白鳩 (インターネット通販)

株式会社白鳩(しろはと : Shirohato Co.,Ltd.[3])は、京都府京都市伏見区にある、下着専門の通信販売会社である。

株式会社白鳩
Shirohato Co.,Ltd.
白鳩本社.jpg
白鳩本社
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
東証スタンダード 3192
2014年4月23日上場
本社所在地 日本の旗 日本
612-8418
京都府京都市伏見区竹田向代町22番地
北緯34度57分49.9秒 東経135度45分14.9秒 / 北緯34.963861度 東経135.754139度 / 34.963861; 135.754139座標: 北緯34度57分49.9秒 東経135度45分14.9秒 / 北緯34.963861度 東経135.754139度 / 34.963861; 135.754139
設立 1974年8月20日
業種 小売業
法人番号 2130001014736 ウィキデータを編集
事業内容 インターネット通信販売事業
代表者 代表取締役社長 服部理基
資本金 11億9665万4000円
(2021年2月28日現在)[2]
発行済株式総数 666万9700株
(2021年2月28日現在)[2]
売上高 単独: 56億9400万8000円
(2021年2月期)[2]
営業利益 単独: △1億7233万8000円
(2021年2月期)[2]
経常利益 単独: △2億1053万0000円
(2021年2月期)[2]
純利益 単独: △2億8729万9000円
(2021年2月期)[2]
純資産 単独: 23億5913万8000円
(2021年2月28日現在)[2]
総資産 単独: 72億3453万3000円
(2021年2月28日現在)[2]
従業員数 単独: 92(82)人(就業人員、括弧内は臨時雇用者数の年間平均人員)
(2021年2月28日現在)[2]
決算期 2月末日
会計監査人 PwC京都監査法人[2]
主要株主 小田急電鉄株式会社 40.16%
池上勝 8.19%
池上正 7.72%
伊藤真吾 5.01%
株式会社アイティフォー 3.00%
弘田敬子 2.08%
弘田了 2.08%
京都中央信用金庫 1.66%
イシザカトシユキ 1.43%
冨田紀之 1.05%
(2021年2月28日現在)[2]
外部リンク www.shirohato.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

会社概要編集

インナーウェアのEコマース(インターネット通販)事業を展開している。取扱いアイテム数は、レディース、メンズ合計で約10,000品番以上。取扱いブランド数においても、国内と海外を含め175ブランドをラインアップしている。

新経済連盟に加盟している。

主な仕入取引先編集

株式会社ワコールグンゼ株式会社、トリンプインターナショナルジャパン株式会社、株式会社マッシュスタイルラボ、岡本株式会社、アツギ株式会社 他162社

沿革編集

  • 1974年(昭和49年)8月 - 現代表取締役会長 池上 勝が衣料品等の販売を目的とし、株式会社白鳩を設立
  • 1976年(昭和51年)3月 - 靴下の通信販売を開始
  • 1984年(昭和59年)3月 - 実店舗 アバンティ店(京都アバンティ)開店
  • 1995年(平成7年)10月 - 自社サイトにてインターネット通信販売開始
  • 1999年(平成11年)11月 - インターネットショッピングモール 楽天市場レディース店出店
  • 2004年(平成16年)12月 - インターネットショッピングモール 楽天市場「メンズインナーADIEU」出店
  • 2005年(平成17年)3月 - 携帯公式サイト開設
  • 2005年(平成17年)3月 - インターネットショッピングモールYahoo!ショッピング出店
  • 2006年(平成18年)6月 - インターネットショッピングモール「ビッターズ」(現:Wowma!/旧DeNAショッピング)出店
  • 2009年(平成21年)8月 - オンライン通販サイト「Amazon.co.jp」 出店
  • 2009年(平成23年)11月 - 京都市伏見区竹田向代町21に本社及び商品配送センターを移転。
  • 2012年(平成24年)8月 - スマートフォン公式サイト開設
  • 2012年(平成24年)10月 - インターネットショッピングモール「Rakuten BELANJA ONLINE」(インドネシア)出店
  • 2013年(平成25年)6月 - インターネットショッピングモール Qoo10出店
  • 2013年(平成25年)7月 - インターネットショッピングモール「天猫国際」(Tmall.hk)(中国)出店
  • 2014年(平成26年)2月 - インターネットショッピングモール「Rakuten.com.sg」(シンガポール)出店
  • 2014年(平成26年)2月 - グローバル公式サイト開設
  • 2014年(平成26年)4月23日 - 東京証券取引所JASDAQ市場へ上場
  • 2014年(平成26年)9月3日 - インターネットショッピングモールQoo10(シンガポール店)出店
  • 2016年(平成28年)10月31日 - 小田急電鉄株式会社と資本業務提携契約を締結[4]
  • 2016年(平成28年)11月18日 - 小田急電鉄株式会社が第三者割当増資の引受と市場からの株式取得で、議決権所有割合20.21%の株式を取得し、その他の関係会社となる[5][注釈 1]
  • 2017年(平成29年)6月 - インターネットショッピングモール 「ポンパレモール」出店
  • 2017年(平成29年)11月28日 - 池上 勝 代表取締役会長に就任、池上 正 代表取締役社長に就任
  • 2018年(平成30年)10月11日 - インターネットショッピングモール 「LOHACO」出店
  • 2018年(平成30年)11月8日 - オリジナルルームウェアブランド「blooming FLORA」がインターネットショッピングモール 「ZOZOTOWN」出店
  • 2019年(平成31年)3月1日 - 東京営業所を開設(株式会社白鳩 ラヴィアドゥ事業部)
  • 2020年(令和2年)3月19日 - 池上 勝 代表取締役会長兼社長に就任
  • 2020年(令和2年)8月20日 - 京都市伏見区竹田向代町22に本社及び商品配送センターを移転。
  • 2021年(令和3年)4月1日 - 池上 勝 代表取締役会長に就任、服部 理基 代表取締役社長に就任

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 翌事業年度(2017年9月1日-2019年8月31日)に係る有価証券報告書においては、小田急電鉄株式会社の地位は議決権所有割合40.28%により「親会社」に変わっている[6]。2021年2月28日が期末である有価証券報告書においても、その議決権所有割合は40.17%であり、支配力基準により同社は引き続き「親会社」となっている[7]

出典編集

外部リンク編集