百村(もむら)は、東京都稲城市町名である。郵便番号は206-0804[2]

百村
百村の位置(多摩地域内)
百村
百村
百村の位置
北緯35度38分15.9秒 東経139度29分54.3秒 / 北緯35.637750度 東経139.498417度 / 35.637750; 139.498417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Inagi, Tokyo.svg 稲城市
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 5,163人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
206-0804[2]
市外局番 042[3]
ナンバープレート 多摩
※座標は稲城中央橋交差点

地理編集

百村は、周辺である北に向陽台や大丸、西に長峰坂浜、東や南に東長沼と接する。真中を通る京王相模原線や三沢川を跨ぐ形で広い面積を有し、北端は台上に、南端は多摩丘陵上に位置する。また西の長峰方の先に当町の飛び地が存在する。向陽台や長峰などと共に、当町は多摩ニュータウンの区域として構成している。 googleマップ 稲城市百村

歴史編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
百村 2,324世帯 5,163人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

番地 小学校 中学校
5〜60番地、67~98番地、103~104番地、116番地
493~546番地、591~620番地、1033番地、1038番地
1042~1043番地、1053~1064番地、1065~1068番地
1070番地、1072番地、1119~1125番地、1187~1238番地
1240~1396番地、1399~1407番地、1418~1419番地
1441番地、1449~1453番地、1468~1469番地
1472~1519番地、1522~1539番地、1551~1555番地
1583~1591番地、1601~1603番地、1605~1608番地
1610番地、1613~1617番地
稲城市立稲城第三小学校 稲城市立稲城第一中学校
1464番地、1466~1467番地、1520番地、1540~1545番地
1558番地、1581番地、1618~1630番地
稲城市立南山小学校
105番地、111~112番地、115番地、119~120番地
122~131番地、134~138番地、144~146番地
148~156番地、158~224番地、229~234番地
240~252番地、254~258番地、263~268番地
271~272番地、1065番地、1067~1069番地
1071~1072番地、1127~1142番地、1144~1149番地
1151~1174番地、1176~1186番地、1239番地、1604番地
2102番地、2104~2129番地、3204~3211番地
稲城市立向陽台小学校 稲城市立稲城第五中学校

交通編集

道路編集

  • 東京都道19号町田調布線 - 現道である鶴川街道側と南多摩尾根幹線側が共に当町を通り抜ける。
  • 稲城市道 - 当町内に位置する市道路名称として以下が存在する[5]
    • 向陽台・公園通り - 稲城駅から当町を通り向陽台地区へ向かう道路。都道19号の鶴川街道とは稲城中央橋交差点で、尾根幹線とは堅谷戸大橋交差点で、いずれも当町内で交差する。
    • 松の台通り

鉄道編集

  • 京王相模原線稲城駅 - 当町からの最寄り駅であり、同駅の西端(若葉台駅方面)寄りは当町の一部分に差し掛かっている(同駅の正式な所在地は隣の東長沼である)。
  • またJR武蔵野線の貨物線(武蔵野南線)も当町を京王線と平面交差しながら通りかかるが、旅客駅としては存在しない。

バス編集

教育編集

河川編集

施設など編集

脚注編集

  1. ^ a b 人口及び世帯数集計表”. 稲城市 (2017年12月1日). 2018年1月9日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月9日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月9日閲覧。
  4. ^ 稲城市立学校の通学区域”. 稲城市 (2017年3月31日). 2018年1月9日閲覧。
  5. ^ 稲城市道路名称位置図(PDF)”2017年2月16日閲覧
  6. ^ i(あい)バス. 稲城市
  7. ^ 中学校通学区域表(PDF)”2017年2月16日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集