百鬼夜行

百鬼から転送)
河鍋暁斎による肉筆画。百鬼夜行絵巻に登場している妖怪たちを題材としている。

百鬼夜行(ひゃっきやぎょう、ひゃっきやこう)とは、日本の説話などに登場する深夜に徘徊をする妖怪の群れ、および、彼らの行進である。

目次

概要編集

鬼や妖怪などが群れ歩いているとされており、「百鬼夜行に遭った」という表現などがとられることもある。経文を唱えることにより難を逃れた話や、読経しているうちに朝日が昇ったところでたちが逃げたり、いなくなったりする話が一般的で、功徳を説く説話でもある。平安時代から室町時代にかけ、おもに説話に登場しており、多くの人数が音をたてながら火をともしてくる様子、さまざまな姿かたちの鬼が歩いている様子などが描写されており、これに遭遇することが恐れられていた[1]

口遊』(10世紀)や鎌倉時代から室町時代にかけて編まれた類書のひとつ『拾芥抄』には、のうえで百鬼夜行が出現する「百鬼夜行日」であるとして以下の日が挙げられており、「子子午午巳巳戌戌未未辰辰」と各月における該当日の十二支が示されている。

1月・2月 - 子(ね)日
3月・4月 - 午(うま)日
5月・6月 - 巳(み)日
7月・8月 - 戌(いぬ)日
9月・10月 - 未(ひつじ)日
11月・12月 - 辰(たつ)日

百鬼夜行に出遭うと死んでしまうといわれていたため、これらの日に貴族などは夜の外出を控えたといわれている。また「カタシハヤ、エカセニクリニ、タメルサケ、テエヒ、アシエヒ、ワレシコニケリ」と呪文を唱えると、百鬼夜行の害を避けられるという[2]。『口遊』や『袋草紙』(12世紀)などでも既に同様の歌は記されており「かたしはや えかせせくりに くめるさけ てえひあしえひ われえひにけり」などとある。これらは「自分はに酔った者である」(手酔い足酔いわれ酔いにけり)といった内容を詠み込んでいる歌である。また山脇道円『増補下学集』など、百鬼夜行日は節分(現在の太陽暦でいえば大晦日)であると記している文献も存在する[3][4]

百鬼夜行の登場する説話編集

日本の説話集などに記述がみられる。以下はそのうちの主だったものである。


また、昔話としても知られているこぶとりじいさんの話に登場する鬼たちも、『宇治拾遺物語』[5]では様々な様相の鬼たち百人ばかりが火をともしてがやがやと出現する場面が描写されている。

慣用句編集

鬼や妖怪の徘徊することを示すことから、転じて「多くの人間があやしいおこないをしているさま」を「百鬼夜行」と表現したりもする。

百鬼夜行を題した主な作品編集

 
大徳寺真珠庵所蔵『百鬼夜行絵巻』 作者不詳(室町時代)
  • 百鬼夜行絵巻(室町時代~)
    • 妖怪などが多く描かれている様子を題材とした絵巻物の総称で、妖怪絵巻の一つの典型。描かれている内容は各作品によって多少の差異がある場合もある。百鬼夜行図百鬼図などとも。行列のように登場することから「百鬼夜行」の語が題として冠されている。詳細は同項目を参照。
  • 付喪神絵巻(室町時代~)


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 田中貴子 『百鬼夜行の見える都市』 新曜社、1994年、43-53頁。ISBN 4-7885-0480-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』毎日新聞社、2000年、288-289頁。ISBN 4-620-31428-5
  3. ^ 田中貴子 『百鬼夜行の見える都市』 新曜社、1994年、100-104頁。ISBN 4-7885-0480-4
  4. ^ 『続群書類従』 第32輯上 雑部 続群書類従完成会 1926年 63頁(夜行途中歌)75頁(百鬼夜行日)
  5. ^ 渡辺綱也 校訂『宇治拾遺物語』上 岩波文庫 1951年 21-25頁 「鬼に癭(こぶ)とらるる事」

関連項目編集