盛岡てがみ館(もりおかてがみかん)は、岩手県盛岡市にある博物館。盛岡にゆかりのある著名人やこれらの者にまつわる人々の書簡、日記及び原稿といった資料の収集、保存及び展示を行うとともに、資料の調査研究を行っている[1]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 盛岡てがみ館
MORIOKA MUSEUM OF LETTERS
Morioka Museum of Letter 190420.jpg
盛岡てがみ館の位置(岩手県内)
盛岡てがみ館
盛岡てがみ館
盛岡てがみ館の位置
施設情報
正式名称 盛岡てがみ館
専門分野 手紙
来館者数 5,993人(2017年度)
館長 平政光
事業主体 盛岡市
管理運営 盛岡市文化振興事業団
延床面積 494.07平方メートル(専有面積)
開館 2000年6月1日
所在地 020-0871
日本の旗 日本岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目1-10 プラザおでって6階
位置 北緯39度42分0.25秒 東経141度9分17秒 / 北緯39.7000694度 東経141.15472度 / 39.7000694; 141.15472座標: 北緯39度42分0.25秒 東経141度9分17秒 / 北緯39.7000694度 東経141.15472度 / 39.7000694; 141.15472
最寄駅 JR東日本IGRいわて銀河鉄道盛岡駅
最寄バス停 盛岡バスセンター
最寄IC 東北自動車道盛岡IC
外部リンク http://www.mfca.jp/tegami/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

1973年に亡くなった吉田孤羊は、石川啄木の研究者として知られる一方、文人や歌人らの書簡や原稿を数多く収集しており、その数は700点以上にも及んでいた[2]1993年、吉田孤羊の妻ミチや盛岡市民有志の盛岡手紙館準備会は、これらの収集品のほか、著名作家らの書簡や直筆原稿を加えた9,465点にも及ぶ資料を盛岡市に寄贈した。盛岡市は、1995年に策定した「第三次盛岡市総合計画」の中で、これらの資料を研究及び展示する盛岡てがみ館整備事業を推進し、2000年6月1日に市内中ノ橋通に新設された複合施設「プラザおでって」6階に「盛岡てがみ館」がオープンした。なお、プラザおでっての場所は、1984年まで盛岡郵便局(1987年盛岡中央郵便局に改称)が建っていた場所であり、「てがみ館」という名称もその影響を受けている[3]

収蔵資料は、開館前の1998年末の時点で11,405点[2]、開館後の2005年12月時点で約45,000点となっている[4]

展示内容編集

主に、近代以降の文人による書簡や原稿、日記を中心に、3~4ヶ月程度の企画展形式で入れ替え展示を行っている。岩手県にゆかりのある人物がテーマになることが多いが、必ずしも作家文化人に留まらず、一般市民による書簡が展示されることもある。開館時に行われた第1回企画展は「てがみにみる二十世紀の人々 -知られざる先人の素顔-」であった。また、展示室の一部には、常設展示スペースがあり、金田一京助後藤新平及び宮沢賢治の書簡などが展示されている。

このほか、展示室内のギャラリートークや、プラザおでって内の会議室等でワークショップが行われている。

入館者の推移編集

各年度の入館者数(有料入館者と無料入館者の合計)は以下のとおり[5]

2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度
7,985人 3,575人 6,057人 6,524人 4,619人
2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度
6,767人 9,141人 7,282人 7,499人 6,352人
2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
5,169人 3,539人 4,110人 3,899人 5,400人
2015年度 2016年度 2017年度
6,242人 5,310人 5,993人

歴代館長編集

  • 佐々木和夫
  • 八木橋哲男
  • 田鎖壽夫
  • 古水一雄
  • 川村敏明
  • 佐藤恭孝
  • 磯田望
  • 平政光

利用案内編集

  • 開館時間:午前9時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
  • 休館日:毎月第2火曜日(第2火曜日が祝日の場合は、その翌日が休館)、年末年始(毎年12月29日から翌年1月3日)及び展示資料入替期間(不定期)

入館料編集

  • 一般:200円(20名以上の団体は160円)
  • 高校生:100円(20名以上の団体は80円)
  • 中学生以下:無料
  • 盛岡市内に住所を有する65歳以上の者:無料

共通入館券編集

盛岡市先人記念館原敬記念館石川啄木記念館盛岡市子ども科学館盛岡市遺跡の学び館もりおか歴史文化館及び当館の7施設において、「共通入館券 」を発売している。発行後1年間、7館のうち好きな4施設に入館できる「4館共通入館券」が650円、同じく好きな2施設に入館できる「2館共通入館券」が350円で、各施設で発売されている。

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 盛岡市てがみ館条例”. 盛岡市. 2018年11月10日閲覧。
  2. ^ a b 平成11年9月盛岡市議会定例会会議録 第3号(9月21日)
  3. ^ 平成10年3月盛岡市議会建設常任委員会会議録 第1号(3月13日)
  4. ^ “<In Region> 肉筆手紙の味わいを てがみ館の田鎖壽夫さん(61)”. 盛岡タイムス. (2006年4月23日). http://morioka-times.com/news/2006/0604/23/06042303.htm 
  5. ^ 公益財団法人 盛岡市文化振興事業団 盛岡てがみ館『平成29年度 盛岡てがみ館 館報』、2018年8月1日、13頁。OCLC 852291208

外部リンク編集