百済王 忠宗(くだらのこにきし ちゅうそう)は、平安時代初期の貴族散位頭百済王利善の子[1]位階従四位上

 
百済王忠宗
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 天長7年5月18日830年6月12日
官位 従四位上
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇淳和天皇
氏族 百済王氏
父母 父:百済王利善
兄弟 忠信、忠宗
テンプレートを表示

経歴編集

桓武朝にて従五位下叙爵後、延暦23年(804年伊予介に任ぜられる。

平城朝での動静は不明だが、嵯峨朝に入ると少納言左兵衛佐に任ぜられる一方で、弘仁4年(813年)従五位上、弘仁5年(814年正五位下と昇進した。

淳和朝天長6年(829年)従四位上に至るが、翌天長7年(830年)5月18日卒去。最終位階は従四位上。

官歴編集

日本後紀』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 栗原信充考訂『百済王三松氏系図』

参考文献編集