メインメニューを開く
文化功労者顕彰に際して公表された肖像写真

白石 隆(しらいし たかし、1950年2月22日[1] - )は、日本国際政治学者アジア経済研究所所長、京都大学名誉教授政策研究大学院大学名誉教授・前学長立命館大学特別招聘教授、内閣府総合科学技術会議議員。熊本県立大学理事長。専門は、東南アジア地域研究、とくにインドネシア政治。

目次

来歴・人物編集

愛媛県生まれ。愛光高等学校卒業、1972年東京大学教養学部卒業。1974年同大学院修士課程修了、1977年コーネル大学大学院博士課程修了、1986年博士号取得(Ph.D、政治学)。

東京大学東洋文化研究所助手(1975-79年)、同大学教養学部助教授(1979-87年)、コーネル大学アジア研究学部助教授(1987-90年)、同准教授(1990-96年)、教授(1996年1-7月)、京都大学東南アジア研究所教授(1996-2005年)を経て、2005年政策研究大学院大学副学長、京大名誉教授。2007年アジア経済研究所所長。2011年政策研究大学院大学学長。2017年退任[2]立命館大学特別招聘教授[3]。2018年4月、熊本県立大学理事長に就任[4]

受賞歴編集

社会的活動編集

著作編集

単著編集

  • An Age in Motion: Popular Radicalism in Java, 1912-1926, (Cornell University Press, 1990).
  • 『インドネシア――国家と政治』(リブロポート、1992年/新版、NTT出版、1996年)
  • 『現代アジアの肖像(11)スカルノとスハルト――偉大なるインドネシアをめざして』(岩波書店、1997年)
  • 『崩壊インドネシアはどこへ行く』(NTT出版、1999年)
  • 『海の帝国――アジアをどう考えるか』(中央公論新社[中公新書]、2000年)
  • 『インドネシアから考える――政治の分析』(弘文堂、2001年)
  • 『帝国とその限界――アメリカ・東アジア・日本』(NTT出版、2004年)
  • 『海洋アジアvs.大陸アジア 日本の国家戦略を考える』(ミネルヴァ書房、2016年)

共著編集

共編著編集

  • 土屋健治)『東南アジアの政治と文化』(東京大学出版会、1984年)
  • The Japanese in Colonial Southeast Asia: Translation of Contemporary Japanese Scholarship on Southeast Asia, co-edited with Saya Shiraishi, (Cornell University Press, 1993).
  • Network Power: Japan and Asia, co-edited with Peter J. Katzenstein, (Cornell University Press, 1997).
  • 村松岐夫)『日本の政治経済とアジア諸国(上・下)』(国際日本文化研究センター、2003年)
  • Beyond Japan: the Dynamics of East Asian Regionalism, co-edited with Peter J. Katzenstein, Cornell University Press, 2006).

翻訳編集

脚注編集