メインメニューを開く

皮ジャン反抗族(かわジャンはんこうぞく)は、舘ひろし初主演の東映制作の長谷部安春監督作品(作中のメインタイトルは真夜中の挑戦 皮ジャン反抗族と表示されている)。

皮ジャン反抗族
監督 長谷部安春
脚本 白坂依志夫
製作 東映
出演者 舘ひろし
夏樹陽子
森下愛子
音楽 長戸大幸
撮影 山崎敏郎
編集 祖田冨美夫
配給 東映セントラルフィルム
公開 1978年12月2日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

暴走する若者たちの理由なき挑戦を描く。

目次

ストーリー編集

新治は平日の日中は自動車修理工場で働き、週末はファッションディスコ"カンタベリーハウス"に繰り出す男。その傍ら、意気投合した工場の息子・修にバイクを教えていた。ある夜、新治はメグの親衛隊とペギイ率いるスケバングループの喧嘩を仲裁し、その後ペギイの援軍で現れたチンピラたちをも一蹴。メグの恋人・正一に挑まれたチキンレースにも勝利した新治はメグと肉体関係を持つ。そんなある日、新治は以前から花をプレゼントしていたスーパー店員のマヨを街で介抱する。マヨはチンピラの内田の妹で、内田から金をせびられていた。マヨの懇願で中絶手術に付き合わされた新治だったが、やがて新治はマヨに想いを寄せ始め、メグに対する感情がさめていることに気付く。数日後、作業服のほころびを直してもらうため、工場社長の未亡人である文代のそばで服を脱いでた際、修が帰ってくる。修は自分の慕う新治と母親に裏切られたと勘違いし、新治のバイクで暴走した末に崖から転落死してしまう。自責の念を引きずったままディスコを訪れた新治に、かつて喧嘩になったスケバンの一人・キーコが言い寄る。その様子を仲間に見られていたキーコはペギイからの制裁を怖れ、マヨの中絶した子供の父親は新治であり、その気持ちを聞いただけであると嘘の言い逃れを図った。話を真に受けた内田は激昂し、マヨに会いに行こうとしていた新治をナイフで刺す。マヨはそれを知る由もなく、自宅で新治を待ち続けていた。

出演者編集

主なキャスト編集

新治 - 舘ひろし
主人公。愛車はハーレーダビッドソン。日中は伊沢自動車修理工場で働く。
マヨ - 森下愛子
内田の妹。日中はスーパーに勤めている。男に捨てられ、妊娠していた。
メグ - 夏樹陽子
妾で、正一と付き合っているが、テープレースで新治の度胸に惚れ、肉体関係にまで発展するが、冷めていく。
正一 - 加藤大樹
メグの情夫。腕っぷしのある新治を良く思っていない。

出演者の加藤大樹は、本作から芸名が加藤大樹となる。

メグの親衛隊 - 中西良太土門峻小林まさひろ
メグの親衛隊の一人。
青山一郎 - 林ゆたか
ファッションディスコ"カンタベリーハウス"のDJ。
神崎 - 古川哲唱
伊沢自動車修理工場の主任。修理工場の社長が亡くなってから少し調子にのっているうえに、未亡人の文代と不倫関係にある。
文代 - 白川和子
伊沢自動車修理工場の社長の妻で、現在は未亡人。
修 - 秋山敏和
文代の息子で高校受験を控えた15歳。若作りし、神崎と関係している文代を良く思っていない。
産婦人科医師 - 河合絃司
新治とマヨが二件目に寄った産婦人科医師。

スケバングループ編集

ペギイ - 山科ゆり
キーコらスケバンを率いるスケバングループのボス。人差し指と薬指の間にカミソリの刃を挟んだカミソリ攻撃が武器。
キーコ - 八城夏子(にっかつ)
スケバンの一人。新治とマヨが会っているとこを見かけてから、しきりに新治に接近する。しかしそれがペギイにばれ、とっさにマヨが新治の子供を身ごもっていたと嘘を言う。事の発端は、キーコがメグの親衛隊との間に起こした問題で、ペギイが恥をかいたことにあった。
ソバカス - 恵千比絽
スケバンの一人。
葉っぱ - 広京子
スケバンの一人。
スケバン - 樋口のり子あきじゅん

ヤクザ編集

ヤクザのボス - 内田裕也
内田らヤクザを率いるヤクザのボス。
内田 - 片桐竜次
マヨの兄。しかしずっと家に帰らず、しょっちゅうマヨから金を借りていた。
手下 - 清水国雄谷口永伍大辻慎吾

その他編集

- 長戸秀介森愛里見和香小林純代岩沢こづえ宮川みつ子酒井努

スタッフ編集

同時上映編集

殺人遊戯』(遊戯シリーズ二作目)

外部リンク編集