メインメニューを開く

王位請求者(おういせいきゅうしゃ)は、狭義には王位を請求する者のこと。広義には帝位など「王位」以外の君主位を請求する者を含む。君主制の歴史を持つ共和国において君主制の復活(王政復古)を求めるパターンと、正統とされる君主に代わってその地位に就こうとする一種の下剋上志向のパターンの二つに大別できる。この地位にある人物は、一般的に王党派によって支持される。

英語で「プリテンダーpretender)」と呼ばれることも多いが、この用語には「不当な要求者」といった否定的な意味があり、中立的でない。これに相当する語句に、「王位僭称(おういせんしょうしゃ)」、「王位覬覦者(おういきゆしゃ)[注釈 1]」などがある。ロイヤル・ファミリーの系譜にある王位請求者に対しては、「ロイヤル・プリテンダーRoyal pretender)」という語句が用いられることもある。

概要編集

 
スペイン王家の正統として「カルロス5世」を称したモリナ伯ドン・カルロス
 
ポルトガル王ミゲル1世とその子孫は、ミゲリスタ英語版によって支持された。

王位請求者が現れる理由としては、主として次のようなケースが考えられる。

君主国において、それまでの王統・皇統の断絶に際して、旧王朝と血縁関係や姻戚関係にある者が請求するケース
例1:アンジュー公フィリップ
スペイン・ハプスブルク家の男系男子が断絶した際に、フランス・ブルボン家王子ながらスペイン・ハプスブルク家の血を色濃く引いていたことからスペイン王位を要求し、その結果「スペイン王フェリペ5世」として認められた。(⇒スペイン継承戦争
例2:バイエルン選帝侯カール・アルブレヒト
オーストリア・ハプスブルク家の男系男子が断絶した際に、妻がハプスブルク家出身であることを理由として神聖ローマ帝位ボヘミア王位を要求した。(⇒オーストリア継承戦争
簒奪や宮廷クーデター、革命による旧王朝もしくは君主制の廃絶や、他国の支配により国自体が滅ぼされるなどして廃位された君主本人やその子孫などが請求するケース
例1:イングランド王ジェームズ2世
議会によって廃位されて国外追放となってからも、玉座を諦めずにイングランド王を称し続けた。(⇒ジャコバイト
例2:フランス皇帝ナポレオン3世
フランス皇帝として正式に即位するまでは、ナポレオン1世の一族としてフランス帝位請求者であった。第三共和政の樹立とともに廃位されて以降は、また帝位請求者となった。
筆頭継承者の地位を奪われた元相続人が、これを不服として請求するケース
例1:モリナ伯カルロス
王弟としてスペイン王位継承順位1位だったが、王位継承法の変更により女王が認められたため、相続人の地位を姪に奪われた。これを不服として、兄王の死後に正当なスペイン国王「カルロス5世」であると宣言した。(⇒カルリスタ戦争
例2:ペドロ・デ・アルカンタラ・デ・オルレアンス・エ・ブラガンサ
ブラジル皇族。名目上の女帝イザベル・ド・ブラジルの長男だったが、貴賤結婚のために皇位継承権を放棄した。母はペドロに代わってその弟を継承者に指名したが、のちにペドロは継承権を放棄していないと主張し、ブラジル帝室の分裂を招いた。
継承権を持ちながらも順位が低い者などが、何らかの理由で上位者を無視して請求するケース
例1:ポルトガル王ミゲル1世
自由主義者(立憲主義者)に支持される姪・女王マリア2世を認めず、絶対王政を掲げて国王に即位、ポルトガル内戦を引き起こした。(⇒ミゲリスタ英語版
例2:ヨーゼフ・アウグスト・フォン・エスターライヒ
ハプスブルク=ロートリンゲン家の継承順位の低い皇族であったが、ハンガリーに深く根を下ろしていたことから、オーストリア=ハンガリー帝国崩壊後に誕生したハンガリー王国において、存命だった最後のハンガリー国王カーロイ4世(オーストリア皇帝としてはカール1世)などを差し置いて、新たなハンガリー国王に擁立された。

実際に君主制の復活を求める者に限らず、世が世なら玉座に就くことができたであろう旧君主家の当主は、その全てが王位請求者に数えられる。彼らはその血統からして旧体制のおそらく最大の体現者であるため、当人の意思にかかわらず王位請求者として推戴して旧体制を復活させようとする王党派が、多かれ少なかれ存在すると思われるからである。したがって日本を例にとるならば、現在の沖縄県にあたる琉球王国の王家であった尚氏の当主は、たとえ王位の復活を求めていなかったとしても、その立場上は王位請求者と見なされうる。

現在、王位請求者とされる人物には、一般人として生活している者も多いが、中には君主の地位や君主制の復活を求めて亡命政府や政治団体などを組織して活動している者もいる。また先述のように、当人の意思にかかわらず王位請求者を推戴するなどして、自らの理想とする形で君主制を再導入しようとする王党派組織・政治団体なども各国に存在する。(⇒オーストリアのシュヴァルツ=ゲルベ・アリアンツ、ポーランドの保守王党派クラブチェコ・コルナチェコ語版など)

日本の徳川将軍家平島足利家ネパールラナ宰相家のような、かつて実質的に君主として扱われていた一族の末裔も、しばしば類似の存在とみなされる。キリスト教の歴史において時として存在した対立教皇についても、王位請求者と同じように教皇位の請求者とみなすことができよう。

現在の王位請求者の一覧編集

アジア編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  アフガニスタン王国 アフマド・シャー・ハーン英語版   最後のアフガニスタン国王ザーヒル・シャーの息子。
  イエメン・ムタワッキリテ王国 アギッル・ビン・モハメッド・アル=バドル英語版   最後のイエメン国王ムハンマド・アル=バドルの息子。イエメン王国亡命政府が現存する。
  イラク ラアド・イブン・ザイド英語版   初代国王ファイサル1世の弟ザイド・イブン・フサイン英語版の長男にあたる。息子に国連人権高等弁務官ザイド・フセイン英語版がいる。
  イラク シャリーフ・アリー・イブン・アル=フセイン英語版   最後の国王ファイサル2世の従弟にあたる。フセイン政権の崩壊後、王制滅亡以来初めてイラクの地を踏んだが、アメリカを含めどこの国からも充分な支援を得られず、またイラク国内に政治基盤もなくイラク国民からの支持がほとんどないため、イラクを離れ、現在はイギリスで生活している。2005年にイラクで行われた暫定国民議会選挙では、自らが党首を務めるイラク立憲君主党英語版も参加したが、議席は獲得できなかった。
  イラン
(パフラヴィー朝イラン)
クロシュ・レザー・パフラヴィー英語版   最後の皇帝モハンマド・レザー・パフラヴィーの長男で、元皇太子。イランにおける人権問題等を批判し、イランの世俗化と民主化を主張して政治活動を行っている。
  崇高なる国ペルシア
(ガージャール朝イラン)
モハンマド・ハサン・ミールザー2世英語版   第6代君主モハンマド・アリー・シャーの子孫。亡命政府がアメリカ合衆国を拠点に存在する。
  オスマン帝国 デュンダル・アリ・オスマン   オスマン家第45代当主。
  カルトリ・カヘティ王国英語版 ダヴィッド・バグラチオン・ムフラニ   カルトリ・カヘティ王国がロシア帝国に併合された後、王家であるバグラティオニ家英語版はロシア貴族として扱われた。ダヴィッドはバグラティオニ家の分家(=第2王統)であるムフラニ家英語版の当主。ロシア革命を受けてムフラニ家はイタリアに亡命したが、宗家(=第1王統)はソビエト連邦に留まり、やがて消息不明になった。ダヴィッドの祖父イラクリ・バグラチオン・ムフラニ英語版は、ロシア革命後にロシア皇族・貴族が大量に処刑されたことから、宗家も根絶やしにされたと判断し、ムフラニ家が当主になったと宣言した。
  カルトリ・カヘティ王国英語版 ヌグザル・バグラチオン・グルジンスキ英語版   バグラティオニ家英語版の宗家(=第1王統)にあたるグルジンスキ家英語版の当主。グルジンスキ家は共産主義政権のもとで断絶したと考えられていたが、ソ連崩壊後になって存続していたことが判明し、分家・ムフラニ家(=第2王統)との競合状態になった。ヌグザルは娘のアンナ・バグラチオン・グルジンスキ英語版をムフラニ家の当主ダヴィッドと結婚させた。両王統の合同が期待されていたが、ダヴィッドとアンナ夫妻は2013年に離婚した。しかし夫妻の間には男子が誕生している。
  サラワク王国 ジェイソン・デズモンド・アンソニー・ブルック英語版   サラワク王家(ブルック王朝)の子孫。第2代国王チャールズ・ブルックの玄孫。
 
  満州国
金毓嶂   清朝最後の皇帝である溥儀の弟、愛新覚羅溥任の長男。一般的に愛新覚羅氏の家長とみなされる。「愛新覚羅」ではなく漢風の姓として「」を用いている。
 
  満州国
愛新覚羅恆鎮   清の皇族・愛新覚羅毓嵒の長男。父・毓嵒は、最後の皇帝である溥儀から皇位継承者に指名されたと主張していた。なお溥儀は自伝の中で、毓嵒を相続人として検討したことについて触れてはいるが、それ以上の言及はない。
  スールー王国 en:Muedzul Lail Tan Kiramほか   スールー王国の滅亡後、王家の複数の家系がスルタン位を主張しはじめ、現在、スルタン一族の間で継承順位を巡る論争が起きている。2013年、ジャマルル・キラム3世ラハダトゥ対立を起こした。
  チベット ダライ・ラマ14世   宗教的権威者の立場と、政治的権威者の立場とを兼ね備えたチベットの僧侶君主だったが、1959年にインドへ亡命して政治難民となった。
  チャンパーサック王国 Keo na Champassak   ブン・ウムの長男で、最後のチャンパーサック王ブア・ルパアン・ラーチャナダイの孫。
  ネパール王国 ギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ   2008年に制憲議会によって廃された最後のネパール国王。
  ビルマ王国 ソエ・ヴィン英語版   最後の国王ティーボーの子孫。
  ベトナム帝国 バオ・アン中国語版   阮朝最後の皇帝であったバオ・ダイ(保大帝)の皇子で、阮氏の現当主。
  モルディブ・スルターン国 イブラヒム・ファリド・ディディ英語版  
  ラオス王国 スリウォンサワーン   最後のラオス国王サワーンワッタナーの嫡孫で、ラオスの王位継承者。現在はフランスで亡命生活を送る。ラオスにおける立憲君主制を復活させるために、ラオス王国亡命政府英語版と協力しながら政治活動を展開している。
琉球国 尚衞   第二尚氏の第23代当主。最後の琉球国王として知られる尚泰王の玄孫。

インド諸邦編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  ヴァドーダラー王国英語版 Maharaja Samarjitsinhrao Gaekwad   ヴァドーダラー王家当主。
  カッチ王国英語版 en:Pragmulji III   カッチ王家当主。
  シッキム王国 ワンチュク・ナムゲル   最後のシッキム国王パルデン・トンドゥプ・ナムゲルの王子。祖国シッキムがインドに併合された後、第13代シッキム国王を称して戴冠したが、現在は僧侶として静かに過ごしているとされる。
  ジャンムー・カシュミール藩王国 カラン・シング   ジャンムー・カシュミール藩王家当主。最後の藩王ハリ・シングの息子。
  ドゥーンガルプル王国英語版 Mahipal Singh II, Maharawal of Dungarpur (born 1931)   ドゥーンガルプル王家当主。
  トラヴァンコール王国 ムラム・ティルナル・ラーマ・ヴェルマ英語版   トラヴァンコール王家当主。
  ニザーム王国 ムカラム・ジャー英語版   ニザーム王家当主。王太子アーザム・ジャーの息子。
  バラトプル王国 ヴィシュヴェンドラ・シング英語版   バラトプル王家当主。
  マイソール王国 en:Yaduveer Krishnadatta Chamaraja Wadiyar   マイソール王家当主。
  マールワール王国 ガジ・シング英語版   マールワール王家当主。
  ムガル帝国 ミールザー・グラーム・モイーヌッディーン・ムハンマド・ジェイブド・ジャー・バハードゥル英語版   1931年にインド政府によってムガル朝(ティムール朝)の当主として認められた[要出典]Muhammad Khair ud-din Mirza, Khurshid Jah Bahadurの息子。
  メーワール王国 マヘンドラ・シング・メーワール英語版   メーワール王家当主を称する。国際的な報道では、正当な当主として言及されることが多い。
  メーワール王国 アルヴィンド・シング・メーワール英語版   メーワール王家当主を称する。マヘンドラの弟。ウダイプルの旧貴族の間では正当な当主として認識されている。
  ラームプル藩王国英語版 Sayyid Muhammad Kazim Ali Khan, Nawab of Rampur   ラームプル藩王家当主。
  ラジピプラ王国英語版 Raghubirsinhji, Maharaja of Rajpipla   ラジピプラ王家当主。息子は「インドで最も有名なゲイ」とされるマンヴェンドラ・シン・ゴーヒル

朝鮮編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  大韓帝国 李源   全州李氏宗家の第30代当主で、正式な皇位請求者とされる。高宗の第5皇子である李堈の九男・朝鮮語版の長男。2005年、直系の李玖の死後、その養子として李王家の後継者(皇嗣孫)となる。
  大韓帝国 李錫   李堈の十男。李源の叔父にあたる。「皇室文化財団(황실문화재단)」の総裁として、「朝鮮皇室復元運動」を行う。2018年、遠縁にあたるAndrew Leeを後継者に指名した[1]
  大韓帝国 李海瑗   李源の伯母で、現当主の座を主張している。高宗の第5皇子である李堈側室の間に次女として生まれた。李玖の死を受けて2006年に皇位継承式を開催し、以後「文化大韓帝国(문화대한제국)」の「女帝(여제)」を称している。

アフリカ編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  エジプト フアード2世   ムハンマド・アリー朝の最後のエジプト国王。1歳にも満たないうちに即位し、戴冠しないうちにその翌年のクーデターで王政が廃止されたため、実質的な統治は行わなかった。
  エチオピア帝国 ゼラ・ヤコブ・アムハ・セラシエ英語版   最後のエチオピア皇帝であるハイレ・セラシエ1世の孫。エチオピア皇帝を称していたアムハ・セラシエ英語版の息子。1997年の父の死後、エチオピア帝国亡命政府「エチオピア帝冠評議会英語版」にエチオピア帝室の家長であると認識されている。
  エチオピア帝国 ギルマ・ヨハニス・イヤス英語版   戴冠式を行わないまま退位させられたイヤス5世の曾孫として、ゼラ・ヤコブと対立する王位請求者となっている。
  ザンジバル王国 ジャムシッド・ビン・アブドゥッラー英語版   1964年に発生したザンジバル革命によって廃されたスルターンオマーンブーサイード朝の分家にあたる。
  中央アフリカ帝国 ジャン=ベデル・ボカサ2世   中央アフリカ皇帝ボカサ1世の息子で、元皇太子。
  チュニジア王国 Muhammad Al Husain   Muhammad VI al-Habibの孫。
  ブルンジ王国 ローザ・ポーラ・イリバギザ英語版   最後のブルンジ国王ンタレ5世の妹。
  リビア王国 ムハンマド・エル=サヌーシー英語版   サヌーシー朝リビア王イドリース1世の甥の息子。
  ルワンダ王国 ユヒ6世   最後のルワンダ国王キゲリ5世の甥。

ヨーロッパ編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  アルバニア王国 レカ・ゾグ   アルバニア国王ゾグ1世の孫で、アルバニア王家の家長。王制支持者からは「レカ2世(Leka II)」と呼ばれている。
  ギリシャ王国 コンスタンティノス2世   最後のギリシャ国王。1974年の国民投票で廃位された。
  クロアチア独立国 アメデーオ・ディ・サヴォイア=アオスタ   クロアチア国王トミスラヴ2世の息子。出生時には王太子で、クロアチアの君主主義者の一部から「ズヴォニミル2世(Zvonimir II)」とみなされる。クロアチア独立国はドイツとイタリアの傀儡国家とされ、またズヴォニミル2世はクロアチアに足を踏み入れたこともないので、ハプスブルク家に比べると支持者は多くない。
  セルビア王国 アレクサンダル2世カラジョルジェヴィチ   ユーゴスラビア王国最後の国王であるペータル2世の息子で、元王太子。「セルビア王太子アレクサンダル2世」を称する。
  ナバラ王国 ペドロ・デ・ボルボン=ドス・シシリアス英語版   スペインの王族で、カラブリア系のブルボン=シチリア家の家長。両シチリア王国の王位請求者でもある。カラブリア公およびカゼルタ伯を名乗る。公称「ペドロ2世」。祖母のアリシア・デ・ボルボン=パルマが伝統的な親族間の男系優先の長子相続に基づくナバラ王位の請求者であることが、カラブリア系ブルボン=シチリア家の公式ホームページ[2]において言及されていた。
  ナバラ王国 ルイス・アルフォンソ・デ・ボルボン   ブラン・デスパーニュ英語版と呼ばれる現在のフランスおよびナバラ王位請求者。ルイ13世以降のナバラ王位のフランス王位への統合にともなう、サリカ法による相続に基づく。公称「ルイス9世」。
  ブルガリア王国 シメオン2世   ブルガリア最後の国王。第二次世界大戦中の1943年、6歳で即位したが、終戦後の1946年、国民投票により王政は廃止され、母后とともに亡命した。のちに「シメオン・サクスコブルクゴツキ」としてブルガリアの首相に就任した。
  ポルトガル王国 ドゥアルテ・ピオ・デ・ブラガンサ   ブラガンサ家の家長。ポルトガル内戦で廃されたミゲル1世の曾孫で、最後の国王マヌエル2世から後継指名されたドゥアルテ・ヌノの長男。「ブラガンサ公英語版」を名乗る。大部分の王党派は彼を正当な王位請求者として認めている。
  ポルトガル王国 D. Pedro Folque de Mendoça Rolim de Moura Barreto, 6º duque de Loulé   ポルトガルの貴族ローレ公爵家ポルトガル語版の当主。 ミゲル1世の妹アナ・デ・ジェズス・マリア・デ・ブラガンサの子孫。この系統の支持者は、ミゲル1世はポルトガル王位に関する全ての権利を放棄したため、その子孫であるドゥアルテ・ヌノの系統には王位請求者たる資格がないとみなす。最後の国王マヌエル2世がドゥアルテ・ヌノを後継に定めているため、この主張はあまり支持を得られていない。
  モンテネグロ王国 ニコラ・ペトロヴィチ=ニェゴシュ   モンテネグロ王ニコラ1世の嫡曾孫で、モンテネグロ王家の家長。「モンテネグロ王太子」を称しており、王党派からは「ニコラ2世(Никола II)」と呼ばれている。ペトロヴィチ=ニェゴシュ王朝の子孫の地位に関する法律英語版により、大統領と同額の手当が支給されている。
  リトアニア王国 Inigo von Urach   1918年にリトアニア王国の王に選出されたミンダウガス2世の孫。リトアニア語を話せることなどの条件から、兄のウラッハ公ヴィルヘルム・アルベルト・フォン・ヴュルテンベルクに優先して王党派組織「リトアニア王室協会」に選ばれ、受諾しリトアニア王位請求者となった[3]

イタリア諸邦編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  イタリア王国
  サルデーニャ王国
ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア   最後のイタリア国王ウンベルト2世の長男で、元王太子。サヴォイア家の家長として、王党派からは「ナポリ公」あるいは「イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ4世」と呼ばれているとされる。
  イタリア王国
  サルデーニャ王国
アメデーオ・ディ・サヴォイア=アオスタ   サヴォイア家の分枝であるサヴォイア=アオスタ家の当主。貴賤結婚を強行した本家当主のヴィットーリオ・エマヌエーレの継承が先代当主ウンベルト2世の同意を得ていないとして、自ら正統の王位請求者として行動している。
  トスカーナ大公国 シギスモンド・ダスブルゴ=ロレーナ・ディ・トスカーナ   アスブルゴ=ロレーナ・ディ・トスカーナ家の家長。
  トスカーナ大公国 ジュリアーノ・デ・メディチ・ディ・オッタイアーノ英語版   メディチ家の分家であるメディチ・ディ・オッタイアーノ家イタリア語版(オッタイアーノ公爵家)の家長。一族がフィレンツェを治める以前に分かれた家系であり、女系でも本家と近縁関係にあったことから、トスカーナ大公位を求めて運動した過去がある。
  パルマ公国
  エトルリア王国
カルロ・サヴェリオ・ディ・ボルボーネ=パルマ   ボルボーネ=パルマ家の家長で、名目上のパルマおよびピアチェンツァ公カルロ5世(Carlo V)」[4][5]
  モデナ=レッジョ公国 ローレンツォ・ダスブルゴ=エステ   アスブルゴ=エステ家の家長。
  両シチリア王国 カルロ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ   カストロ系のボルボーネ・デッレ=ドゥエ・シチリエ家の家長。「カストロ公」を名乗る。カラブリア系と長年争っていたが、2014年に和解文書の署名がなされた。
  両シチリア王国 ピエトロ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ英語版   カラブリア系のボルボーネ・デッレ=ドゥエ・シチリエ家の家長。「カラブリア公」および「カゼルタ伯」を名乗る。カストロ系と長年争っていたが、2014年に和解文書の署名がなされた。
  両シチリア王国
  ポンテコルヴォ大公国イタリア語版
ジョアッキーノ・ムラト英語版   ムラト家イタリア語版の当主。フランス皇帝ナポレオン1世の妹婿で、両シチリア王「ジョアッキーノ1世」として即位したジョアシャン・ミュラの子孫。「ポンテコルヴォ大公」は、当主の継嗣たる長男に与えられる称号として今日もミュラ家の中で活用されている[6]

スペイン編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  スペイン王国 カルロス・ハビエル・デ・ボルボン=パルマ   ブルボン=パルマ家の家長で、スペインのカルリスタ王位請求者として「カルロス・ハビエル1世(Carlos Javier I)」と呼ばれる[7][8]
  スペイン王国 シクスト・エンリケ・デ・ボルボン=パルマ   カルロス・ハビエルの叔父。カルロス・ハビエルはカルリスタの王位請求者にはなったもののカルリスタ伝統派の価値観を受け容れておらず、それを憂慮して甥が価値観を受け入れるまでの暫定的な地位として摂政を称する。が、カルロス・ハビエルではなく彼こそがカルリスタの王だとみなす者もいる。
  スペイン王国 ドミニコ・デ・アウストリア=トスカーナ英語版   アブスブルゴ=トスカーナ家の一族。カルロクタビスタ英語版派のカルリスタ王位請求者だが、有力な支持者はいない。
  スペイン王国 ルイス・アルフォンソ・デ・ボルボーン   スペイン王族。聾唖のために王位継承権を放棄したセゴビア公ハイメの子孫であり、見方によってはスペイン王家の嫡流といえる。王位継承権はなくまたスペイン王位の請求もしていないが、母親を介してフランシスコ・フランコ総統の血を引いていることから、彼を真のスペイン国王として推戴するフランコ主義者がいる[9]

ドイツ諸邦編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  アンハルト公国 エドゥアルト・フォン・アンハルトドイツ語版   最後のアンハルト公ヨアヒム・エルンストの息子。
  ヴァルデック=ピルモント侯国 ヴィッテキント・ツー・ヴァルデック=ピルモント   ヴァルデック=ピルモント侯爵家の家長。
  ヴュルテンベルク王国 カール・フォン・ヴュルテンベルク   ヴュルテンベルク家の家長。
  オルデンブルク大公国 クリスティアン・フォン・オルデンブルク英語版   オルデンブルク大公家の家長。
  ザクセン王国 アレクサンダー・フォン・ザクセン=ゲッサフェ英語版   ザクセン=ゲッサフェ家英語版の家長。1997年、ザクセン王家の男系が断絶しそうなことを危惧した当時の当主マリア・エマヌエル・フォン・ザクセン(アレクサンダーにとっては母の兄にあたる)によって未来の相続人に指名される。
  ザクセン王国 リューディガー・フォン・ザクセン英語版   ティーモ・フォン・ザクセンフランス語版が平民との貴賤結婚で儲けた男子。マリア・エマヌエルの弟で最後の男系家長となったアルベルト英語版は、女系の甥アレクサンダーの継承に反対し、貴賤結婚で生まれた子ながらも王家の男系男子であるリューディガーを支持した。
  ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国 ミヒャエル・ベネディクト・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ   ザクセン大公家の家長。最後のザクセン大公ヴィルヘルム・エルンストの孫にあたる。ヴェッティン家の長嫡系子孫としてヴェッティン伯ドイツ語: Graf von Wettin)を名乗ることがある。
  ザクセン=コーブルクおよびゴータ公国 アンドレアス・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ   ザクセン=コーブルク=ゴータ公爵家(ザクセン=コーブルク=ゴータ家のうち公爵位に最後についた系統)の家長。
  ザクセン=マイニンゲン公国 コンラート・フォン・ザクセン=マイニンゲン英語版   ザクセン=マイニンゲン公爵家の家長。
  シャウムブルク=リッペ侯国 アレクサンダー・シャウムブルク=リッペ英語版   シャウムブルク=リッペ侯爵家の家長。
  シュレースヴィヒ公国
  ホルシュタイン公国
クリストフ・ツー・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン   デンマークやノルウェーなどの王家を輩出したグリュックスブルク家の本家当主。グリュックスブルク城ドイツ語版に居住。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公爵家の当主でもある。
  ドイツ帝国
  プロイセン王国
ゲオルク・フリードリヒ・フォン・プロイセン   最後のドイツ皇帝・プロイセン国王ヴィルヘルム2世の玄孫で、ホーエンツォレルン家の家長。ドイツ帝位・プロイセン王位の請求者であり、プロイセン側のオラニエ侯位継承者でもある。
  ナッサウ公国 アンリ・ド・リュクサンブール   ルクセンブルク大公
  バーデン大公国 マクシミリアン・アンドレアス・フォン・バーデン   バーデン大公家の家長。
  バイエルン王国 フランツ・フォン・バイエルン   最後のバイエルン国王ルートヴィヒ3世の嫡系の曾孫で、ヴィッテルスバッハ家の家長。「バイエルン公」を称する。
  ハノーファー王国
  ブラウンシュヴァイク公国
エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー   ハノーファー家の家長「エルンスト・アウグスト5世(Ernst August V)」。
  ヘッセン大公国 ハインリヒ・ドナトゥス・フォン・ヘッセン   ヘッセン家の家長。
  ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯国ドイツ語版 カール・フリードリヒ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン英語版   ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯爵家の当主。
  メクレンブルク=シュヴェリーン大公国
  メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国
ゲオルク・ボルヴィン・ツー・メクレンブルク   メクレンブルク家の当主。もともとは継承権のない分家に生まれたが、1996年にメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家の家督を引き継ぎ、次いで2001年に断絶したメクレンブルク=シュヴェリーン大公家の家督も引き継いだ。
  メクレンブルク=シュヴェリーン大公国
  メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国
ゲオルク・フリードリヒ・フォン・プロイセン   ホーエンツォレルン家の家長。1442年にホーエンツォレルン家とメクレンブルク家の間に結ばれたヴィトシュトック条約ドイツ語版により、フリードリヒ・フランツ5世の死去(2001年)によって男系が断絶したメクレンブルク家の二つの大公位の継承者であるとみなす人もいる。ただし本人はこの称号を主張したり承認したりはしていない。
  リッペ侯国 シュテファン・ツア・リッペ英語版   リッペ侯爵家の当主。
  ロイス=グライツ侯国
  ロイス=ゲーラ侯国
ハインリヒ14世   ロイス家の当主。

ハプスブルク君主国編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  オーストリア帝国
  クロアチア=スラヴォニア王国ドイツ語版
  ハンガリー王国
  ボヘミア王国ほか
カール・ハプスブルク=ロートリンゲン   ハプスブルク=ロートリンゲン家当主。最後のオーストリア皇帝カール1世(=ハンガリー国王カーロイ4世、ボヘミア国王カレル3世、クロアチア国王カルロ4世)の孫。

フィンランド編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  フィンランド王国 フィリップ・フォン・ヘッセンスウェーデン語版   ヘッセン家の当主ハインリヒ・ドナトゥス・フォン・ヘッセンの弟。フィンランド国王カールレ1世の子孫で、叔父ハインリヒ英語版からフィンランド王国の王位請求権を相続した。

また、歴代ロシア皇帝はアレクサンドル1世からニコライ2世に至るまで5代にわたってフィンランド大公国の君主として「フィンランド大公」の称号を有していたことから、現在のロマノフ家当主もフィンランド大公位請求者と考えることができる。

フランス編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  フランス王国 ルイ・アルフォンス・ド・ブルボン   ルイ14世の孫の一人、フランス王子フィリップが「フェリペ5世」として即位したことに始まるスペイン・ブルボン朝の一族。スペイン・ブルボン家は最も正統王朝に血統の近い家系であるため、「フランス・ブルボン家最後の男系男子シャンボール伯アンリの死後、フランス王位継承権はスペイン・ブルボン家に渡った」と主張するレジティミストによって、国王「ルイ20世」として推戴される。ただし、スペイン・ブルボン家はユトレヒト条約に従えばフランス王位継承権を放棄していることが明白であるため、ヨーロッパ王侯からの支持はほとんど得られていない。
  フランス王国
  フランス王国
ジャン・ドルレアン   ルイ14世の弟・オルレアン公フィリップ1世を祖とするオルレアン家の家長。伝統的なオルレアニストに加えて、いまやオルレアン家が王冠相続人になったと考えるレジティミストの一派(=連合派)によって、国王「ジャン4世」として推戴される。ドゥアルテ・ピオ・デ・ブラガンサによると「オルレアン家がフランス王家であると全てのヨーロッパ王侯が認めている[10]」とのことだが、ルイ16世の処刑に賛成票を投じたオルレアン公ルイ・フィリップ2世や正統主義者にとっては王位簒奪者であるルイ=フィリップ王の子孫でもあるため、王党派の間にはオルレアン家への嫌悪感も根強い[11]
  フランス帝国 ジャン=クリストフ・ナポレオン   ボナパルト家の当主。皇帝ナポレオン1世の弟ジェローム・ボナパルトの子孫。「ナポレオン6世」として知られた祖父ルイ・ナポレオンの遺言により、離婚歴と政治活動が問題視された父シャルル・ナポレオンを飛ばして、ボナパルティストの帝位請求者「ナポレオン7世」となった[12]
  フランス帝国 シャルル・ボナパルト   「ナポレオン6世」ことルイ・ナポレオンの息子。離婚歴と政治活動が理由とされて、ボナパルト家の家督相続権を剥奪されたが、正当なボナパルト家当主「ナポレオン7世」であることを主張する[12]。ただし、2012年を境に「シャルル・ナポレオン」から「シャルル・ボナパルト」に呼び名を改めたため、「ナポレオン親王(ナポレオン公とも)」の名を持つ当主の役割を息子ジャン・クリストフに譲ったとも考えられる[13]
  フランス王国 バルタザール4世・ド・ブルボン   「ブルボン=ボーパール家」を称する、インドの旧貴族。先祖はインドに土着化したブルボン家の王族だとする。スペイン・ブルボン家はスペイン王位を継承するにあたってフランス王位継承権を放棄したと解釈し、かつオルレアン家に反発する一部レジティミストから支持されるが、ブルボン家の子孫であると科学的に証明されているわけではない。(インドのブルボン家英語版参照)
  フランス王国 シャルル・ルイ・ド・ブルボンフランス語版   偽ルイ17世ことカール・ヴィルヘルム・ナウンドルフ英語版の子孫(ナウンドルフ家フランス語版参照)で、「シャルル13世」を称する。ナウンドルフはミトコンドリアDNA調査でルイ17世とは別人であるとの結果が出ているが、一方でナウンドルフの男系玄孫であるユーグ・ド・ブルボンフランス語版とブルボン家一族の男性3名のY遺伝子が酷似しているという調査結果も出ている[14]。ただし多くの科学者は信頼性に疑問を呈している。

この他のフランス王位請求者として、イングランド王位請求者とされる人々を挙げることができる。

ブリテン諸島編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  アイルランド王国
  イングランド王国
  スコットランド王国
フランシス・ボナヴェンチャー・オブ・バヴァリア   ヴィッテルスバッハ家の家長。ジャコバイトから正当な国王「フランシス2世(Francis II)」と見なされているが、本人はジャコバイトの主張に与していない。フランス王としては「フランソワ2世(François II)[注釈 2]」となるが、イングランド王位を請求していない以上、それに付随するフランス王位も当然請求していない。
  アイルランド王国
  イングランド王国
  スコットランド王国
ピーター・オブ・バーボン=トゥー・シシリーズ英語版   別系統のジャコバイト王位請求者。カラブリア系ブルボン=シチリア家の家長で、両シチリア王国とナバラ王国の王位請求者でもある。
  アイルランド王国
  イングランド王国
キャロライン・チャイルド・ヴィリアーズ(Caroline Child-Villiers)   第9代ジャージー伯爵ジョージ・チャイルド・ヴィリアーズ英語版の長女。メアリー・テューダーの次女エリナー・ブランドン英語版の末裔で、テューダー朝の流れを汲む(en:Alternative successions of the English and British crownを参照)
  アイルランド王国
  イングランド王国
テレサ・メアリー・ニュージェント・フリーマン=グレンヴィル英語版   13代キンロス女卿。「九日間の女王」と呼ばれるジェーン・グレイの妹キャサリン・グレイ英語版の子孫であり、ジェーン・グレイの王冠相続人と見なされる。
  イングランド王国 サイモン・アブニー・ヘイスティングズ英語版   第15代ラウドン伯爵英語版マーガレット・プランタジネットの末裔。プランタジネット朝の流れを汲むが、本人がイングランド王位を請求しているかどうかは不明。(en:Alternative successions of the English and British crownを参照)

上記の人物は、いずれも理論上はフランス王位請求者を兼ねる。百年戦争の時代から何世紀にもわたって、歴代イングランド国王は「フランス国王」の称号を主張してきた。合同法にもとづきグレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立した1801年に至り、フランス王号は公式に放棄されたが、これはあくまで現在のイギリス王室の話である。彼らは、いずれもフランス王位を放棄する前のイングランド玉座の継承者であるため、依然としてフランス王位請求者であると解せられる。

ポーランド編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  ポーランド・リトアニア共和国 アレクサンダー・フォン・ザクセン=ゲッサフェ英語版   ザクセン王家の家長を称する一人。ポーランド・リトアニア最後の国王スタニスワフ2世アウグスト治世下に制定された5月3日憲法によれば、ポーランド・リトアニア王位はザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト(のちのザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世)の子孫に世襲されることになっていた。
  ポーランド・リトアニア共和国 リューディガー・フォン・ザクセン英語版   ザクセン王家の家長を称する一人。

この他にも、1815年のポーランド立憲王国の成立以来、歴代ロシア皇帝は最後のニコライ2世に至るまでポーランド王の称号を有していたことから、現在のロマノフ家当主もポーランド王位請求者と考えることができる。

ルーマニア編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  ルーマニア王国 マルガレータ・ア・ロムニエイ   最後のルーマニア国王ミハイ1世の長女。ルーマニア王室ルーマニア語版の家長として「ルーマニア王冠の守護者」の称号と「陛下」の敬称を用いる。
  ルーマニア王国 パウル=フィリップ・ホーエンツォレルンルーマニア語版   ルーマニア国王カロル2世の庶流の孫。叔父ミハイ1世の系統をルーマニア王家の正統として認めず、自身がルーマニア王室の家長であると主張する。
  ルーマニア王国 カール・フリードリヒ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン英語版   ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯爵家の当主。ルーマニア王家の本家筋にあたり、女子であるマルガレータ・ア・ロムニエイによる継承を認めない一部王党派から支持される。ただし本人はルーマニア王位には興味がないと答えている。

ロシア編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  ロシア帝国 マリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノヴァ   ロマノフ家ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家)の家長を称する。ロシア帝室家憲の男系男子継承の原則ならびに貴賤結婚の解釈の違いから、一族の中にはマリヤが当主を務めることに対する異論もあり、ロマノフ家の分家に属するニコライ・ロマノヴィチ・ロマノフ英語版と競合状態にある。
  ロシア帝国 アンドレイ・ロマノフ英語版   アンドレイ・アレクサンドロヴィチの息子。ニコライ・ロマノヴィチ・ロマノフ英語版の死後、その弟ドミトリー・ロマノヴィチ・ロマノフロシア語版が家督を継いだが、ドミトリーが没するとロマノフ家協会英語版によって当主とされた。
  ロシア帝国 ニコライ・キリロヴィッチ・ライニンゲン=ロマノフ   ライニンゲン公子カール・エミッヒ。第7代ライニンゲン公エミッヒ・カイル英語版 の長男。祖母が皇女マリヤ・キリロヴナで、マリヤ大公女の従甥にあたる。2014年4月よりロシア連邦君主制主義者党英語版 が「ロシア皇帝ニコライ3世」と公称して推戴している。ロマノフ男系ではないものの、マリヤ大公女およびニコライ・ロマノヴィッチ大公はともに貴賤結婚の子孫であるため皇位継承権を有していないというのが理由である。父の死後、第8代ライニンゲン公位は弟のアンドレアス英語版 が継いでいる。

北アメリカ編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  メキシコ帝国 マクシミリアン・フォン・ゲッツェン=イトゥルビデフランス語版   第一帝政期の帝室イトゥルビデ家英語版の家長。イトゥルビデ家はメキシコ第二帝政の皇帝マクシミリアーノ1世ハプスブルク家出身)の養子に迎えられていたため、第二帝政の流れも汲んで「マクシミリアーノ2世(Maximiliano II)」を称する。
  メキシコ帝国 カルロス・フェリペ・デ・アブスブルゴスペイン語版   ドイツ語名は「カール・フィリップ・ハプスブルク=ロートリンゲン」。最後のオーストリア皇帝カール1世の三男フェリックス・ハプスブルク=ロートリンゲンの長男。すなわちマクシミリアーノ1世と同じくハプスブルク一族で、マクシミリアーノ皇帝はイトゥルビデ家を後継者として採用しなかったと主張する一部の君主主義者によって支持される[15]

南アメリカ編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  アラウカニア・パタゴニア王国 フレデリック・リュズフランス語版   「アントワーヌ4世」公ことジャン=ミシェル・パラシリティ・ディ・パラ英語版が2017年に没した後、後継者に選出された。「フレデリック1世(Frédéric I)
  アラウカニア・パタゴニア王国 スタニスラス・パルビュレスコ(Stanislas Parvulesco)   「フレデリック1世」と対立する王位請求者として、「スタニスラス1世(Stanislas I)」を称する。
  ブラジル帝国 ペドロ・カルルシュ・デ・オルレアンス・イ・ブラガンサ   ペトロポリス系ブラジル帝位請求者。祖父のペドロ・デ・アルカンタラ貴賤結婚をしたことによる継承権放棄を無効と考える君主制支持者の一部から、正統なブラジル帝位継承者と見なされ、「ペドロ5世(Pedro V)」とされている。
  ブラジル帝国 ルイス・ガスタン・デ・オルレアンス・イ・ブラガンサ   ヴァソウラス系ブラジル帝位請求者。1981年に父の後を継いで名目上のブラジル帝位を継承し、「ルイス1世(Luís I)」となった。

オセアニア編集

国名 名前 肖像あるいは紋章 説明
  ハワイ王国 クエンティン・クヒオ・カワナナコア英語版   カラカウア朝英語版断絶により王位継承権を承継したカワナナコア家英語版
  ハワイ王国 アビゲイル・キノイキ・ケカウリケ・カワナナコア英語版   ハワイ王室当主の一人とされる。
  ハワイ王国 オワナ・サラザール英語版   ハワイ王室当主の一人とされる。
  タヒチ王国英語版 レオポルド・ポマレ   19世紀のタヒチ島に君臨していたポマレ王朝の末裔。タヒチ王家の嫡流であったが、17歳でフランスに渡り、そのまま一度もタヒチに戻っていない。
  タヒチ王国英語版 ジョアンヴィル・ポマレフランス語版   19世紀のタヒチ島に君臨していたポマレ王朝の末裔。女王ポマレ4世の子孫で、2009年5月28日に「タヒチと島々の王(roi de Tahiti et des îles)」を宣言した。「ポマレ11世」を称する[16]。2009年9月9日に戴冠式を計画したが、一族の中にはレオポルドこそが正統であるとしてジョアンヴィルの王位請求に反対する者もいる。王冠の継承権に関する論争はあるが、多くのタヒチ人によってジョアンヴィルが正当な相続人であると考えられている[16]。ジョアンヴィル曰く、「太平洋の全ては王によって統治されていた。共和国は太平洋に存在しない。それは西洋から来た人たちの発明である」。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 覬覦は「(分不相応なことを)うかがい狙う」の意。
  2. ^ ジャコバイトはヴァロワ朝フランソワ1世フランソワ2世を当然フランス王として認めておらず、したがって「フランソワ」という名のフランス王は「フランソワ1世」ことモデナ公フランチェスコ5世に続いて彼が2人目ということになる。

出典編集

  1. ^ “Californian techie becomes Korean crown prince in fairytale twist”. デイリー・テレグラフ. (2018年12月29日). https://www.telegraph.co.uk/news/2018/12/29/californian-techie-becomes-korean-crown-prince-fairytale-twist/ 2019年1月14日閲覧。 
  2. ^ http://www.borbone-due-sicilie.org/english/genealogy.html
  3. ^ Mindaugo II anūkas: jei lietuviai panorės atgaivinti monarchiją, esu pasirengęs priimti šią garbę
  4. ^ Mensaje al Pueblo Carlista de S.M.C. Don Carlos Javier II de Borbón, Rey de Las Españasblogspot El Carlismo contra Globalizatión (Spanish)
  5. ^ El primogénito de Carlos Hugo de Borbón – Nuevo pretendiente carlista a la corona de España – website news agency Europa Press (Spanish)
  6. ^ “Rencontre avec le prince Pierre Murat”. ウエスト・フランスフランス語版. (2017年7月8日). https://www.ouest-france.fr/pays-de-la-loire/la-baule-44500/rencontre-avec-le-prince-pierre-murat-5121801 2019年3月9日閲覧。 
  7. ^ AL PUEBLO CARLISTA DE S.M.C. DON CARLOS JAVIER I DE BORBÓN, REY DE LAS ESPAÑASblogspot El Carlismo contra Globalizatión (Spanish)
  8. ^ El primogénito de Carlos Hugo de Borbón – Nuevo pretendiente carlista a la corona de España – website news agency Europa Press (Spanish)
  9. ^ “"Eres nuestro rey": por qué los ultras aclaman a Luis Alfonso en plena crisis en Zarzuela”. EL ESPAÑOL. (2018年7月17日). https://www.elespanol.com/reportajes/20180717/ultras-aclaman-luis-alfonso-plena-crisis-zarzuela/322968775_0.html 2018年10月22日閲覧。 
  10. ^ “Dom Duarte de Bragance : « La République est très démocratique, mais a déjà mis le pays en banqueroute par deux fois ! »”. L'Incorrect. (2019年1月28日). https://lincorrect.org/entretien-avec-dom-duarte-de-bragance/ 2019年2月21日閲覧。 
  11. ^ “仏旧王族のオルレアン家当主が死去、葬儀に各国王族が参列”. フランス通信社. (2019年2月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3209492 2019年2月24日閲覧。 
  12. ^ a b 野村(2019), p. 243.
  13. ^ 野村(2019), p. 245.
  14. ^ http://www.ijsciences.com/pub/pdf/V320140219.pdf.
  15. ^ “Mitos y presuntos herederos a un inexistente torno de México”. EL ESPAÑOL. (2015年7月2日). http://www.cronicajalisco.com/notas/2015/46486.html 2018年10月22日閲覧。 
  16. ^ a b “Real Tahitian royal is modest man more at home wearing just shorts and T-shirt”. クーリエ・メイル. (2011年12月15日). https://www.couriermail.com.au/news/queensland/real-tahitian-royal-is-modest-man-more-at-home-wearing-just-shorts-and-t-shirt/news-story/4709c589bf73eaee8c115145065e9715?sv=cd725f1afc338a5ce92a3b4aa2d8c56d 2019年1月14日閲覧。 

参考文献編集

  • 野村啓介『ナポレオン四代:二人のフランス皇帝と悲運の後継者たち』中央公論新社中公新書〉、2019年2月25日。ISBN 978-4-12-102529-6

関連項目編集