白須 英子(しらす ひでこ、1935年[1] - )は、翻訳家。1958年日本女子大学文学部英文学科卒業[2]

著書編集

翻訳編集

  • ネイル・フルード 『コンパニオン・コンピュータ-人間に限りなく近づくマシンの未来』 啓学出版, 1987年1月
  • ナイジェル・ニコルソン 『ナポレオン 一八一二年』 中央公論社, 1987年3月/中公文庫, 1990年6月
  • ピーター・パレット 『クラウゼヴィッツ-『戦争論』の誕生』 中央公論社, 1988年12月/中公文庫, 1991年、新版2005年 ISBN 4122046297
  • ロナルド・ルウィン『日本の暗号を解読せよ-日米暗号戦史』 草思社, 1988年12月 ISBN 4794203349
  • マリー・ヴァシルチコフ『ベルリン・ダイアリー-ナチ政権下 1940-45』 中央公論社, 1989年7月 ISBN 4120018393
  • ジョーン・ディディオン『マイアミ-亡命ラテン・エリートのアメリカ』 中央公論社, 1991年2月 ISBN 4120019969
  • H.H.A.クーパー/ローレンス・J.レドリンジャー『防諜と諜報 原則と実践』 心交社, 1991年7月 ISBN 4883020223
  • エンディミヨン・ウィルキンソン 『誤解 日米欧摩擦の解剖学』 中央公論社, 1992年3月 ISBN 4120020894
  • ウォルター・ラカー 『スターリンとは何だったのか』 草思社, 1993年11月 ISBN 4794205244
  • ドミートリー・ヴォルコゴーノフ 『レーニンの秘密』 日本放送出版協会(上・下), 1995年11月
  • マーティン・メイリア 『ソヴィエトの悲劇 ロシアにおける社会主義の歴史 1917~1991』 草思社(上・下), 1997年3月
  • アラン・パーマー 『オスマン帝国衰亡史』 中央公論社, 1998年3月 ISBN 4120027619
  • マーティン・ギルバート 『エルサレムの20世紀』草思社, 1998年9月 ISBN 4794208367
  • ブライアン・モイナハン 『実録ラスプーチン』 草思社(上・下), 2000年4月
  • バーナード・ルイス 『イスラーム世界の二千年-文明の十字路』 草思社, 2001年8月/『中東全史』ちくま学芸文庫, 2020年10月 ISBN 978-4480510013
  • フレッチャー・ジェニス 『情熱のノマド-女性探検家フレイア・スターク』 共同通信社(上・下), 2002年6月 上:ISBN 476410508X、下:ISBN 4764105098
  • ケニーゼ・ムラト 『皇女セルマの遺言』 清流出版(上・下), 2003年6月
  • マシュー・バトルズ『図書館の興亡-古代アレクサンドリアから現代まで』 草思社, 2004年11月 ISBN 4794213530/草思社文庫, 2021年4月 ISBN 978-4794225139
  • レイラ・アーザム・ザンギャネー 編『イラン人は神の国イランをどう考えているか』 草思社, 2007年2月 ISBN 978-4794215642
  • レザー・アスラン『変わるイスラーム-源流・進展・未来』 藤原書店, 2009年3月 ISBN 978-4894346765
  • ウィルフレッド・セシジャー『湿原のアラブ人』白水社, 2009年11月 ISBN 978-4560080276
  • レザー・アスラン『仮想戦争-イスラーム・イスラエル・アメリカの原理主義』 藤原書店, 2010年7月 ISBN 978-4894347526
  • イライザ・グリズウォルド 『北緯10度線-キリスト教とイスラームの「断層」』 白水社, 2011年11月 ISBN 978-4560081822
  • ユージン・ローガン 『アラブ500年史-オスマン帝国支配から「アラブ革命」まで』(上・下)、白水社, 2013年11月 上:ISBN 978-4560083284、下:ISBN 978-4560083291
  • レザー・アスラン『イエス・キリストは実在したのか?』文藝春秋, 2014年7月/文春文庫, 2018年5月 ISBN 978-4167910778
  • ユージン・ローガン『オスマン帝国の崩壊-中東における第一次世界大戦』 白水社, 2017年10月 ISBN 978-4560095669
  • レザー・アスラン『人類はなぜ〈神〉を生み出したのか?』文藝春秋, 2020年2月 ISBN 978-4163911694

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 白須, 英子, 1935- - Web NDL Authorities (国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)、2018年3月16日閲覧。
  2. ^ 『アラブ500年史』翻訳者紹介

外部リンク編集