皮肉の引用符(ひにくのいんようふ、英語: scare quotes, shudder quotes[1][2], sneer quotes[3], quibble marks)とは、それで囲まれた単語やフレーズが、文字通りの意味ではなく特別な意味で、もしくは皮肉を込めて使用していることを作者が読み手に知らせるために使用される引用符である[4]。この引用符は、著者が他の誰かの用語を使用して、その表現の前に「いわゆる」(so-called)というフレーズを置くのと同等の意味合いを示したり[5]、その表現に対する懐疑や意見の不一致、または、その言葉を誤用している、あるいは元の表現の作者が引用符で囲まれた言葉とは反対の意味を意図しているということを暗示する場合もある[6]

歴史編集

scare quotesという用語は、イギリスの哲学者エリザベス・アンスコムが、1956年に哲学の論文誌『マインド英語版』に寄稿した"Aristotle and the Sea Battle"(アリストテレスと海戦)という題名のエッセイで約物に言及する際に作り出したものである[7]。皮肉や疑わしさを示す表現に何らかの記号を使用することは、はるか昔にまで遡る。古代ギリシャでは、その目的のためにdiple periestigmeneという記号(">"の上下に点を打った記号)が使用された[8]。1990年代から、皮肉の引用符の使用が急に非常に広まった[9][10][11]。特に、ポストモダンの作家たちは、皮肉の引用符を含む括弧の使用法について理論立てをし、著作で頻繁に使用することの理由とした[2][12]

使用法編集

作家たちは、様々な理由で皮肉の引用符を使用する。それは、引用符で囲まれた言葉やアイデアに対する疑念や曖昧さ[13]、あるいは完全な侮蔑[14]を暗示する。

それは、作者が意図的に単語やフレーズを誤用していること[15]や作家が引用文の文章を信用していないこと[16]を示したり、作者が引用部の内容に対する責任を否定したりするためにも使われる[14]。一般に、この表現は、作者が引用部分と自身との間の距離を表明したいときに使用される[17][5]

使用例:

Some "groupies" were following the band.
何人かの「グルーピー」がそのバンドを支援していた。

皮肉の引用符は、囲まれている言葉をその作者は普段は使わないこと、または「グルーピー」という言葉やそれが指す人々にこの言葉を適用することついて疑わしいものがあると作者が考えていることを示している可能性がある。[18]。皮肉の引用符によって作者が意図することの正確な意味は、さらなる文脈がなければ明確にはならない。

皮肉の引用符は、引用に設定された単語の問題化英語版を示唆するために仕様される場合がある[19][20]

批判編集

一部の専門家は、皮肉の引用符を使用しないことを推奨している。それは、作者に距離を置き、読者を混乱させる可能性があるためである[21]

編集者のグリール・マーカスケース・ウェスタン・リザーブ大学での講演で、皮肉の引用符は「敵」("the enemy")だと説明し、「(皮肉の引用符は)物語(narrative)を殺し、ストーリーテリング英語版(storytelling)を殺す。……それは作者自身の言葉に対する作者の攻撃である」と述べた[22]。皮肉の引用符は遍在するものとして記述されており、それらを使用して、真実、現実、事実、理由、客観性に対する不信を表現している[10]。政治評論家のジョナサン・チャイト英語版は、『ニュー・リパブリック』で次のように書いている。「皮肉の引用符は、それを証明せずにほのめかしをするための、またはあなたがほのめかしているものを必然的に明確にするための、完璧な道具である。」[23]

1982年、哲学者のデイビッド・ストーブ英語版は、哲学において、「知識」や「発見」といった認知的達成を暗示する単語を無効化または一時停止する手段として、皮肉の引用符が使用される傾向があると考察した[24]

会話において編集

音声会話では、皮肉の引用符の代わりに、両手で引用符のジェスチャーを行う「エアクオート」が使用される。また、引用部分の前後に"quote"、"unquote"と言ったり、引用部分の前または後で"quote unquote"と言ったりする[25]。この方法は、通常の、文字通りの意味での引用にも使用される。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Boolos, George. Logic, Logic, and Logic. Harvard University Press (1999) ISBN 9780674537675 page 400.
  2. ^ a b Pinker, Steven. The Sense of Style: The Thinking Person's Guide to Writing in the 21st Century. Penguin (2014) ISBN 9780698170308
  3. ^ * Miles, Murray, Inroads: Paths in Ancient and Modern Western Philosophy. University of Toronto Press (2003). ISBN 9780802085313. page 134.
    • Herbert, Trevor. Music in Words : A Guide to Researching and Writing about Music. Oxford University Press (2009). ISBN 9780199706150. page 126.
    • Horn, Barbara. Copy-editing. The Publishing Training Center. (2008). page 68.
  4. ^ University of Chicago Press staff. Chicago Manual of Style. University of Chicago Press (2010). page 365.
  5. ^ a b Trask, Larry (1997), “Scare Quotes”, University of Sussex Guide to Punctuation (University of Sussex), http://www.sussex.ac.uk/informatics/punctuation/quotes/scare 
  6. ^ Siegal, Allan M. The New York Times Manual of Style and Usage. Three Rivers Press (1999). ISBN 9780812963892. page 280.
  7. ^ Anscombe, G. E. M. (1 January 1956). “I.--Aristotle And The Sea Battle”. Mind: A Quarterly Review of Psychology and Philosophy 65 (1): 1–15. doi:10.1093/mind/65.1.1. JSTOR 2251218. 
  8. ^ Finnegan, Ruth. Why Do We Quote?: The Culture and History of Quotation. Open Book Publishers (2011). ISBN 9781906924331. p. 86.
  9. ^ Howells, Richard, editor. Outrage: Art, Controversy, and Society. Palgrave Macmillan. (2012) ISBN 9780230350168, page 89
  10. ^ a b Haack, Susan, editor. Manifesto of a Passionate Moderate: Unfashionable Essays. University of Chicago Press (2000) ISBN 9780226311371, page 202.
  11. ^ Perlman, Merrill. "'Scare' Tactics". Columbia Journalism Review. 28 January 2013.
  12. ^ * Nash, Christopher. The Unravelling of the Postmodern Mind. Edinburgh University Press. (2001) ISBN 9780748612154, page 92.
    • Saguaro, Shelley. Garden Plots: The Politics and Poetics of Gardens. Ashgate Publishing, Ltd. (2006) ISBN 9780754637530, page 62
    • Olson, Gary A. Worsham, Lynn. Postmodern Sophistry: Stanley Fish and the Critical Enterprise. SUNY Press (2004) ISBN 9780791462133, page 18.
    • Protevi, John. Time and Exteriority: Aristotle, Heidegger, Derrida. Bucknell University Press (1994), page 120. ISBN 9780838752296.
    • Elmer, Johathan. Reading at the Social Limit: Affect, Mass Culture, and Edgar Allan Poe. Stanford University Press (1995) ISBN 9780804725415. page 34.
  13. ^ Stove, David C. Against the Idols of the Age. Transaction Publishers (1999) ISBN 9781412816649 page xxv — xxvi
  14. ^ a b Trask, Robert Lawrence. Say what You Mean!: A Troubleshooter's Guide to English Style and Usage. David R. Godine Publisher (2005) ISBN 9781567922639 page 228
  15. ^ Gibaldi, Joseph. MLA Handbook for Writers of Research Papers. The Modern Language Association of America (1995) ISBN 0-87352-565-5 page 56
  16. ^ Fogarty, Mignon. The Grammar Devotional: Daily Tips for Successful Writing from Grammar Girl. Macmillan (2009) ISBN 9781429964401 page 207
  17. ^ linguistlaura (2012年6月18日). “'Scare quotes'”. 2012年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月21日閲覧。 “quote: << The 'RF modulator' use is the 'neutral distancing' one on the Wikipedia page (special terminology). >>; note that the reference to "the Wikipedia page" inside that quoted quote, there, is ... apparently intended to direct the reader to [what is now] an old "non-latest" version of the "Scare quotes" article on the English Wikipedia, such as the "oldid=498658294" version, dated "05:52, 21 June 2012" ... when (or, "as of" which) [that version of] the article did contain a section called "Neutral distancing".”
  18. ^ McArthur, Thomas Burns. McArthur, Roshan. Concise Oxford Companion to the English Language. Oxford University Press (2005) ISBN 9780192806376
  19. ^ Davidson, Arnold. I. The Emergence of Sexuality: Historical Epistemology and the Formation of Concepts. Harvard University Press (2004) ISBN 9780674013704 page 87 — 88.
  20. ^ Sharma, Nandita Rani. Home Economics: Nationalism and the Making of 'Migrant Workers' in Canada. University of Toronto Press (2006) ISBN 9781551930589 page 169
  21. ^ Kemp, Gary. What is this thing called Philosophy of Language? Routledge (2013) ISBN 9781135084851 page xxii
  22. ^ Marcus, Greil (10 May 2010). "Greil Marcus - Notes on the Making of A New Literary History of America". Adapted from a talk given at Case Western Reserve University on April 10, 2010.
  23. ^ Jonathan Chait, "Scared Yet?, The New Republic, Dec. 31, 2008.
  24. ^ Stove, David (1982). "Part 1, Chapter 1". Popper and After: Four Modern Irrationalists. Oxford: Pergamon Press. Archived from the original on 2015-02-02. Reprinted as Anything Goes: Origins of the Cult of Scientific Irrationalism (1998). Macleay Press. ISBN 1876492015.
  25. ^ John M. Lawler, Prof. Emeritus of Linguistics, Quote, Unquote., Univ. of Michigan, http://www-personal.umich.edu/~jlawler/aue/quote.html 2010年10月9日閲覧。