白血球増多白血球増加(はっけっきゅうぞうた/ぞうか、Leukocytosis)は、血液中の白血球数が正常範囲を超えている状態である[1][2]。白血球増多は、炎症反応の徴候である事が多く[3]、最も一般的なのは感染症の結果であるが、特定の寄生虫感染や、白血病等の骨腫瘍でも発生する事がある。また、激しい運動てんかん等の痙攣、精神的ストレス妊娠出産麻酔、薬剤(リチウム等)の副作用、アドレナリン投与等の後にも発生する事がある[1]

白血球増多
別称 Leukocytosis
診療科 Infectious disease, pathology

白血球(主に好中球)の増加は、通常、未成熟好中球・マクロファージと成熟好中球・マクロファージの比率の「左方移動[注 1]」を伴う。未成熟白血球の割合が増加するのは、C3aG-CSF等の幾つかの炎症生成物によって刺激される骨髄内の顆粒球前駆細胞および単球前駆細胞の増殖と抑制が原因である。白血球増多は病気を示す事もあるが、独立した疾患ではなく、検査所見と考えられている。この分類は、同じく疾患ではなく検査所見である発熱の分類と類似している[要出典]

未成熟好中球と成熟好中球の比率の「右方移動[注 2]」は、血液塗抹標本における若い好中球(後骨髄球桿状核球)の数の減少または欠如と、巨大好中球の存在とによると考えられる。この事実は、悪性貧血急性放射線症候群に特有の血液学的徴候として、骨髄の活動が抑制されている事を示している[4]

白血球数が25~30×109/L以上の場合は類白血病反応(Leukemoid reaction)と呼ばれ、極度のストレスや外傷、感染症などに対する骨髄の正常な反応である。白血病(Leukemia)や、末梢血中に未熟な白血球(急性白血病)や成熟しているが機能していない白血球(慢性白血病)が存在する白赤芽球症(Leukoerythroblastosis)とは異なる[要出典]

分類編集

白血球増多症は、主に5つのタイプに分けられる[5][6]

  1. 好中球増多(最も一般的)[7]
  2. リンパ球増多
  3. 単球増多英語版
  4. 好酸球増多
  5. 好塩基球増多

白血球数が100,000/µLを超えるような極端な白血球増多症は、白血球鬱滞英語版(Leukostasis)である。この形態では、非常に多くのWBCが存在するため、WBCの塊が血流を妨げる。これにより、一過性脳虚血発作脳梗塞などの虚血性疾患が引き起こされる[要出典]

成因編集

白血球増多の要因
好中球増多
好酸球増多
好塩基球増多 (稀)[6]
単球増多英語版
リンパ球増多

白血球増多症は、急性期の患者によく見られる症状である。白血球増多は、ウイルス細菌真菌寄生虫などの感染症、がん出血ステロイドを含む特定の薬剤や化学物質への暴露など、様々な状況に応じて発生する。肺炎結核などの肺疾患では、通常、白血球の増加が見られる為、WBC数は病気の診断に非常に重要となる[要出典]

白血球増多のメカニズムには、幾つかの様態がある。骨髄貯蔵プールからの白血球放出の増加、血管壁への白血球の接着の減少、血管から組織への白血球の滲出の減少、骨髄中の前駆細胞の増加などである[9]

コルチコステロイドリチウムベータ作動薬などの特定の薬剤で、白血球増加症が起こる事がある[10]

白血球増多は、出産後の健康な女性に見られる予期される所見であり、感染症の臨床症状を伴わない限り、警戒すべき原因ではない[11]

診断編集

下に、様々なタイプの白血球の血液基準値範囲を示す[12]。97.5パーセンタイル(図中の帯の右端、95%予測区間を示す)は、白血球増多症を定義する為の一般的な限界値である。

治療編集

通常、大部分の症例では治療の必要はないが、白血病患者の一部に見られる白血球増多症(WBC数が50~100×109/L以上)は、白血球鬱滞英語版を予防する為に加療される[13][14]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 末梢血好中球の内、桿状核球(未成熟好中球)の割合が増加する事
  2. ^ 末梢血好中球の内、分葉核球(成熟好中球)の割合が増加する事

出典編集

  1. ^ a b Rogers, Kara, ed. (2011), “Leukocytosis definition”, Blood: Physiology and Circulation, Chicago: Britannica Educational Publishing, p. 198, ISBN 978-1-61530-250-5, https://books.google.com/books?id=iObZwlOu1mMC&q=leukocytosis+abnormally+leukocytes&pg=PA198 2011年11月12日閲覧。 
  2. ^ TheFreeDictionary > Leukocytosis Citing: Gale Encyclopedia of Medicine, 2008 and The American Heritage Medical Dictionary, 2007
  3. ^ Porth, Carol Mattson (2011), “White blood cell response”, Essentials of Pathophysiology: Concepts of Altered Health States (3rd ed.), Philadelphia: Wolters Klower Health/Lippincott Williams & Wilkins, pp. 64–65, ISBN 978-1-58255-724-3, https://books.google.com/books?id=FFg88IaReBwC&q=porth+leukocytosis+%22inflammatory+response%22&pg=PA64 2011年11月13日閲覧。 
  4. ^ Lutan, Vasile. Fiziopatologie medicală. Vol. 2, 31.3.2.1. Leucocitozele; Archived copy”. 2011年9月25日閲覧。
  5. ^ Zorc, Joseph J, ed. (2009), “Leukocytosis”, Schwartz's Clinical Handbook of Pediatrics (4th ed.), Philadelphia: Wolters Kluwer/Lippincott Williams & Wilkins, p. 559, ISBN 978-0-7817-7013-2, https://books.google.com/books?id=WM4K-T3fPC8C&q=leukocytosis+neutrophilia+eosinophilia+basophilia+monocytosis+lymphocytosis&pg=PA559 2011年11月12日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af Table 12-6 in: Mitchell, Richard Sheppard; Kumar, Vinay; Abbas, Abul K.; Fausto, Nelson (2007), Robbins Basic Pathology, Philadelphia: Saunders, ISBN 978-1-4160-2973-1  8th edition.
  7. ^ Schwartz, M. William, ed. (2003), “Leukocytosis”, The 5-Minute Pediatric Consult (3rd ed.), Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkins, p. 54, ISBN 0-7817-3539-4, https://books.google.com/books?id=SRi0WnNisW8C&q=leukocytosis+neutrophilia+eosinophilia+basophilia+monocytosis+lymphocytosis&pg=PA54 2011年11月12日閲覧。 
  8. ^ Naeim, Faramarz, ed (2013). Atlas of Hematopathology. Morphology, Immunophenotype, Cytogenetics, and Molecular Approaches. P. Nagesh Rao, Sophie Song and Wayne W. Grody (eds). Academic Press. p. 642. ISBN 978-0-12-385183-3 
  9. ^ Riley LK and Rupert J. Evaluation of Patients with Leukocytosis. 2015 Dec. Am Fam Physician. 1;92(11):1004-11.
  10. ^ Leukocytosis: Basics of Clinical Assessment, American Family Physician. November 2000.
  11. ^ Arbib, Nissim; Aviram, Amir; Gabbay Ben-Ziv, Rinat; Sneh, Orly; Yogev, Yariv; Hadar, Eran (2015-11-23). “The effect of labor and delivery on white blood cell count” (英語). The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine 29 (18): 2904–8. doi:10.3109/14767058.2015.1110572. ISSN 1476-7058. PMID 26493469. 
  12. ^ Specific references are found in article Reference ranges for blood tests#White blood cells 2.
  13. ^ Leukocytosis Treatment & Management”. Medscape. 2021年9月30日閲覧。
  14. ^ Schiffer, Charles. “Hyperleukocytosis and leukostasis in hematologic malignancies”. UpToDate. 2021年9月30日閲覧。

外部リンク編集

分類
外部リソース