メインメニューを開く

皇治(こうじ、1989年5月6日 - )は、日本男性キックボクサー大阪府池田市出身。TEAM ONE 所属。ISKA K-1ルール世界ライト級王者。元HEATライト級王者。血液型O型[1]

皇治
基本情報
通称 エンペラー
階級 スーパーフェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1989-05-06) 1989年5月6日(30歳)
出身地 大阪府池田市
身長 173cm
体重 60kg
スタイル 空手日本拳法キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 28
KO勝ち 10
敗け 13
引き分け 2
テンプレートを表示

来歴編集

3、4歳から空手と、父親の影響で日本拳法を中学時までやっていた。空手では魚本流の大会で全国1位、日本拳法では全国2位になった事があるという。さらにセレッソ大阪ジュニアチームに所属しサッカーもやっており、柿谷曜一朗とも練習していた[2]

2013年1月26日、Krush.26のKrush -58kg級初代王座決定トーナメント1回戦で神戸翔太と対戦し、0-2の判定負け。

2016年2月5日、Krush.63で剣闘士“俊”と対戦し、左ハイキックでKO勝ち。

2016年4月24日、K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメントの1回戦で卜部功也と対戦し、判定負け。

2016年9月19日、K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~にて闘士と対戦し、判定勝ち。

2017年2月19日、HEAT 39のISKA K-1ルール世界ライト級王座決定戦でモハメド・ブールと対戦し、判定勝ちで王座の獲得に成功した。

2017年6月18日、K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント〜にて大雅と対戦し、判定負け。

2017年9月18日、K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~にて島野浩太朗と対戦し、判定勝ち。

2018年3月21日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~にてK-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントに出場。一回戦で卜部弘嵩に判定勝利するが、準決勝で小宮山工介に判定負けを喫した。

2018年9月24日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~にてスタウロス・エグザコスティディスと対戦し、延長戦の末、判定勝利を収めた。入場曲の冒頭には、18日に41歳で急逝した山本KID徳郁への追悼の意を込め、I believeを使用。試合後には、以前から挑発を繰り返していた武尊との対戦をアピールした。

2018年12月8日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~のメインイベントにおいてK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊に挑戦し、1Rと3Rに一度ずつダウンを喫し判定3-0で敗れた。

2019年3月10日、K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~でヤン・サイコにコンビネーションで攻め続け3-0で判定勝ち。

2019年4月、監督として参加した『格闘代理戦争』シーズン4において、5月18日に行われた準決勝で武尊率いるチームに惜敗。試合後にリングに入ろうとした皇治を制止した武尊に向かって「お前らは確かに強かった。でも俺の選手負かしたから今年中にお前に挑戦するから覚悟せえ」と発言してマイクを投げつけ、激怒した武尊と乱闘騒ぎに発展した。このためK-1運営は5月21日に両者の謝罪記者会見を設け、皇治は「自分のしたことは武尊君にはもちろん、ファンの皆さんや頑張ってくれた選手達を裏切るようなことをしてしまったと思ってます。申し訳ありません」と陳謝した。

戦績編集

プロキックボクシング編集

キックボクシング 戦績
41 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
28 10 18 0 0 0
13 0

vs川原誠也 2RKO勝ち ○

vs大岩龍矢 判定2ー1 ○

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ヤン・サイコ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~ 2019年3月10日
× 武尊 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~
【K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ】
2018年12月8日
スタウロス・エグザコスティディス 3R+延長1R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1 WORLD GP 初代クルーザー級王座決定トーナメント~ 2018年9月24日
× 小宮山工介 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~
【K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント準決勝】
2018年3月21日
卜部弘嵩 3R+延長1R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~
【K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント1回戦】
2018年3月21日
島野浩太朗 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~ 2017年9月18日
× 大雅 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント〜 2017年6月18日
モハメド・ブールフ 5R終了 判定3-0 HEAT 39
【ISKA K-1ルール世界ライト級王座決定戦】
2017年2月19日
闘士 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~ 2016年9月19日
× 卜部功也 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメント1回戦】
2016年4月24日
剣闘士“俊” 2R 1分26秒 KO(左ハイキック) Krush.63 2016年2月5日
チョ・ソンヒョン 3R 2分30秒 TKO(3ダウン) HEAT 36
【HEATキックルールライト級タイトルマッチ】
2015年11月29日
× 悠矢 5R終了 判定0-3 NJKF 2015 6th
【WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座決定戦】
2015年9月27日
× 不可思 3R終了 判定0-2 ビッグバン・統一への道 其の21
【BigBangライト級タイトルマッチ】
2015年6月7日
キム・ジンヒョク 5R終了 判定2-0 HEAT 34
【HEATキックルールライト級タイトルマッチ】
2014年12月21日
× SHIGERU 3R終了 判定0-3 RISE cooperation REBELS.28 2014年7月25日
グゥオ・チェン 2R 2分56秒 KO(左ボディ) HEAT 30 2014年2月23日
悠矢 3R終了+延長1R 判定3-0 HEAT 29
【HEATキックルール初代ライト級王座決定1dayトーナメント決勝戦】
2013年12月15日
晃希 3R終了+延長1R 1分55秒 TKO(レフェリーストップ) HEAT 29
【HEATキックルール初代ライト級王座決定1dayトーナメント準決勝】
2013年12月15日
ジャン・ヨンホ 2R 1分28秒 TKO(左ボディ) SFK~7th anniversary~ ×REBELS -SPIRIT FIRE KOBE- 2013年10月13日
× 町田光 3R終了 判定0-2 REBELS.18
【REBELS 60kg級王座決定トーナメント準決勝戦】
2013年7月21日
TASUKU 3R終了 判定3-0 Road to GLORY JAPAN 2013年3月10日
× 神戸翔太 3R終了 判定0-2 Krush.26
【Krush -58kg級初代王座決定トーナメント1回戦】
2013年1月26日
× 中向永昌 3R終了 判定0-2 J-NETWORK J-NEXUS 2012 ~蹴っていいトモ!~ 2012年12月9日
× 前口太尊 3R終了+延長1R 判定1-2 J-KICK 2012~NEXT J-GENERATION~4th 2012年8月26日
中嶋剛志 3R終了 判定3-0 Krush-EX 2012 vol.4 2012年07月14日
蓮見龍馬 3R終了 判定3-0 TRIBELATE vol.36~Title Match Festival~
【TRIBELATEキックスーパーフェザー級王座決定戦】
2012年4月28日
篠原基宏 2R 1分33秒 KO J-NETWORK J-FIGHT in SHINJUKU ~vol.25 2012年4月1日
玲央 1R 1分49秒 TKO J-NETWORK J-F-X ~TIME to CHANGE the KICK by J-SPIRIT EX.~ 2011年11月27日
× 北薗翔大 3R KO KING OF STRIKERS Round 6 2011年10月10日
× 鷲尾亮次 3R終了 判定0-3 J-NETWORK J-FIGHT in SHINJUKU~vol.23~ 2011年9月18日
太田光輝 2R 2分35秒 KO DEMOLITION 2DAYS ~day 2nd Kick Boxing~ – HIGH SPEED – 2011年7月18日
西村昌平 2R 2分05秒 KO DEEP☆KICK 5 2010年12月12日
辻出優翔 3R終了 判定3-0 DEEP☆KICK 8 2010年8月8日
× 謙・センチャイジム 3R終了 判定0-2 NJKF BANZAI ATTACK I 熱風 零伍 2010年6月13日
× 京谷祐希 3R終了 判定0-3 DEEP☆KICK 3 2010年4月4日
南一治 3R終了 判定2-1 DEEP KICK 2 2009年12月23日
藤田鷹司 3R終了 判定3-0 NAGOYA KICK~BoogieFight09 VACANCY~ 2009年10月11日
階健志 3R終了 判定3-0 DEEP KICK 2009年7月5日
加藤大貴 3R終了 判定0-0 NAGOYA KICK~BoogieFight08 Sandcastle~ 2009年5月10日
杉山明隆 3R終了 判定1-0 NAGOYAKICK~BoogieFight07 Black Sunday~ 2009年3月8日
藤田 KO S-1

獲得タイトル編集

  • 空手 魚本流 全国1位
  • 日本拳法 全国2位(中学生時)
  • 初代TRIBELATEスーパーフェザー級王座(2012年4月)
  • 初代HEATキックルールライト級王座(2013年12月15日)
  • ISKA K-1ルール世界ライト級王座(2017年2月19日)[3]

入場曲編集

  • 「スーパースター」- 強
  • 「Big shit poppin‘」- T.I.

出演歴編集

ウェブテレビ編集

脚注編集

外部リンク編集