メインメニューを開く

白石蔵王駅

日本の宮城県白石市にある東日本旅客鉄道の駅

白石蔵王駅(しろいしざおうえき)は、宮城県白石市大鷹沢三沢字桜田にある東日本旅客鉄道(JR東日本)東北新幹線である。

白石蔵王駅
白石蔵王駅.jpg
駅舎(2006年8月17日)

白石蔵王駅の位置(宮城県内)
白石蔵王駅
白石蔵王駅
白石蔵王駅の位置
しろいしざおう
Shiroishizaō
福島 (34.0km)
(45.0km) 仙台
所在地 宮城県白石市大鷹沢三沢字桜田11-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北新幹線
キロ程 306.8km(東京起点)
電報略号 シサ
駅構造 高架駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
874人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1982年昭和57年)6月23日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

歴史編集

東北新幹線の建設の中で、福島駅から仙台駅までの経路については白石市を経由する西寄りのルートと、角田市を経由する東寄りのルートの二つが比較、検討された。東寄りルートは福島県北部をおおよそ阿武隈川に沿って進み、宮城県南部の丘陵地をトンネルで貫くというものだったが、地形や地質に由来する工事の難易度から西寄りのルートが選ばれた[1]。白石市は福島駅と仙台駅のほぼ中間に位置するため、ここへの駅の設置は適当とみなされた。この駅の場所については、在来線の白石駅に併設する案と、新幹線単独駅を新設する案の二つがあった。在来線駅への新幹線駅併設は、既存の白石市街地にとっては至便であるが、新たに市街地を分断する、新幹線の線形が悪くなる、白石川への架橋が難しいなどの問題があると判断された。新幹線単独駅を新設することについては、この付近の東北本線は仙台駅への通勤圏であり、また観光を主目的とした新幹線駅なので道路交通と接続すれば問題はないと判断された[1]

こうした検討が行われた結果、現在地に新幹線駅の設置が決まった。この駅は1982年(昭和57年)6月23日に白石蔵王駅として開業した。東北新幹線の開通と同時である。

年表編集

  • 1982年昭和57年)6月23日:東北新幹線の開業と同時に開業。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄の分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。
  • 2007年平成19年)2月:放送機器の更新に伴い、発車ベルの音色を変更。
  • 2008年(平成20年)3月15日モバイルSuica特急券のサービスを開始。
  • 2009年(平成21年)3月14日:東北新幹線郡山 - 仙台間のSuica FREX定期券・Suica FREXパル定期券と、新幹線停車駅が2駅以上含まれるSuica定期券のサービスを開始。

駅構造編集

 
東京方面ホーム

中央に通過線(上下本線)があり、その外側に上り線側が島式ホーム1面2線と下り線側が単式ホーム1面1線で合計2面3線を有する高架駅

1番線は下り列車、2番線は上り列車に使用される。3番線は予備ホームとして臨時列車や新幹線総合車両センター出場試運転列車の折り返し用として、また夜間滞泊にも使用される。 ホーム足元に表示されている乗車位置案内は、1・2番線は各列車形式のステッカーが貼られているが、3番線は開業当時の石製のもののみが設置されている。

直営駅駅長助役配置)。新幹線単独駅であるが、東北本線の越河駅 - 北白川駅の各駅(白石駅も含む)を管理している。

みどりの窓口(営業時間 6:00 - 21:20 ※途中休止時間帯あり)、指定席券売機1台(営業時間 5:50 - 23:30)、自動券売機2台、自動改札機NEWDAYSJR東日本リテールネット営業)、立ち食いそば屋NRE東北サービス営業)設置。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   東北新幹線 下り 仙台盛岡新青森方面[2]
2 上り 福島郡山宇都宮大宮東京方面[2]
3 (臨時ホーム)

発車ベル編集

全てのホームが発車ベルを使用している。

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は874人である[利用客数 1]。駅周辺には駐車場が整備され、パークアンドライドが行われている。ただし駐車場の不足が問題になっている。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 871 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 875 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 849 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 877 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 931 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 953 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 971 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 936 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 900 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 825 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 792 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 781 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 893 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 879 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 861 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 869 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 862 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 869 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 874 [利用客数 1]

駅周辺編集

バス路線編集

かつては、蔵王刈田山頂(宮城交通)、磐城角田(JRバス東北)など、多くの路線バスが運行されていたが、現在は上記路線のみで、場所を持て余している状態である。

その他編集

  • 東京 - 福島間各駅停車タイプの仙台発着「やまびこ」は当駅のみを通過するものが多い。当駅に停車する東京 - 仙台間各駅停車の「やまびこ」は1日4.5往復(下り4本、上り5本)のみである。逆に東京 - 福島間で「つばさ」と併結する「やまびこ」は当駅に停車するものが多い。
  • 当駅に停車する各駅停車列車(「やまびこ」)が少ないため、仙台以北及び那須塩原新白河小山各駅相互間で利用する場合、仙台駅または福島駅での乗り換えを強いられるケースもある。「こまち」及び「はやぶさ」は全便通過のため、秋田方面・新函館北斗方面各駅相互間で利用する場合は、必ず仙台駅で乗り換える必要がある。
  • このような運行実態と新幹線単独駅という制約から、周辺自治体(宮城県柴田郡・福島県伊達郡)の利用者は地理的に近い当駅を避け、直接仙台駅または福島駅までJR在来線を利用することが多い。
  • 自動券売機では、以前はオレンジカードの使用ができなかったが、タッチパネル化された際に使用可能になった。現在ではSuicaの使用も可能になっている。
  • 開業前の仮称駅名は「新白石」だった。
  • 観光目的に「蔵王」を名乗ることになったが、現在は蔵王刈田山頂ゆきの直行路線バスは廃止となり、遠刈田温泉にて乗換えとなり、季節運行(秋季は毎日)である。バス以外のアクセスはタクシーかレンタカーを利用する。
  • 福島駅 - 仙台駅間は東北本線と別線区間となっており、この区間の選択乗車において当駅は東北本線の白石駅と対応している。したがって仙台以北または福島以南発着の乗車券であれば当駅発着のものであっても白石駅を利用でき、逆に白石駅発着のものであっても当駅を利用できる。また仙台以北と福島以南の相互間の片道101km以上の乗車券を用いて当駅で途中下車し、白石駅から再入場して同じ方向へ旅行を継続することもでき、逆に白石駅で途中下車し、当駅で再入場することもできる(ただし両駅間のバス・タクシー等の運賃は別途必要である)。
  • 事務管理コードは▲231083[3]を使用している。

当駅と仙台駅間には、日本の新幹線で最も長い直線区間がある。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
  東北新幹線
福島駅 - 白石蔵王駅 - 仙台駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ a b 『東北新幹線工事誌(黒川・有壁間)』23・25頁。
  2. ^ a b 時刻表 白石蔵王駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月6日閲覧。
  3. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。

利用状況編集

  1. ^ a b 新幹線駅別乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月9日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  14. ^ 新幹線駅別乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  15. ^ 新幹線駅別乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  16. ^ 新幹線駅別乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  17. ^ 新幹線駅別乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  18. ^ 新幹線駅別乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。
  19. ^ 新幹線駅別乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月11日閲覧。

参考文献編集

  • 日本国有鉄道仙台新幹線工事局 『東北新幹線工事誌(黒川・有壁間)』 1983年。

関連項目編集

外部リンク編集