メインメニューを開く

白馬五竜スキー場(はくばごりゅうスキーじょう)は、長野県北安曇郡白馬村にあるスキー場である。かつて「五竜とおみスキー場」と呼ばれていた。

白馬五竜スキー場
五竜からみた白馬.jpg
所在地 長野県北安曇郡白馬村神城22184番地10
標高 1,676 m / 750 m
(標高差) (926m)
コース面積 70ha
コース数 15本
最長滑走距離 5,000m
最大傾斜 35
索道数 13 本
ウェブサイト www.hakubaescal.com/
山頂付近からの眺め

概要編集

白馬連峰五竜岳の麓にあるゲレンデで、五竜岳や唐松岳の雄大な景色を間近で眺めなら滑走が楽しめるスキー場である。隣のHAKUBA47ウィンタースポーツパークと共通券が発売されており、あわせて広大なエリアと標高差を楽しめるスキー場となる。 日本で初めてゴンドラリフト "五竜テレキャビン" を導入した。

スキー場の構成編集

  • 頂上部にアルプス平ゲレンデがあり、麓にはいいもり・とおみゲレンデがある。
  • アルプス平ゲレンデより、Hakuba47ウィンタースポーツパークに連絡するコースがある。
  • 頂上部と山麓の間に上級者コースがあるため、初級者はゴンドラで下山することもできる。

沿革編集

  • 1950年 - 神城スキー場として創設。
  • 1970年 - 五竜遠見開発株式会社へ移管。
  • 1973年 - ゴンドラ「テレキャビン」を架設。
  • 1982年 - 信州塩嶺高原開発株式会社へ移管。
  • 1990年 - エスカルプラザを開設。
  • 1995年 - ゴンドラリフト「テレキャビン」架け替え工事竣工。
  • 1997年 - 五竜とおみスキー場から白馬五竜スキー場へ改称。
  • 2000年 - サロモンステーションを開設。
  • 2005年 - アルプス平に大展望台を設置。
  • 2006年 - ウォータージャンププールを温水化。
  • 2007年 - とおみスカイフォーリフト架け替え工事竣工。

スキー場内にある店編集

とおみゲレンデの目の前にあるエスカルプラザは地階から3階までの充実した設備を誇る国内を代表するスキー場のベースセンターとなっており、深夜仮眠施設や温泉入浴施設姫川温泉「竜神の湯」、各種ショップなどが充実している。また、関東・関西方面より各種ツアーバスが発着する。

索道編集

白馬五竜スキー場索道一覧
名称 定員 路線長 備考
五竜テレキャビン(ゴンドラ) 8名 2013m Hakuba47ウィンタースポーツパークに接続
とおみスカイフォーリフト 4名 880m とおみゲレンデ、高速リフト
とおみ第1ペアリフト 2名 358m とおみゲレンデ
とおみ第2ペアリフト 2名 745m とおみゲレンデ
いいもり第1高速ペアリフト 2名 537m いいもりゲレンデ、高速リフト
ミルキーフォーリフト 4名 521m いいもりゲレンデ
コスモフォーリフト 4名 934m いいもりゲレンデ、高速リフト
いいもり第6リフト 2名 648m いいもりゲレンデ、A・B線がある(混雑状況によってはどちらか一線だけの運行となる)
アルプス第1ペアリフト 2名 616m アルプス平ゲレンデ
アルプス第2ペアリフト 2名 574m アルプス平ゲレンデ
アルプス第3ペアリフト 2名 672m アルプス平ゲレンデ
アルプス第4ペアリフト 2名 740m アルプス平ゲレンデ

その他編集

  • 桂由美が主宰する恋人の聖地プロジェクトの第1号で、「熱気球ウエディング」、「天空の花園ウエディング」など多彩なウエディングを実施。
  • グリーンシーズンにはアルプス平ゲレンデに高山植物を植栽し、「白馬五竜高山植物園」を開設。
  • 銀色のシーズンのメインロケ地。
  • 雪のコンチェルトのメインロケ地。
  • 長江健次が毎年自身の名を冠したスノーボード4時間耐久レースを開催したこともある。

関連項目編集

外部リンク編集