メインメニューを開く

百済語(くだらご)は朝鮮半島百済国(紀元前18年-紀元660年)に話されていた言語である。百済の王族は高句麗から出ているため、彼らは扶余系高句麗語を話していたと考えられる(扶余系百済語)。一方百済の民衆は三韓の言葉(韓系諸語)を話していた(韓系百済語)が、どの言語に属すかなどについては不明である。

扶余系百済語
話される国 百済
地域 朝鮮半島
消滅時期 7–10世紀
言語系統
扶余語族
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 xpp
Linguist List xpp
Glottolog なし
テンプレートを表示
韓系百済語
古百済語
話される国 百済
地域 朝鮮半島
消滅時期 7–10世紀
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 pkc
  pkc
Glottolog paek1234[2]
テンプレートを表示
Three Kingdoms of Korea Map.png

詳細編集

百済の言語についてはじめて記した史書は『梁書』である。

今言語服章略與高麗同

つまり言語や服装などが高句麗とおおよそ同じだと記している。なお新羅の言語は音節が通常子音で終わる閉音節なのに対して、高句麗と百済そして倭では母音で終わる開音節だったと考えられている[3]

魏書』も『梁書』の記述を踏襲したが、『周書』は、百済王の姓は夫余で、自ら「於羅瑕」と称していたこと、一方民衆はこれを「吉支」と呼んでおり、どちらも王の意味だということを特記している。

魏延興二年 其王餘慶始遣其冠軍將軍馬都尉弗斯侯 長史餘禮 龍驤將軍帶方太守司馬張茂等上表自通 云 臣與高麗 源出夫餘 先世之時 篤崇舊款 其祖 輕廢鄰好 親率士衆 陵踐臣境 臣祖須 整旅電邁 應機馳撃 矢石暫交 梟斬首 自爾以來 莫敢南顧


読み下し:
魏の延興二年(=472年)、その王余慶、その冠軍将軍馬都尉の弗斯侯、長史の余礼、龍驤将軍帯方太守の司馬張茂らを遣わし始め、上表して自ら通ず。云(いは)く、「臣と高麗、扶余に源(みなもと)を出し、先世の時、篤く旧款(きゅうかん、=古くから通じてきたよしみ)を崇(たっと)ぶ。その祖、( =故国原王)、隣好(りんこう、=隣国の友好)を軽廃(けいはい、=軽んじて止めてしまう)し、親(みずか)ら士衆を率ゐ、臣境(しんきょう、=我が国の領内)を陵践(りょうせん、=侵し踏みにじる)す。臣の祖、須(=近肖古王の子・近仇首王)、旅を整へ、電邁(でんまい、=勇み行く)し、機に応じて馳せ撃ち、矢石を暫(しば)し交(まじ)へ、の首を梟(さら)し斬る。爾自以來(それよりこのかた)、敢えて南を顧みること莫(な)し。

— 『北史』列傳第八十二(百濟傳)

 

「臣と高句麗は扶余に源を出す」、すなわち百済と高句麗は同族だと考えられていたのである。

李基文朝鮮語版は、この呼称の違いは王族をはじめとする支配層と民衆を中心とする被支配層とで言語が異なる二重言語国家だったことを示すものであり、この二重言語状態は高句麗と同じ夫余系言語を話す人々が韓系の言語を話す馬韓の住民を征服したことによって生じたと推定した。この推定に基づけば、『周書』以前の史書が百済の言語を高句麗とほぼ同じと記したのは、支配層の言語である夫余系百済語の方に注目したためであるということになる[4]

単語編集

表記 中期朝鮮語 意味
斯馬 셤〯 (sjə̌m)
古麻 곰〯 (kǒm)
셓〯 (sə̀íh) 三つ
難隱 닐굽〮 (nìrkúp) 七つ
엻〮 (jə̌rh) とお

日本語との関係編集

近年において、韓国の金容雲らによって日本語は百済語が起源であるという説が提唱されている[要出典]

注・出典編集

  1. ^ http://linguistics.byu.edu/classes/Ling450ch/reports/korean.html
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Paekche”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/paek1234. 
  3. ^ 犬飼隆「古代の言葉から探る文字の道」『古代日本 文字の来た道』大修館書店,2005年,PP.74-77 ISBN 4469290890
  4. ^ 李基文(1972) “國語音韻史研究”,國語學叢書3,塔出版社