メインメニューを開く

的場 昭弘(まとば あきひろ、1952年10月25日[1] - )は、日本経済学者社会思想史専攻)。神奈川大学経済学部定員外[要出典]教授。元神奈川大学図書館長。元アソシエ21事務局長。

経歴編集

宮崎県宮崎市生まれ[1]1984年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程満期退学。1988年、『トリーアの社会史 カール・マルクスとその背景』で慶大経済学博士1984年一橋大学社会科学古典資料センター助手。1987年東京造形大学助教授。1991年神奈川大学短期大学部助教授。1994年、教授。2000年、短大廃止で経済学部教授。

新MEGA(『新マルクス・エンゲルス全集』 Zweite Marx-Engels-Gesamtausgabe の略称。現在、国際マルクス=エンゲルス財団により編集・刊行作業が進められている)の編集作業に携わる。新MEGA編集の第4部第29巻をベルリンモスクワアムステルダムの編集者たちと共に担当する日本編集委員会・歴史グループ代表。

学生時代編集

大学3年時に遊部久蔵ゼミに入る。ゼミでは『経済学批判』の輪読が行われた。この頃、ドイツ語の『マルクス・エンゲルス全集(通称:Werke)』を全巻購入する。卒論のテーマは「ソ連における一九六五年の経済改革」であった。大学院には経済理論専攻で入学し、飯田裕康のゼミに入る。修士課程2年目に、エルネスト・マンデルの『後期資本主義』を飯田と共に翻訳する。修士論文は『ソヴィエトにおける信用・貨幣制度』である。博士課程4年目の1981年ザグレブ大学に留学する。そこで、マルクスとトリーアの関係を調べる。現在、東京中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋は大学時代に同じマルクス経済学のゼミで学んだ同窓生。

著書編集

  • 『トリーアの社会史——カール・マルクスとその背景』(未來社1986年
  • 『「フォアヴェルツ」とドイツ人亡命者達——パリのマルクスに関連して』(一橋大学社会科学古典資料センター、1987年
  • 『パリの中のマルクス——1840年代のマルクスとパリ』(御茶の水書房1995年
  • 『フランスの中のドイツ人——1848年革命前後の移民、亡命者、遍歴職人と社会主義運動』(御茶の水書房、1995年
  • 『ポスト現代のマルクス——マルクス像の再構成をめぐって』(御茶の水書房、2001年
  • 『未完のマルクス——全集プロジェクトと20世紀』(平凡社選書2002年
  • 『マルクスだったらこう考える』(光文社新書2004年
  • 『マルクスを再読する——「帝国」とどう戦うか』(五月書房、2005年
  • 『近代と反近代との相克——社会思想史入門』(御茶の水書房、2006年
  • 『マルクスに誘われて——みずみずしい思想を追う』(亜紀書房、2006年)
  • 『ネオ共産主義論』(光文社新書、2006年)
  • 『超訳『資本論』』全三巻(祥伝社新書、2008 - 2009年)
  • 『もうひとつの世界がやってくる——危機の時代に新しい可能性を見る』(世界書院2009年
  • 『とっさのマルクス——あなたを守る名言集』(幻冬舎、2009年)
  • 一週間de資本論』(日本放送出版協会2010年
  • 『待ち望む力——ブロッホ、スピノザ、ヴェイユ、アーレント、マルクスが語る希望』(晶文社、2013年)
  • 『マルクスとともに資本主義の終わりを考える』(亜紀書房、2014年)
  • 『大学生に語る 資本主義の200年』(祥伝社新書、2015年)
  • 『「革命」再考——資本主義後の世界を想う』(角川新書、2017年)
  • 『最強の思考法 「抽象化する力」の講義』(日本実業出版社、2018年)
  • 『カール・マルクス入門』(作品社、2018年)

共編著編集

翻訳編集

  • エルネスト・マンデル『後期資本主義』(共訳:飯田裕康、柘植書房、1980年 - 1981年)
  • ベルナール・ストロフ『建築家ルドゥー』(共訳:多木浩二、青土社、1996年)
  • ローズマリー・アシュトン『ロンドンのドイツ人——ヴィクトリア期の英国におけるドイツ人亡命者たち』(共訳:大島幸治、御茶の水書房、2001年) ※監訳
  • イシュトヴァン・メーサロシュ『社会主義か野蛮か——アメリカの世紀から岐路へ』(共訳:志村建福田光弘鈴木正彦、こぶし書房、2004年) ※監訳
  • 『新訳 共産党宣言 初版ブルクハルト版(1848)』(作品社、2010年、新装版:2018年)
  • 『新訳 初期マルクス』(作品社、2012年)
  • ジャック・アタリ『世界精神マルクス』(藤原書店、2014年)
  • ジャック・アタリ『ユダヤ人、世界と貨幣——一神教と経済の4000年史』(作品社、2015年)

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.344