メインメニューを開く

白鳥 (名古屋市)

名古屋市熱田区の地名

白鳥(しろとり)は、愛知県名古屋市熱田区の町名。現行行政地名は白鳥町と白鳥一丁目から白鳥三丁目。住居表示は白鳥町が未実施、白鳥一丁目から白鳥三丁目が実施済み[WEB 5]

白鳥
白鳥の位置(愛知県内)
白鳥
白鳥
白鳥の位置
白鳥の位置(名古屋市内)
白鳥
白鳥
白鳥の位置
北緯35度7分31.7秒 東経136度54分18.27秒 / 北緯35.125472度 東経136.9050750度 / 35.125472; 136.9050750
日本の旗 日本
都道府県 愛知県の旗 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
熱田区
町名制定 1980年(昭和55年)7月13日
人口
(2018年(平成30年)12月1日現在)[WEB 1]
 • 合計 1,223人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
456-0035[WEB 2]
市外局番 052 (名古屋MA)[WEB 3]
ナンバープレート 名古屋
白鳥町
日本の旗 日本
都道府県 愛知県の旗 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
熱田区
人口
(2018年(平成30年)12月1日現在)[WEB 1]
 • 合計 213人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
456-0048[WEB 4]
市外局番 052 (名古屋MA)[WEB 3]
ナンバープレート 名古屋

目次

地理編集

名古屋市熱田区中央部に位置し[1]、東は神宮一丁目、西は熱田西町、南は田中町須賀町中瀬町神戸町、北は旗屋二丁目・旗屋町に接する。

熱田神宮の西側にある地域で、当地から旗屋にかけて多数の寺社が点在している。

河川編集

歴史編集

愛知郡白鳥町(熱田白鳥町)を前身とする。江戸期は熱田村の一部で、白鳥下町とも呼ばれた。

町名の由来編集

日本武尊が死後白鳥となって当地に飛来しとどまったという伝説による。また、「しろとり(代取)」には水田を構えるという意味があり、そこに日本武尊伝説が結びついたとの説もある[2][3]

沿革編集

白鳥町編集

白鳥一〜三丁目編集

  • 1980年(昭和55年)7月13日 - 熱田区熱田西町・白鳥町・旗屋町の各一部より、同区白鳥一丁目が成立[5]
  • 1981年(昭和56年)9月20日 - 白鳥町・田中町・中瀬町・旗屋町の各一部より白鳥二丁目が、白鳥町・田中町・中瀬町の各一部より白鳥三丁目が成立[5]

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[WEB 1]

白鳥編集

丁目 世帯数 人口
白鳥一丁目 133世帯 276人
白鳥二丁目 287世帯 562人
白鳥三丁目 197世帯 385人
617世帯 1,223人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 1,460人 [WEB 6]
2000年(平成12年) 1,382人 [WEB 7]
2005年(平成17年) 1,275人 [WEB 8]
2010年(平成22年) 1,311人 [WEB 9]
2015年(平成27年) 1,255人 [WEB 10]

白鳥町編集

町丁 世帯数 人口
白鳥町 91世帯 213人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 53人 [WEB 6]
2000年(平成12年) 209人 [WEB 7]
2005年(平成17年) 196人 [WEB 8]
2010年(平成22年) 256人 [WEB 9]
2015年(平成27年) 235人 [WEB 10]

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[WEB 11]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[WEB 12]

町丁・丁目 番・番地等 小学校 中学校 高等学校
白鳥町 全域 名古屋市立白鳥小学校 名古屋市立宮中学校 尾張学区
白鳥一丁目 全域
白鳥二丁目 全域
白鳥三丁目 全域

施設編集

 
略地図
1
名古屋市立白鳥小学校
2
名古屋市立宮中学校
3
白鳥幼稚園・妙覚寺
4
名古屋市上下水道局中島ポンプ所
5
法持寺
6
梅萼院
7
誓願寺
8
成福寺
9
滝之寺
10
本遠寺
13
藤江寺
14
清雲寺
15
西福寺
16
松屋院

史跡編集

 
白鳥古墳
  • 白鳥古墳
    • 宮中学校の北隣にあり、日本武尊の陵との伝承がある[3]

交通編集

 
熱田神宮南交差点にある国道19号・22号起点の標識

その他編集

日本郵便編集

  • 集配担当する郵便局は以下の通りである[WEB 13]
町丁 郵便番号 郵便局
白鳥 456-0035[WEB 2] 熱田郵便局
白鳥町 456-0048[WEB 4]

脚注編集

[ヘルプ]

WEB編集

  1. ^ a b c 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2018年12月20日). 2019年1月6日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ a b 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ 熱田区の町名”. 名古屋市 (2015年10月21日). 2019年1月12日閲覧。
  6. ^ a b 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  7. ^ a b 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  8. ^ a b 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  9. ^ a b 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  10. ^ a b 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  11. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  12. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  13. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)

書籍編集

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5
  • 『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年。全国書誌番号:93012879

関連項目編集

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、白鳥 (名古屋市)に関するカテゴリがあります。