メインメニューを開く

白糸の滝 (静岡県)

日本の静岡県富士宮市にある滝

概要編集

地理院地図 Googleマップ 白糸の滝(静岡県)

 
 
富士山と白糸の滝の位置関係

古富士泥流堆積物の上に白糸溶岩流が位置し、溶岩流の各層の隙間から富士山の地下水が流れ出ている。その様子が絹糸を垂らしたようであることから「白糸の滝」と呼ばれる。水量は毎秒1.5トンで幅200メートル、高さ20メートルである。文化財上の「白糸ノ滝」は滝壺だけでなく周辺地も含まれており[1]、「音止めの滝」(およそ徒歩5分)も含まれる[2]

源頼朝富士の巻狩りの際に滝に立ち寄り、以下の和歌を詠んだという伝承が残る。

この上に いかなる姫や おはすらん おだまき流す 白糸の滝

来歴編集

パノラマ

歴史編集

 
食行身禄の供養碑(天保年間に建立)

古くより風光明媚な景勝地として知られ、例えば『信長公記』巻十五には「西の山に白糸の滝名所あり」とある。また近世は富士講信者の巡礼地の1つでもあり、滝壺の近くには天保年間に建立された食行身禄の供養碑が現在も残る[2]嘉永7年(1854年)の富士講信者による自伝にも、これらが記されている[3]。白糸の滝のすぐ上には岩窟があり、そこには「お鬢水」(帯の真奈井[2])という水が湧いている。このお鬢水で源頼朝は髪のほつれを直したと伝えられている。また、このお鬢水は富士講の霊場の1つでもある。

白糸の滝は絵画の題材としても選ばれ、その先鞭をつけた人物として池大雅等が挙げられている。大雅の「富士白糸滝図」や「白糸瀑布真景図」では富士山と共に白糸の滝が描かれ、この画題は後の画家に影響を与えた[4]

交通機関編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『包括的保存管理計画(分冊-1)』127・131頁 (PDF)
  2. ^ a b c 静岡県富士山世界遺産センターニュースレターVol.11 (PDF)
  3. ^ 館山市立博物館、『富士をめざした安房の人たち : 企画展』、1995年
  4. ^ 京都国立博物館・読売新聞社編、『池大雅 = The genius of Ike no Taiga : 天衣無縫の旅の画家 : 特別展』、2018年

関連項目編集

外部リンク編集