百里ヶ岳

百里ヶ岳
Mt.Hyakuri
百里ヶ岳 (京都府、福井県の府県境から)
標高 931.3 m
所在地 日本の旗 日本
滋賀県高島市
福井県小浜市
位置 北緯35度23分30秒
東経135度48分36秒
座標: 北緯35度23分30秒 東経135度48分36秒
山系 丹波高地
百里ヶ岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

百里ヶ岳(ひゃくりがだけ)は、滋賀県高島市福井県小浜市の境に所在する標高931.3mの山。

目次

概要編集

滋賀県と福井県の県境に所在する。かつての近江国若狭国境にあたる。百里ヶ岳を含む国境尾根は中央分水嶺に属し、日本海側に北川水系遠敷川琵琶湖淀川水系安曇川の支流が流れる。

小浜市の最高峰であり、山頂には一等三角点が所在する。小浜市側からは多田ヶ岳に遮られ山頂部は若狭幹線林道や多田ヶ岳からしか望めない。滋賀県側からは雄大な山容が望める。

関西百名山の一座であるとともに、尾根は高島トレイルのコースにあたる。

また、山麓の福井県小浜市上根来地域は林野庁より「上根来水源の森」 として水源の森百選に選定されている。[1]

この付近は海抜600〜800mの壮年期山地で、深い渓谷を形成している。地質は中生層からなり、主として頁岩緑色片岩チャートを伴っている。

由来編集

山頂に立てば百四方が見渡せるとの由来から名がついた。[2]

根来坂編集

この山の南側には根来坂という昔の若狭越えの重要な峠道が通っている。金ヶ崎の戦い朝倉義景に敗れ、退散する織田軍および後備を守った羽柴秀吉徳川家康が、この根来坂を越えて京都へ帰陣したと伝えられる。[3]

また、その後はなどの若狭の魚を京都へ運ぶために使われており、鯖街道の1つとされている。山頂の北側には、木地山峠が通っている

現在は小浜市上根来〜滋賀県高島市小入谷まで林道が完成している。

登山道編集

  • 高島トレイルにて三国岳および若狭駒ヶ岳に縦走できる。
  • 福井県から木地山峠を超えるルートがあり山頂から根来坂を超え鯖街道を伝う周遊ルートがある。
  • 滋賀県から百里新道が整備されている。
  • 一般的には林道で根来峠まで車で行き、根来坂から山頂を往復するコースが人気がある。

自然編集

山頂付近には、数十haにわたり原生的な胸高直径80cm 以上のブナの高木林が見られイヌワシニホンカモシカなどの天然記念物をはじめ、県の鳥獣保護区となっている。北側の山腹にホンシャクナゲの群落がみられ、県の天然記念物にも指定されている。高木層にはミズナライタヤカエデウリハダカエデ等を形成し、中低木層にはヒナウチワカエデリョウブリョウブなどが目立ち、草本層にはチシマザサオオカメノキ、ヤマソテツツルシキミウリハダカエデイワガラミなどが主に生育している。

周辺の山等編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 水源の森百選・上根来水源の森
  2. ^ 「ここで言う百里とは中国の中国では、1里=(1/2)km=500mを指す、「福井の山150」ISBN 978488848105-2
  3. ^ 朽木村史

参考文献編集

  • 「滋賀県の山」山と渓谷社; 改訂版版 (2010/4/26)
  • 「近江湖西の山を歩く」ナカニシヤ出版 ISBN 488848883-5
  • 『新・分県登山ガイド(改訂版) 福井県の山』山と渓谷社、ISBN 978-4-635-02369-6

関連項目編集

外部リンク編集