百済王遠宝
時代 飛鳥時代 - 奈良時代
生誕 不明
死没 天平6年3月11日734年4月18日
官位 従四位下左衛士督
主君 持統天皇文武天皇元明天皇
氏族 百済王氏
父母 父:百済王昌成
兄弟 郎虞南典遠宝
慈敬
テンプレートを表示

百済王 遠宝(くだらのこにきし えんぽう)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族小紫・百済王昌成の子。官位従四位下左衛士督

経歴編集

持統天皇5年(691年)祖父・百済王善光、兄の郎虞南典ら一族と共に賑わしくする物を賜与された(この時の冠位は直大肆)[1]

文武天皇4年(700年常陸守和銅元年(708年)左衛士督を歴任し、和銅6年(713年)従四位下に至る。天平6年(734年)3月11日卒去。最終官位は散位従四位下。

官歴編集

『六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『日本書紀』持統5年正月7日条
  2. ^ a b c d 栗原信充考訂『百済王三松氏系図』

参考文献編集