日本 > 青森県 > 八戸市 > 白銀町 (八戸市)

白銀町(しろがねまち)とは、青森県八戸市町名である。38の小字がある。郵便番号031-0822。

白銀町
白銀町の位置(青森県内)
白銀町
白銀町
白銀町の位置
北緯40度31分11.87秒 東経141度32分55.97秒 / 北緯40.5199639度 東経141.5488806度 / 40.5199639; 141.5488806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hachinohe, Aomori.svg 八戸市
人口
(2017年(平成29年)4月30日現在)[1]
 • 合計 11,070人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
031-0822
市外局番 0178[2]
ナンバープレート 八戸

地理編集

八戸市東部に位置し、新井田川[要曖昧さ回避]河口の右岸にあたる。内部で白銀を内包し、北に、八戸港、八戸漁港、築港街、東に鮫町、南に大久保白銀台岬台湊高台、西に湊町に接する。地内には、JR東日本八戸線白銀駅が立地する。幹線道路は、八戸階上線青森県道29号八戸環状線が通る。

小字編集

字雷、字姥畑、字姥久保、字大久保道、字大沢片平、字大沢頭、字北側本町、字北外ノ沢、字木戸場、字久保下、字栗沢道、字源治囲内、字小沼、字佐部長根、字沢向、字下タ通、字昭和町、字白浜道、字新九郎蒔目、字洲賀端、字砂森、字田端、字大万堀、字寺ノ後、字中平、字人形沢、字八森、字浜崖、字左岩淵通、字左新井田道、字堀ノ内、字堀ノ外、字右岩淵通、字右新井田道、字三島上、字三島下、字南ケ丘、字左部長根

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)4月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

小字 世帯数 人口
367世帯 778人
姥畑 113世帯 241人
姥久保 158世帯 394人
大久保道 2世帯 4人
大沢片平 106世帯 213人
大沢頭 301世帯 656人
北側本町 2世帯 2人
北外ノ沢 13世帯 38人
木戸場 32世帯 72人
久保下 196世帯 452人
栗沢道 330世帯 810人
源治囲内 17世帯 44人
小沼 239世帯 531人
佐部長根 105世帯 247人
沢向 89世帯 139人
下タ通 7世帯 17人
昭和町 4世帯 6人
白浜道 198世帯 453人
新九郎蒔目 25世帯 57人
洲賀端 50世帯 85人
砂森 182世帯 346人
田端 102世帯 234人
大万堀 6世帯 14人
寺ノ後 32世帯 60人
中平 70世帯 152人
人形沢 100世帯 198人
八森 141世帯 286人
浜崖 106世帯 223人
左岩淵通 213世帯 456人
左新井田道 180世帯 395人
堀ノ内 174世帯 358人
堀ノ外 412世帯 869人
右岩淵通 321世帯 707人
右新井田道 262世帯 548人
三島上 138世帯 289人
三島下 196世帯 396人
南ケ丘 169世帯 300人
5,158世帯 11,070人

歴史編集

1961年(昭和36年)に、地内で放火によって大規模火災に発展し1043戸が全焼した白銀大火が発生した。被災地域は災害復興を目的に土地区画整理事業が行われ近代的な住宅地が形成され、1974年昭和49年)に白銀住居表示で地内から分離した。 地内には、7つの学校と、青森労災病院がある。1952年(昭和27年)以前は、八戸市湊町の一部だった。

沿革編集

三戸郡浜通村時代

  • 江戸時代から明治初年ごろ
    • 八戸藩三戸郡浜通村にあった10の浦(浜)の一地区として成立。浜通村の役所は、湊(現在の湊町)に設置されていたが、湊、白銀浜、鮫湊を合わせて八戸湊・八戸浦と言われていた。
    • 1681年天和元年)、36頭の鯨を捕獲して、解体後に鯨の骨で小川に橋を架けた。
    • 1690年元禄3年)、家数78、他領の持ち家4、猟船数46艇(6人乗り4、5人乗り1、3人乗り2、2人乗り28、半役12)[3]
    • 1769年明和6年)、鰯の〆粕、魚油の生産高は1130俵、315樽[4]
    • 1719年(享保4年)、八戸藩資料の浦数覚の中で、八戸廻りの一つとして「白金」の記述がある。
    • 1770年明和7年)、「湊に大船が入船することが難しいときは、白銀浜が対応して荷物を積むなり」[5]の記録がある。
    • 1826年文政6年)、船着場の防波堤工事がはじまる。
    • 1868年慶応4年)、軍艦孟春が白銀浦で座礁する。

湊村時代

  • 1868年(明治元年)から1929年(昭和4年)
    • 1868年(明治元年) 戸数11。土地の状況は下の下。田は無く、農耕する人4割、漁業する人4割、商漁する人2割だった。(商漁とはイサハと読む。遠方に魚を売りにいく人。現在でも『イサバのカッチャ』=(魚を遠くに売に行く女性)という言葉が残る)
    • 明治時代、地内の東南部に「大久保平」、西端に「浜の平」の2箇所に原野があった[6]
    • 1875年(明治8年)、清水小学校(現八戸市立白銀小学校)が地内の福昌寺内に創立する[7]
    • 1900年(明治33年)三戸郡湊村の小学校内に水産補習学校が付設(県立青森県立八戸水産高等学校の前身)
    • 1909年(明治42年)青森県水産試験場伝習部が開設(現青森県立八戸水産高等学校
    • 1925年(大正14年)、白銀尋常小学校(現八戸市立白銀小学校)が、地内字大久保道(現在地)に移転。校舎が増築される[8]
  • 1929年(昭和4年)地内が八戸市に編入する。

白銀町時代(現在)

地名の由来編集

白銀は、江戸時代の浦名として命名されたと考えられている。藩政時代は「白金」「白金浜」とも言われていた。 文書に初めて登場したのは1617年元和3年)である。盛岡藩主南部利直によって根城南部氏の給所が田名部から八戸に移された際、その時、八戸の浜23箇所のうちに「一、しろかね」の記述が残る[9]

伝説編集

  • 白銀4丁目にある福昌寺と地内にある法官家に義経をかくまったという伝説があり、現在も小字として「源治囲内(げんじかこいない)」が残っている[10]

芸能・民謡編集

  • 芸能:神楽白銀四頭(しとう)権現
  • 民謡:白銀ころばし(白銀ころし)

交通編集

鉄道編集

施設編集

教育編集

病院編集

公園・公民館・社寺編集

  • 白銀緑地
  • 白銀水道公園
  • 三嶋神社
  • 銀浪山福昌寺
  • 清水川観音堂

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 八戸市 (2017年4月30日). “八戸市人口データ(平成29年度)” (日本語). 八戸市. 2017年6月1日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 「さめの記録」
  4. ^ 「八戸勘定所日記」
  5. ^ 本文は、「(湊へ)大船が入りかたきときは白銀浜へかかり荷物積也」「日本汐路之記」
  6. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1985)「角川日本地名大辞典 青森県」角川書店 pp485
  7. ^ 八戸市立白銀小学校HP
  8. ^ 八戸市立白銀小学校HP
  9. ^ 「遠野南部文書」角川日本地名大辞典編纂委員会 (1985)「角川日本地名大辞典 青森県」角川書店 pp485
  10. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1985)「角川日本地名大辞典 青森県」角川書店 pp484

関連項目編集