時代劇専門チャンネル公式Twitter

参考文献編集

  • 全怪獣怪人』下巻、勁文社、1990年11月30日。C0676。ISBN 4-7669-1209-8
  • 宇宙船SPECIAL ’70年代特撮ヒーロー全集』監修 金田益実、朝日ソノラマ、1998年5月30日。ISBN 4-257-03533-1
  • DVD『スーパーロボット レッドバロンフォトニクル』 2014年12月19日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-130
日本テレビ 水曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
白獅子仮面