メインメニューを開く

盟旗制度

ウィキメディアの一覧記事

盟旗制度(めいきせいど、Hushuu Chuulganii Dürem)は、清朝政府がモンゴル諸部を征服した後に、モンゴルの伝統的政治体制と所属関係を取り消して創立した行政制度。基本的な機関は(Hushuu、ホショー)。旗にはジャサグ旗、総官旗、都統旗とラマ旗の4種類ある。旗ごとに牧地が指定され、その地域を越えた遊牧は禁止されていた。いくつかの旗の上に一つの盟(Chuulgan)を設置する(盟を設置していない旗もある)。1636年、清朝に降伏したゴビ砂漠の南のモンゴル24部を49のジャサグ旗に分け、その上で6つの盟を設置した。17世紀末期以降、清朝の勢力範囲の拡大にともない、ハルハホショードトルグードなどのモンゴル部族でも実施した。

清朝の盟と旗(1636年 - 1911年)編集