百瀬孝

百瀬 孝(ももせ たかし、1938年 - )は、日本の福祉学歴史学者。

栃木県生まれ。1962年東京大学教育学部教育学科卒業、八幡製鐵(現新日本製鐵)株式會社入社、1994年退職。仙台大学教授、群馬医療福祉大学教授、早稲田大学現代政治経済研究所特別研究員を歴任。[1]

著書編集

  • 『事典昭和戦前期の日本 制度と実態』吉川弘文館 1990
  • 『事典昭和戦後期の日本 占領と改革』吉川弘文館 1995
  • 『日本福祉制度史 古代から現代まで』ミネルヴァ書房 Minerva福祉ライブラリー 1997
  • 『日本老人福祉史』中央法規出版 1997
  • 内務省 名門官庁はなぜ解体されたか』PHP新書 2001
  • 『「社会福祉」の成立 解釈の変遷と定着過程』ミネルヴァ書房 Minerva社会福祉叢書 2002
  • 『緊急生活援護事業の研究 1945~46』私家版、2006
  • 『史料検証日本の領土』伊藤隆監修 河出書房新社 2010

共編著・監修編集

  • 『介護支援サービスと介護保険』和田謙一郎共編著 建帛社 1999
  • 『ケアマネジメント 社会資源の活用と介護支援サービス』和田謙一郎共編著 秋山美栄子,川口龍哉,武田聡子,西岡修,西口宏美,守本友美,吉永美佐子,梓川一,北見美智子共著 建帛社 2002
  • 『戦後の日本を知っていますか? 占領軍の日本支配と教化』監修 昭和研究グループ著 はまの出版 2007
  • 『戦前の日本を知っていますか? しくみから読み解く昔の日本』監修 昭和研究グループ著 はまの出版 2007
  • 『戦前期領土問題資料集』全5巻 編 クレス出版 2013

編集

  1. ^ 『史料検証日本の領土』著者紹介