皇太妃(こうたいひ)は、皇帝または天皇生母で、前天皇のであった人の令制による呼称。同じく后であった人を皇太后、夫人であった人は皇太夫人と呼ばれる。

中国編集

北魏霊皇后孝明帝が即位すると皇太妃から皇太后となり、幼い孝明帝に代わって政治を行い、自らの命令を詔、自称を朕とし、群臣の上書には陛下と記させた[1]

日本編集

元明天皇は、天皇ではなく皇太子草壁皇子の妃であったが、息子の文武天皇の即位後、大宝律令により皇太妃とされた。元明天皇即位以降は正式に「皇太妃」とされた例が見られない。

出典編集

  1. ^ 金子 修一. “権力と皇后”. サイエンスポータルチャイナ. 2022年7月15日閲覧。