メインメニューを開く
皆楽座(各務原市鵜沼羽場町)

皆楽座(かいらくざ)は、岐阜県各務原市にある芝居小屋。

目次

概要編集

中山道鵜沼宿近くの津島神社(各務原市鵜沼羽場町)の境内にある。芝居歌舞伎)小屋であるが、津島神社の拝殿を兼ねているため、本殿に向かって正面にある。同じ各務原市にある村国座とは異なり、奉納歌舞伎や子供歌舞伎は行われていない。現在はサークル活動、ミニコンサートなどのイベント会場として利用されている。

構造は、2階建ての白壁の切妻造である。小規模な芝居小屋とはいえ、回り舞台、囃子座仮、楽屋奈落を備えている。桟敷席などの客席は設けられていない。これは拝殿を兼ねているためである。

各務原市の重要有形民俗文化財に指定されている[1]。また、2006年(平成18年)には国の登録有形文化財に登録されている[2]

歴史編集


所在地編集

岐阜県の芝居小屋編集

岐阜県は地芝居が盛んな地域であり、江戸時代から昭和時代に建設された木造芝居小屋が残っている。主な芝居小屋は以下のとおりである。

脚注編集