メインメニューを開く

監物(けんもつ)は律令制において中務省に属した品官(ほんかん)。

職掌編集

監物は中務省直属の官で諸官庁の倉庫の鍵を管理・出納事務の監察に携わった。そのため鍵を実際に取り扱う中務省の典鑰大蔵省内蔵寮の主鑰を実質的に統率した。もともとは天皇直属の「下物職」であったらしく律令施行によって中務省に組み込まれた。下物職の名称は監物の別名として使われることがある。大・中・少の三員あったが中監物は廃止され替わりに監物主典(けんもつさかん)が設置されて事務を補助した。

職員編集

関連項目編集