メインメニューを開く

盛口村(もりぐちむら)は愛媛県越智郡にあったである。1955年(昭和30年)に瀬戸崎村との2村の合併により上浦村となり、自治体としては消滅した。上浦村は1964年(昭和39年)に町制施行し上浦町となり、さらに平成の市町村合併で今治市と越智郡11か町村の合併により今治市となり、現在に至っている。

もりぐちむら
盛口村
廃止日 1955年3月30日
廃止理由 合併
瀬戸崎村盛口村上浦村
現在の自治体 今治市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
越智郡
総人口 5,032
(1950年)
隣接自治体 鏡村宮浦村瀬戸崎村(廃止時)
盛口村役場
所在地 愛媛県越智郡盛口村大字井口
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

現在の今治市の北端にある大三島の北東部。西は山地で鏡村や宮浦村に、南は多々羅岬で瀬戸崎村に接する。宮浦とは島のほぼ中央の三村峠で行き来する。海上では、北は大久野島をはさんで本州に、東は生口島高根島に対する。背後の山のすそが海岸にまで達する地形で平地は少ない。井之口本川の河口付近に平地が広がっているが、これは同川の扇状地のほか、一部は江戸時代に開かれたものである。

村名の由来
旧村の「盛」と「井口」とから一字ずつ取った合成地名。
盛については、大三島の盛所、小早川隆景の臣三好助盛、平忠盛にちなむものなど、いくつかの説がある。
井口は戦国時代に当地を治めた生口氏にちなむものとされる。古くは、井ノ口、井之口とも書く。
井之口本川、竹下川
山 
二反山、青刈山 隣村との境をなす。
瓢箪島(無人島、広島県との県境)

歴史編集

下記以外の歴史については大三島及び上浦町の記事を参照のこと。

略史編集

近世

藩政期には松山藩領。

盛村は高橋家、井口村は近藤家が代々庄屋を務め、明治時代まで続いた。波止浜の塩田や今治城下の酒造所への出稼ぎも行われた。

  • 1716年(正徳6年) 盛村に疫病が流行、100名以上が亡くなる
  • 1724年(享保9年) 干ばつ、高潮の被害
  • 1725年(享保10年) ウンカの大発生による大飢饉

井口の背後の山々は花崗岩質でもろく、降雨による土砂の流失がたびたびみられ、下流では農地の流失など被害をもたらしていた。一方、河口は遠浅海岸が広がっていたため、19世紀のなかば以降、数次にわたり新田開発が行なわれた。戸板浜、林ケ谷、好味浜などの村の南部である。

近代

  • 1878年(明治11年) 行道学校開設(盛村) 明治20年盛簡易小学校、同25年盛尋常小学校となる。
  • 1878年(明治11年) 井口に成績小学校開設。明治20年井口簡易小学校と改称。
  • 1902年(明治35年) 土井兼四郎によりミカンが導入される。
  • 1907年(明治40年) 盛の村人の共同出資により汽船「御島丸」を建造。
  • 1910年(明治43年)から盛村で耕地整理を実施、10年余の歳月を費やした。
  • 1913年(大正2年) 除虫菊、葉タバコ栽培が導入された。
  • 1942年(昭和17年) 井口沿岸部の約70町歩が軍用地として接収され、燃料タンクが設置された。

村の沿革編集

  • 1889年(明治22年) 12月15日 - 町村制施行により、盛、井口の2か村が合併して、越智郡盛口村発足。役場を大字井口におく。
  • 1955年(昭和30年)3月30日 – 盛口村、瀬戸崎村の2村の合併により上浦村となり、自治体としての歴史を閉じる。
盛口村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)      (昭和の合併)         (平成の合併)
            町村制施行時       
瀬戸  ━━━┓          
       ┣━━━瀬戸崎村━━━━━━━┓昭和30年3月30日 昭和39年4月1日
甘崎  ━━━┛              ┃ 合体      町制施行
井口  ━━━┓              ┣━上浦村━━━━━上浦町━━━━━━┓
       ┣━━━盛口村━━━━━━━━┛                  ┃
盛   ━━━┛                                 ┃
                                         ┃平成17年1月16日 
                                         ┃新設合併、新・今治市発足
                                  今治市━━━━╋━━今治市
                                  朝倉村━━━━┫
                                  玉川町━━━━┫
                                  波方町━━━━┫
                                  大西町━━━━┫
                                  菊間町━━━━┫
                                  吉海村━━━━┫
                                  宮窪町━━━━┫
                                  伯方町━━━━┫
                                  大三島町━━━┫
                                  関前村━━━━┛

(注記)今治市以下の市町村の合併以前の系譜はそれぞれの市・町・村の記事を参照のこと。

地域編集

合併前の旧2か村の名をそのまま大字として継承した。合併し上浦村、上浦町になっても継承された。役場は大字井口に移った。

盛(さかり)、井口(いのくち)

なお、現在、今治市になってからの地名表記は「上浦町」に旧の大字を続ける。大字は省く。

例 今治市上浦町井口

産業編集

、豆類、甘藷芋などを産した。明治35年、ミカンが導入される。大正時代に入り除虫菊、葉タバコの栽培が導入され、大正時代半ばにピークに達した。太平洋戦争後、ミカン栽培が当村の基幹産業となった。

盛では海運業も発達し、明治時代末に村で汽船を共同建造した記録がある。

交通編集

鉄道は通っていない。

港湾

教育編集

  • 盛小学校

名所編集

井口城跡 

関連項目編集