メインメニューを開く

百済王 善光(くだらのこにきし ぜんこう)は、飛鳥時代百済王族。名は扶余勇・禅広余禅広など複数が確認されている。百済の第31代国王・義慈王の子。冠位は正広肆、贈正広参。

 
百済王善光
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 持統天皇7年(693年)正月
別名 扶余勇、禅広王、余禅広
官位 正広肆、贈正広参
主君 舒明天皇皇極天皇孝徳天皇斉明天皇天智天皇天武天皇持統天皇
氏族 百済王氏
父母 父:義慈王
兄弟 孝、泰、隆、演、扶余豊璋
昌成
テンプレートを表示

目次

経歴編集

舒明朝に百済国王・義慈王によって兄・豊璋と共に百済から人質に出され宮家に近侍した。その後、斉明天皇6年(660年)の百済の滅亡や、天智天皇元年(662年)の豊璋の百済帰国、天智天皇2年(663年)の白村江の戦いなどがあったが、善光は帰国せず日本に留まる[1]。白村江の戦いにより帰国が不可能となった善光は、天智天皇3年(664年)居住地を難波に定められた[2]

天武天皇4年(675年元旦の儀では新羅の仕丁らと並んで薬・珍物を献上した[3]朱鳥元年(686年)天武天皇の葬儀において、孫の良虞が善光の代理としてを宣べている[4]

持統朝に入ると百済王氏姓を与えられると共に[1]、持統天皇5年(691年)までに正広肆(のちの三位相当)の冠位を受けており[5]、日本において廷臣化し、既存の主要豪族並の待遇を受けていた様子が見られる。なお同年には加封100戸を受け既存分と合わせて封戸200戸を与えられた[6]。持統天皇7年(693年)正月に正広参の贈位と賻物を受けており[7]、この少し前に没したと思われる。

系譜編集

  • 父:義慈王[1]
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:百済王昌成(?-674)[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『続日本紀』天平神護2年6月28日条
  2. ^ 『日本書紀』天智天皇3年3月条
  3. ^ 『日本書紀』天武天皇4年正月1日条
  4. ^ 『日本書紀』朱鳥元年9月30日条
  5. ^ 『日本書紀』持統天皇5年正月7日条
  6. ^ 『日本書紀』持統天皇5年正月13日条
  7. ^ 『日本書紀』持統天皇7年正月15日条

参考文献編集