白石 文子(しらいし あやこ、1963年4月13日 - )は、日本の元女性声優大分県出身[1]81プロデュースに所属していた。

しらいし あやこ
白石 文子
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本大分県
生年月日 (1963-04-13) 1963年4月13日(55歳)
血液型 O型
職業 声優
所属 81プロデュース(最終所属)
活動
活動期間 1987年 - 2002年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

以前の芸名は「白石 彩子」(読み同じ)。

目次

人物編集

1987年にデビュー。テレビアニメ『ジーンダイバー』(芳賀唯役)や『アリス探偵局』(イナバ役)では主役を演じ、『ポケットモンスター』でも準レギュラーのジョーイ役を演じていたが、「声優の仕事で食べていけないから」という理由により2002年3月で引退し、帰郷した[2]

後任編集

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1987年

1988年

1989年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1997年

1998年

1999年

2000年

  • 週刊ストーリーランド「いるはずのない同級生」(女子B)

2001年

OVA編集

1987年

1988年

1991年

1992年

1993年

1995年

1997年

1998年

劇場アニメ編集

1996年

1998年

2000年

ゲーム編集

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1999年

2000年

2001年

  • SDガンダム GGENERATION-F.I.F(マーベット・フィンガーハット)
  • スーパーロボット大戦α外伝(マーベット・フィンガーハット)
  • スーパーロボット大戦α for Dreamcast(マーベット・フィンガーハット)

2002年

  • SDガンダム GGENERATION-DA(マーベット・フィンガーハット)
  • SDガンダム GGENERATION NEO(マーベット・フィンガーハット)

2004年

  • SDガンダム GGENERATION SEED(マーベット・フィンガーハット)

2006年

  • SDガンダム GGENERATION PORTABLE(マーベット・フィンガーハット)

吹き替え編集

注釈編集

  1. ^ 山口の産休中は劇場版第10作目も含めて井上喜久子が代役を担当した。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』、140頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 「声優 白石文子」のInternet Archiveキャッシュ2002年3月17日分 脚本家吉岡たかをの個人サイト「きぐしねいです。」の随想集より。