皆瀬村 (長崎県)

日本の長崎県北松浦郡にあった村

皆瀬村(かいぜむら)は、長崎県北松浦郡にあった村。戦時合併に伴い、他町村とともに佐世保市へ編入された。

かいぜむら
皆瀬村
廃止日 1942年5月27日
廃止理由 編入合併
東彼杵郡早岐町北松浦郡大野町中里村皆瀬村佐世保市
現在の自治体 佐世保市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
北松浦郡
総人口 3,107
(角川日本地名大辞典42 長崎県 3107ページ、1935年)
隣接自治体 北松浦郡佐々町吉井村世知原町大野町中里村
皆瀬村役場
所在地 長崎県北松浦郡皆瀬村浪瀬免字西之原
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

現在の中里皆瀬地区の北東部にあたる。

地理編集

北松浦半島の南部内陸部、相浦川の中流域に位置する。

  • 山:五蔵岳、江里峠[1]
  • 河川:相浦川、小川内川
  • 溜池:岡本貯水池、菰田貯水池(菰田ダム)、大里見池、才牟田池、動石池

沿革編集

地名編集

を行政区域とする。皆瀬村は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。

  • 上小川内免(かみおがわち)[2]
  • 楠木免
  • 菰田免
  • 十文野免(ともんの)
  • 下小川内免(しもおがわち)[2]
  • 白新田免(しらにた)
  • 浪瀬免(なみぜ)
  • 野中免

なお、村内には上記8免の他に井手口免・田代免・山田免が存在したが、3免とも明治初年頃までに廃止されている[3]

交通編集

鉄道編集

日本国有鉄道

(中里村) - 皆瀬駅 - (大野町)

現在、旧村域には野中駅が設置されている。

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ この峠は世知原町長田代免と接する峠であり、佐々町大字市瀬江里免にある「江里峠」とは異なる。
  2. ^ a b 明治初年頃、小川内免を分割。
  3. ^ 白新田免に字井手口、浪瀬免に字上田代・下田代、十文野免に字山田の小字名が存在した事から、3免ともに隣接する免に統合されたと見られる。
    ※字名参考:町の新設並びに免字廃止の件 昭和33年2月25日長崎県告示第5号(佐世保市例規集)

関連項目編集